3種類のヲタ豚 / 幼児願望派、頭脳派、力戦派

表に出す、出さないはあるけど。ヲタには3種類いる。

1、幼児願望(大人になりたくない) 2、頭脳派 3、力戦派(修行僧)

今の日本ネット社会では「幼児願望」が一番強く前に出ている。(発言が多い)

いわゆる底辺の「構ってちゃん」だ。とにかく騒ぐ。ブツブツ言う。

とにかく発言数が多いから、これが日本のネット社会の骨格を作っている。

それに頭脳派が「時代に合わせたほうが得」と追随している。空気を読んで雰囲気をあわせてる。

力戦派は毎日が修行なので、そもそもあんまり喋らない。

(力戦派は常に目立たない、が、一番地力が高い)

現在は「ヲタ=幼児言葉、子供っぽい」ような状態になっているけれども。 頭脳派はこの状態では力が発揮しにくい。よって、もどかしく感じている。

また、力戦派はそもそも俗世間からかけ離れた世界に住んでいるので、幼児社会にも同調はしていない。

つまり、ヲタの内部構造は脆弱であり、ちょっとした弾みで壊れる。

タグ:

特集記事