私がスポーツジムに通うわけ

 

今日の戦績。5キロぐらいなら走れるようになったんだけどな。
10キロぐらいは完走したいなあ

 

どこの街に遊びに行ったって、結局やることは食事と買い物。

どうしたって退屈してしまう。消費するだけだと病んできちゃうのよね。
芸能人が薬物にハマるのは「消費」が心を傷つけるのかなと。
私も昨日、ハミルトンの時計買って満足したんだけど。

その一方で「もっとお金があれば、もっと良い時計が買えたのに」と心が傷ついたりもする。

キリがないのよ。

絵を描いてる人も、絵を描くことで満足する反面、自分の実力のなさに心が傷ついたりもするでしょう。

音楽をやっても同じ。

自分のお金や時間を「消費」して、その代わりに「何かを得よう」とすると、どうしたって傷つく。

完全な満足なんて、薬物の世界にしかないんだろう。

 

そんな私にとって、スポーツジムは意外なほど私にとって面白かった。

競争がないから。スポーツでオリンピック選手に勝ちたいという気持ちは、私にはないのよ。

そんな私にとって、スポーツジムは純粋な娯楽。

トレーニングつーよりも遊園地やゲームみたいなものだ。単に遊びに行って、体を動かすだけ。

ランニングマシンのコントロールパネルを見ながらペースを上げたり下げたりして走るのが、単純に面白い。

ノルマだとかも、特に決めてない。一応、200キロカロリーを消費することを最低限のラインにしてるけど。200キロカロリーなんて3キロ走れば消費しちゃう。20分ぐらい。


でも、ジムも結構お金かかる

ウチのジムは安くて月7000円だけど、課金ゲームだと考えればかなりの出費よね。
ウチはパートナーも通ってるから月14000円!

でもまあ、それぐらいしか「傷つかずに楽しめる遊び」がない。

アホくさいなと思うけど、それが私の心の満足の落としどころなのよね。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【重要】エルザ・シュマイケル脱退/5th「PINK BLOOD」購入者特典ページアップデート「浜風」

July 27, 2020

1/10
Please reload

最新記事

August 6, 2020