​STAND UP AND SEX

宗教団体真メグデス 1st album

「美少女戦士セーラーまんこ」(2020)

監督・脚本:ミッキー・ハット

 

「セーラームーン」は日本でも有名です。正義と審判の神ジャスティスの血を引いた「月の戦士」である月野うさぎは人間側の守護神として悪魔を次々に撃退し、世界にその名を轟かせました。その活躍に胸を躍らせた当時の少年・少女も多いでしょう。しかし、悪魔側から見れば、セーラームーンは憎き敵です。やがて悪魔たちは、セーラームーンに総攻撃を仕掛けることになりました。危険な状況下、神や天使たちの中でもセーラームーンを加護することを止め始める者たちがいました。セーラムーンと仲間たちは女性のみで構成されており、彼女らが活躍することで、結果として、地上でフェミニズム(女性を上位だとする思想)の潮流が強くなってしまったからです。それは決して、悪いことではありません。しかし、天上界は男性上位の思想が強く、たくさんの男性の神が、力づくで女性を支配したり妻にしていました。そうした男性上位の思想を持つ神や天使は、地上でフェミニズムの潮流が強くなることで、自らの信者の数が大きく減ることを恐れたのです。もし、セーラームーンが「人間自身」の力で戦う戦士だったのであれば、天使たちから嫌われても何も問題ありませんでした。しかし、セーラームーンは自らの力でも人間の力でもなく、「天上界からの加護の力」を借りて戦う戦士たちでした。したがって、天使たちに嫌われれば嫌われるほど、セーラームーンの力は弱まりました。それでも、彼女たちが人間を守り抜くことができたのはなぜでしょうか?なぜならば、彼女らには愛と勇気があったからです。

宗教団体真メグデス 2020/5/29

 

原作「月の戦士たち」 監修:宗教団体真メグデス

「TEXT」ページにてPDF配布中

本頁は特設頁でありサイトトップから入場することができません。ブックマークへご登録ください。

・本頁は予告なく変更・削除されることがございます。

・本頁の更新情報は宗教団体真メグデス公式Twitterにてご報告いたします。フォローをお願いします。