ドラマ「鋼鉄の亀頭」大幅更新 /「秋葉原無差別殺傷事件」と「ネガティブ・キャンペーン」の関連性等の説明

こんにちは、いつもニコニコ元気なマンコ、IQ127の絶対美少女ミッキーです。 ドラマ「鋼鉄の亀頭」、PDFや動画を更新しました。

【追加内容】

・動画-1「ネガティブ・キャンペーン」 黒澤ルビィ

・動画-2「女囚売春組織-Aqumes」 黒澤ルビィ

・動画-3「戦争の雌犬たち」 武田瑠衣

※動画、PDF共に「TEXT」ページで公開しています。

■■ 各話の解説

いつもは事務局に更新情報を書いてもらうんだけど。でも、今回はセンシティブな内容盛りだくさんだから、原作者である私が、きちんと意図を説明しておく。

▼ ネガティブ・キャンペーンは「秋葉原無差別殺傷事件」をモチーフにした、私的制裁・報復の話

包み隠さずお話するけど動画-1「ネガティブ・キャンペーン」は秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにしている。それ以外にも「京アニ放火事件」「女子高生コンクリート詰め殺人事件」等、日本における色々な「不可解な殺人」や「不可解な判決」に対する、私の想いを詰め込んでいる。テーマは「殺人とは何か?法とは何か?」ってことね。

ストーリーは「SNSで叩かれまくった黒澤ルビィが、おびき寄せたファンから、自分を煽ったり叩いたりした人間をサーチして殺しまくる」っていうもの。勿論、全く関係ないのに巻き込まれた人もいるかもしれない。ただ、黒澤ルビィは「美少女、未成年、神経は衰弱しており、人々に対して殺意を抱いて当然の理由がある」ってこと。この上で、人々は黒澤ルビィをどう裁くのか?

▼ 大衆にとって、猟奇的な殺人犯はいつでも英雄

大昔にNEVADAちゃんって子が、ネット上で大ブレイクした。同級生をカッターで殺したの。この子の顔が可愛くて、ネット上ではヒロイン扱いされたの。私は、このNEVADAちゃんに殺された子の親は、何を想ってネットを見てるんだろうと思う。今も出てくるしね。

人々は、案外、殺人に対して寛容なのよね。地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教が大好きな人もいる。リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の犯人の市橋達也もネットで「カッコいい」と評判だった。市橋は死刑じゃないよね。その一方、秋葉原無差別殺傷事件や京アニ事件の殺人犯に対しては、みんな厳しい。ここに合理的な理由なんてあるのかしら?

▼ 犯人を裁けるのは、被害者遺族による暴力だけ。法に従う理由なんてないのでは?

私は、ネットでの騒ぎをみると、裁判も世論も、弱者の味方はしてくれないんだと思う。全て気分。苦しんでいる遺族に対して、第三者がわって入ってきて「こいつは死刑、こいつは無期懲役、こいつは子供だから許そう」だとか決める権利があるのかしら?あるいは、そんな合理的な判断力を人間が持っているのかしら?凄く疑問なのよね。また、話し合いで解決するとも思えない。

▼ 人間は話し合っても無理、無駄なことが多い

メグデスは、ずっとネットでの誹謗中傷に悩まされている。最近は減ったけどね。長いヤツだと、6年ぐらいネットストーキングしてきた。どういうものなのか、例をあげる。「どっちが正しい、悪い」だとかじゃなくて、ざっと読んでもらえばいいや。