ハミルトンとロブスター / 表参道の嫌な空気と田舎者コンプレックス

▼原宿へ買い物に来たっス。時計買おうかな。

▼ハミルトンに来たぽーん。

▼エルヴィス・プレスリーのモデル。こんなの付けてるサラリーマン、絶対に仕事しなさそう!でも、バットマンみたいな未来感あってカッコイイな。

▼リミテッドモデル。うーむ、さすがリミテッド。「どうせ限定販売なんだから、好きなようにやっちまえ!」というか…。思い切ったデザインね。「うん、面白い。よし、買おう」とはならないけどさ。写真で見ると玩具っぽいけど、実物はやっぱり高級時計らしい迫力がある。私も昔は「時計に10万だとか50万だとか、そんな価値あるの?」って思ってたのよ。時計だとか宝石だとか「光」を扱う商品って、写真では迫力が伝わらないのよね。やっぱり1万円の時計と10万円の時計はあきらかに違う。価格については、マンションと同じで高級時計は売れるから。だから13万っていっても、3万ぐらい値引いて10万ぐらいの価値で考えても良いかも。「職人さんが3日かけて作りました」つったら、まあ、10万ぐらいするよね。メイド・イン・スイスとはいっても、実際は中国の工場で作られてるものがほとんど。中国は世界の工場。中国には粗悪品のイメージがある。特に日本人は、かつて中国に戦争で勝って支配していた国だから。だから、中国にリスペクトは持ちづらい。よって、何にどこまでロマンや価値を感じるかは難しいけど。ただ、現代の中国は高度な生産技術を持っている。何せ「世界の工場」だから。世界中のモノ作りのノウハウがある。そして、日本と違って「実験的な企画」を世に出しやすい状況がある。生産元だからさ。日本で作ると10万円のものでも、中国では1万円で出来ちゃったりするわけ。だから、「とにかく創って売ってみよう」っていうポジティブな流れがある。そして、一流ブランドが「これなら合格だ!」とOKを出したものなら、やはり美しいわ。

▼原宿、久しぶりに来たけど面白いな。 もうさ、売ってるものはオシャレだし高いし、で、金持ちの嬢ちゃん坊ちゃんがゴロゴロいるわけ。 岐阜の山奥の田舎から出て来た私は、大学時代にこの雰囲気に参っちゃってさ。

なんともいえない、嫌な雰囲気があるわけ、原宿・表参道ってさ。スカしてるつーか。

空気感が違う。

新宿・渋谷つーのは、成りあがりヤンキーみたいなところあるけど。

表参道は落ち着いてるのよね。夜も8時まわると、さあああっと引くしね。

つまり「盛り場」みたいな、下品な空気がないの。

上海のほうが遥かに大都市なんだけど、原宿・表参道のような「スカした空気」はまだない。

田舎では「貧困格差」を感じる機会ってほとんどないんだけど。表参道に来て、うわああって。

「私は田舎ものなんだ、貧乏人なんだ」

そう、強く思わされる。

あと、情報格差も感じたな。 「世の中の事はネットで全部わかる」なんて大間違い。 ネットに流れてくる情報や考え方やモノの見方は、あくまで時代遅れの貧困層のオッサンやババアが中心。だって、そういう人が長時間ネットに張り付いてるんだもん。

お金持ちな話もネット詐欺のために誇張されてるしね。上層のナチュラルな生活や雰囲気ってのは表参道にある。

▼さあ、見なさい。これが表参道の上層リア充の飲み物よ!袋に入ってんの?何これ、カクテル?

▼ウメええええ!何このエビせんべいむちゃくちゃ美味いんですけどやべえええ! 音楽もシン・リジィかかってる。オシャレね!

▼店内は若い女の子ばっか。女の子グループが多い。 ここはロブスターのお店。1人4000円ぐらいだから贅沢ってほどでもないけど。 変に居酒屋行ってガバガバ飲むと、もっとかかっちゃうしね。こういうところで過ごすのも良いのかも。

▼ほら、見なさい。東京の上層の方々はテーブルの上にロブスターをブチまけて食べるのよ! これがマナーなの。ホントなの! どう食うんだよコレ! 「残骸はブリキの缶に入れてください」 ええ?!ちょ、ちょっと!マジで? おい、おいってば!

▼食後。ロブスター殺人事件。凶器はハサミって感じね。カクテルがビニル袋に入ってる理由がわかった。手がぉうベトベトになんのよ。

でも、スッゲーーー美味かったわ。

マジで、めちゃくちゃ美味い。これ、なんのソースなんだろう?カレーのようなスパイシーさがあるんだけど、そんなに濃くなくてロブスターの身にさっと染み込んでね。すっごく美味しかった。 こんな具合にテーブルをギットギトに汚しながら、女の子のグループがワイワイしながらロブスターを解体してるわけ。 中国では「テーブルを汚しながら食べるのがマナー」っていうのがあって、日本人からは「頭おかしいんじゃないか」って思われがちだけど。中国も蟹料理多いもんね テーブルを汚さないように気をつかって食べてたら、たしかに美味しくないかも。 今日ロブスターが美味しかったのも、思い切って「うがああ!」ってグリグリ解体しながら食べたせいだと思うわ。汗かいちゃったもん。美味しかった。

原宿・表参道面白いな。普段来ないから、海外旅行みたいなインパクトあるわ。また来よう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
2016-2020 MEGDEATH.com
  • Twitterの社会のアイコン
"SIN-MEGDEATH" is music band was born at AKIBA since 2016.
Sex,music and masterbation is very  important culture for human.
We hope every people get the extacy from CM3D2,COM3d2 with good DTM sound.Have a nice MOD!
・宗教団体真メグデスは2016年に創設された音楽集団です。
・聖地・秋葉原にて表現の自由を掲げDTM活動を行っております。
宗教団体真メグデス公式サイト

秋葉原/台東区/megdeath.official@gmail.com