「結局、最後は正常位」高田純次から学んだ究極のエロスとは

このハメ撮りは、私にとってとても意義深い、そしてチャレンジングなものだった。 かつての巨人軍のエース「怪物」である江川卓はストレートとカーブだけでピッチングを組み立てていた。 そしてまた、偉大なるコメディアン高田純二はこう語っている。「色々あるけど、結局最後は正上位」と。 私が目指したのは、まさにそれだ。 セックスの表現にはさまざまな駆け引きがある。 コスチューム、シチュエーション、体位、そして淫語。 しかし、私のささやかな経験上では、もっとも興奮するセックスは、もっとも奇抜な衣装を着た、もっとも複雑な体位によるセックスとイコールではない。 もし完全に「エロ」を極めた者であれば、「フェラ」と「正上位」。この2つのシンプルな組み立てだけで男子を絶頂に導けるはずなのだ。

今回のファックモデルである彼女は女子高生ではあるが、最大の武器である「制服」を封印した。 和室で、ただ裸体を差し出し、口淫と正上位のみで展開を組み立てるシンプルなまぐわい。 ここから最大限の興奮を引き出すよう、私は全力を傾けた。 光、表情、角度、そして流れ。 【宗教団体真メグデス】

西園寺 理穂 / 個室2 https://www.megdeath.com/cast-059-riho-saionzi-2

特集記事