• Twitterの社会のアイコン
"SIN-MEGDEATH" is music band was born at AKIBA since 2016.
Sex,music and masterbation is very  important culture for human.
We hope every people get the extacy from CM3D2,COM3d2 with good DTM sound.Have a nice MOD!
・宗教団体真メグデスは2016年に創設された音楽集団です。
・聖地・秋葉原にて表現の自由を掲げDTM活動を行っております。
宗教団体真メグデス公式サイト

秋葉原/台東区/megdeath.official@gmail.com

夏目漱石の「こころ」はホモ小説【IQ127のミッキーの「よくわかる純文学」】

 そう、夏目漱石の「こころ」はホモ小説なの。私が腐ってるからとかじゃなくて、ホントにそうなのよ!

 

 

▼ 純文学には「無駄が一行もない

 

「こころ」がホモ小説か否かは自分で読んで気づくのが一番良いけれど、あまりにも古い作品だし、ライトノベル慣れした今の若い子は「純文学の読み方」がわからないので、解読は不可能よね。

IQ127で言語能力に特化した絶対美少女である私が、小説の構造を簡単に解説するわね。

 

「純文学」つーのは、連載漫画とは違う。「読者をひっぱる」ために、格闘技大会を何回も開いたり、必殺技をどんどん編み出したりはしない。

作品が「一枚の絵」として、無駄なく、一分の隙もなく、きっちりと構成されている必要がある。わかりやすい作品では「走れメロス」かしらね。非常にシンプルな構成で、セリフや心情描写など「一行も無駄がない」わよね。芥川龍之介の作品も勿論そう。

 

で、当然「こころ」も「一行の無駄」があってはダメなの。

 

▼ 「こころ」の構成

 

「こころ」という作品は、ざっくりというと、次のような構成になっている。

 

1.青年が先生(男)を慕う。

2.先生が、友人(男)を出し抜いて、友人が恋をしていた女性と結婚。

3.友人が自殺する。

4.先生は、遺書で自分を慕う青年に「2」、「3」を伝えて自殺する。

 

構成は非常にシンプルよね。ところが、構成に対して、描写の比重が奇妙なの。

 

▼ 「こころ」の謎 その1「先生と友人は大して仲が良くない」

 

「こころ」は、読後に色々な「もやもや」が残るんだけど。

その「もやもや」のひとつが、「先生」と「友人」は、大して仲が良いわけではないということ。

もし、先生と友人がめちゃくちゃ仲が良くてさ。でも、二人が愛した女性が同じだったりして、それで二人が女性を奪い合って戦って、負けた友人が死ぬというお話なら、「激しい三角関係」って感じで、わかりやすいわよね。

ところが、先生と友人は、そこまで深い仲でもないのよ。ぼんやり話すぐらいで。

しかも、この三角関係の中心となる女性についても、ほとんど何も述べられてないの。ちょっと見かけて「あ、いいな」ってぐらいの女性。

もし「こころ」が恋愛ドラマなら、「三角関係の中心となる女性」つーのは、物語の「核」よね。

ところが、この女性に対する描写はほとんどない。

「恋愛」のシーンも皆無。「先生」が、女性のお母さんに「娘さんをください」とお願いしたら「ああ、いいよ」と答えてオシマイ。ただ、それだけなの。奇妙でしょう?

 

 

▼ 「こころ」の謎 その2 奇妙なオープニング

 

この「こころ」という作品は、一読しただけだと「構成」のシンプルさに対して、あまりに無駄が多いの。

そんなに長い話じゃないから、さくっと読んでもらえばわかるけど。

一番「無駄」だと思われるのは冒頭のオープニング。

 

「こころ」青空文庫

https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html

 

海には無数の男女がいます。

ここで、青年は「パンツ一丁の西洋の男性と一緒にいる先生」を見かけるの。

で、青年は何度も海に通って、なぜか「先生」が気になって、先生に声をかけるの。

なんつーか、ナンパよね。

 

さて、あなたが男性だとして、海には無数の男女がいます。

可愛い子、胸が大きい子、笑顔が素敵な子、色々いると思うんだけどさ。

にもかかわらず、普通、「パンツ一丁の西洋の男性と一緒にいる男」に目が行くかしら?

しかも、青年は、何度も海に通って、どうしても気になって、先生に声をかけるのよ。

これってナンパよね?恋よね?

 

そして、この冒頭のシーン以降「パンツ一丁の西洋人の男性」というのは二度と出てこないの。

冒頭でいきなり、すげーインパクトで登場してくるのよ。

にもかかわらず、その後、一度も出てこないの。

オマエ、何のために出てきたの?

 

▼ そして、謎は解けた。

 

さて、「純文学には無駄が一切ない」という大前提の上で、もう一度「こころ」という作品を分析をしましょう。

私が先にあげた「謎」を挙げると。

 

1.「先生」と「友人」は、「三角関係で悩んで自殺した」のに、女性に対する描写はほぼない。

2.「先生は海辺でパンツ一丁の西洋人の男性」と二人きりでいた。

3.青年は海で、無数の男女の中から、「先生」をナンパした。

 

1と2と3を踏まえると、答えは出てくるわよね。全員ホモセ大好き。ちんぽ大好きなのよ。

 

▼ 「そして、作品の緻密さに圧倒される

 

「こころ」がホモ小説だと理解した上で、もう一度、最初から作品を読み直すと。

全ての「点」が「線」として繋がって、真綿が首を絞めるように、ぐいぐいと文章が絡みついてくるのを感じると思うわ。

 

1.青年は、まだ蕾。性に目覚めていない。そして「先生(男性)」に恋をする。

2.しかし、青年はまだ、それが「恋(同性愛)」だと気づいていない。

3.先生は、友人を出し抜いて、「意中の女性」と結婚したのに、女性とのセックスが楽しくない。

4.女性と結婚しているのに、西洋人とホモセする毎日。

5.先生は想う。「オレはあの友人(男)に惹かれていたのだ。そう、この青年が自分に恋をしているように…」

6.先生は気づいていた。「オレが妻と結婚したのは、妻を愛していたからではなく、妻に友人を奪われたくなかったのだ」

7.オレは最低だ。誰も幸せにできない。自分すらも幸せにできない。

8.この青年は、調教すれば、喜んでオレにケツの穴を差し出すだろう。しかし、妻はどうなる?

9.オレは誰も幸せにすることができない疫病神だ。死のう。(完)

 

どう、理解できたかしら?

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

サイトの一部ページ、ならびにメグデス動画一部、非公開化のお知らせ

November 26, 2019

1/10
Please reload

最新記事