決勝T「スペイン対ロシア」/IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーW杯観戦記⑦

どう考えたってスペインが勝つだろうと思って、特に興味がなかったこのカード。

だってスペインよ?

でもまあ、テレビをつけてみたら1-1だった。 

 

 

 

ロシアの戦術はわかりやすいカウンターサッカー。

しかし、このシンプルな戦術を、スペインは全く切り崩せない様子。

 

ブラジル対コスタリカで、コスタリカも極端なカウンターサッカーを選択した。

後半37分まで0-0のシビアな戦いだったけど、最後はブラジルがコスタリカの城壁を崩した。

スペインにはブラジルほどの技術がないってことなのかしら?

 

 

 

 

コスタリカとの大きな違いは、ロシアのディフェンダーの背の高さ。

また、動きのキレもロシアのほうが上に感じた。

スペインは攻め続けるけど、ロシアには全く効いてない。

開催地ロシアの観客は、ロシアがスペインの攻撃をブロックするたびに大歓声。

そりゃそうよ、スペインと互角に戦ってるんだから。

スペインはイライラしてたまんないでしょうね。

 

 

 

 

ロシアはカウンターもキレがある。

ブラジル対コスタリカのコスタリカもカウンターは素晴らしかったけど、後半は少しバテちゃったのよね。

ところが、ロシアは後半残り3分でもめちゃくちゃ足が速い。

このカウンターが怖いから、スペインは踏み込んで攻撃ができない。

 

しかし、私が疑問なのは、ロシアが全く自分から攻めないこと。

全然、攻めない。

このままだと当然PKになるんだけど。スペインに対してPKで勝つ自信あるのかしら?

トーナメントだから、勝てなきゃ意味ないよね? 

 

 

 

1-1のまま延長戦。

とにかくボールの所持率はスペインが9割以上。

一方的にロシアにシュートしまくってるわけ。

延長戦の前後半30分、ロシアが耐えられるとは思えないんだけど。

 

 

 

 

ロシアの方針は一切ブレない。

延長戦に入っても、ひたすらカウンター狙い。

スペインがカウンターをカウンターで返しても、これをロシアがしっかり止めるのよね。

かなり良いキーパーなのかしら?

でも、ディフェンダーの動きのキレも凄いの。

 

一方的に攻めてるのに、どうやっても、ロシアのゴールにボールを入れられない スペイン。

そして、突然の大雨。観ていて切なくなっちゃった。

攻めてるスペインが絶望してるの。こんな鉄壁のチームないよ。ロシア凄いよ。

 

 

ロシアのキーパーは終始安定している。 

もしかして、このキーパー、PK戦に自信があるのかしら?

 

 

 

ここでロシアが止める! 

PK戦って「キッカーが失敗しない限りは入る」というのが私のイメージなんだけど。

今大会は、キーパーが結構な確率でPKを止めるのよね。

ゴールキーパーのPK技術が向上したのかしら。

 

 

 

そしてロシア、また止めてしまう。 

 

 

ロシア、ゴールキーパーの最後のシュートの止め方も凄い。

左足を上にあげて、体の上を通るボールを跳ね返したのよね。

 

 

これ、このポーズで止めた。戦慄が走ったわ。

スペインのシュートは全て枠内だった。しかし、2本止めたのよ。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「聖書」解説動画「ルシフェルの誘惑」「飼育係の女」を追加しました

June 1, 2020

1/10
Please reload

最新記事