現代のコンテンツが抱える「3分の壁」

メグデスが今、必死になって超えようとしているのが「3分の壁」 メグデスのサイトには、100曲以上の音楽と何百本のミニ動画があるけど。来訪者の平均滞在時間は2分なの。 笑うかもしれないけど、これでも伸びたほう。以前は30秒未満だった。特に日本人の平均滞在時間は極めて短い。 神絵師と呼ばれる人の絵であっても、みんな5秒ぐらいしか観てないんじゃないかと思う。勿論、本当のファンであれば、じっくり観るかもだけど。 コンテンツの質がどうこうじゃなくて、それが現代のコンテンツの消費速度。もはや消費すらしてない。ただかじって、パッと捨てるだけ。 私が今模索しているのは、どうやって5分~10分といった時間をコチラに振り向かせるか。 まずは3分。これを越えた先に芸術だとか、マネタイズだとかがある。 そのひとつの鍵は海外。やっぱりアメリカ人は、作品を長い時間観てくれる傾向がある。観てくれるページ数も多い。 もうやるしかない。 【宗教団体真メグデス】 https://www.megdeath.com

タグ:

特集記事