【マストドン戦況報告】メグデスvsニコフレ戦争(18.9.24)

2018年9月24日、17:00(ヒトナナゼロゼロ)。 メグデスはニコフレと一時交戦状態に突入。 メグデス側はニコフレ民女子「かりんちお」を拉致し輪姦し応戦。 22:00にメグデス側、ミッキー・ハットが休戦を表明し、停戦状態へ。 現在は、膠着状態が続く。 以下は、先の戦闘の詳細報告となる。

■ 1.戦闘の発端

ニコフレ民男子が「マストドンしている女は地雷」と発言。

これを発見した裏パウー在住のミッキー(・ハット)が強く反発。

このミッキーの反発に対し、ニコフレ男子が集団で圧力をかけたことから戦闘は始まった。

▼1-1.下段より。「マストドンしている女はみんな地雷…」

▼1-2.下段よりミッキーの反発。ニコフレ男子の書き込みの内容はを「幼児言葉でキモイ(要約)」と批判。

▼1-3.ミッキーが批判したニコフレ男子の書き込み。日本語で書かれてはいるものの、全く意味が理解できない内容が続く。果たして「マストドンの女は地雷」などという資格が、彼らにあるのか。いや、ない。

▼1-4.同様に、ミッキーが批判したニコフレ男子のプロフ。やはり、何が書いてあるのかさっぱりわからない。「オマエらニコフレ男子は日本語で自己紹介すらまともにできないのに、女を否定するとは何事だ」というのがミッキーの主張だ。

■ 2.ニコフレ民男子からのメグデスへの攻撃

ミッキーの反発に対し、ニコフレ民が続々と集結。ミッキーに次々と暴言を浴びせる。

ミッキーも必死に反撃を試みるが、兵力差が大きく押され始める。

▼2-1.ミッキーに対し「あれで既婚者てわからんな…家で暇なのか」と攻撃を仕掛けてきたニコフレの刺客「くろがね」。

▼2-2.「くろがね」はアルファロメオを痛車にするという猛者であり、さらに鉄ヲタ。一部の隙もない。

▼2-3.さらに「くろがね」は、ドールとの列車旅経験もあり。「アルファロメオを痛車にし、ドールと旅行に出かける。どう考えても普通じゃない」そう判断したミッキーは、メグデス本部に状況を報告し、マナヴを召集。

▼2-4.

ひとりひとりの火力には劣るニコフレ民であるが、湯水のように現れ、執拗にミッキーを攻撃。

ミッキーは単身で善戦するものの、数の圧力で押され始める。

しかし、そこで「かりんちお(ニコフレ民女子)」を発見(最下段)。

「敵のもっとも弱い部分を狙え」

兵法に長けたIQ127を誇るミッキーが敵陣営の弱点を見抜き、即座に「一点突破」作戦を決断。マナヴに「かりんちお」を拉致し輪姦するよう指示。

■ 3.メグデスがニコフレ民女子を拉致

応援として到着したマナヴ(メグデス)は、ミッキーの指示通りすぐさま「かりんちお」を拉致。慣れた手つきで、速やかに上の口と下の口を塞いだ。

▼3-1.拉致される「かりんちお」。メグデス側の最終通告に対しても「えー!犯してくれるんですか!ありがとうございます!」と返答(中断)。ニコフレに殉じて処分を受ける覚悟を見せる。

▼3-2.到着したマナヴ(メグデス)は、ミッキーの指示通りすぐさま「かりんちお」を拉致。慣れた手つきで速やかに上の口と下の口を塞ぎ、3Pを決行。

【動画リンク₋01(リンク)】