到来する「ポストコロナ時代」を大胆予想!「コロナは神から与えられた課題」

いえーい、皆さん、コロナ楽しんでる?今回のコロナはとても残酷で、被害の「明・暗」がハッキリわかれちゃってるのよね。ある業種の人々にとっては、もう大損害だし。ある業種の人々にとっては「儲かってしょうがない」って感じだと思う。

▼ コロナによって大躍進する会社がある。これは間違いない。

また、受け止め方も様々で「テレワーク最高!、もう二度と会社になって行きたくない」って人もいるだろうし、その一方「外出できないって最悪、鬱になる…」って人もいると思う。

▼ 仮にコロナが終わった後、もう一度、こういう思いをして働きたいと思うだろうか。また、こういう生活や働き方に喜びを感じられるだろうか。

■■ コロナで人々の価値観は大きく変わる

コロナというのは、果たして何者なのか。ある人々にとっては「悪魔」、ある人々にとっては「救いの天使」のように見えるんじゃないかしら。私は正直、世の中がどう変わるのかワクワクしてる。

私はIQ127で言語能力に特化してるんだけど。私みたいな人間って、大きな組織だとかチームではチカラが発揮できないと思う。かといって、どこならチカラが発揮できるのか…。ちょっと自力では見えてこなかったのよね。

サボってたわけじゃないけど、でもまあ、大したことできないだろうなつーか。勿論メグデスは全力でやってるわよ。6年間、全力でやった。でもまあ、ここぐらいが限界かなつーか。そうこうしてるうちに歳もとって子供もできて。この前、ウチも子供の学資保険に入ったんだけどさ。もう、あとは子供のためにお金積み立てるだけつーか。「よくここまで来たな」という気持ちもある一方、「ここまでか…」つー諦めみたいなのもあって。でももう、道が固まっちゃってるから、これを崩せないのよね。

ところが、コロナでガサッと社会が変われば、またどこかで面白いチャンスが来ないかなつーか。まあ、自分自身の「社会が変わればいいな」つー期待も込めて「コロナで人々の価値観は大きく変わる」と予測してる。

▼ ネトゲやりながら会社の仕事をやるとするでしょ。そのとき「会社内での肩書・年収」と「ゲーム内での肩書・年収」は「並列」になると思う。

例えば、これまでリアルで稼いでネトゲにお金を使ってなんらかの「ポイント」を獲得している人がいるとするじゃん。でも、ゲーム内でゲームのポイントが稼げるのであれば、会社の仕事でお金をもらって、それをゲームのポイントに「換金」するのと、ゲーム内でポイントを稼ぐのは、すなわち「イコール」になるのよね。あとは、「どっちのほうが楽しいか、やりがいがあるか」というだけの話でさ。

少なくとも、コロナによってメグデスが「被害を被る、活動がやりにくくなる」ことはないのよね。メグデスはもともと「ネットで活動が完結するバンド」だから。何かがマイナスになることはない。その上で「社会が変わる」のであれば、自力では切り崩せなかった壁にほころびができて、そこから突破できないだろうかつーさ。

▼ リーダーのサクラコはコロナ到来を「遂に扉が開いた」と表現している。「リアル世界」の動きがコロナで停滞したら、「ネット世界」の力が相対的に上がるんじゃないかつー予測よね。

▼ テレワークによって「会社」という組織が解体されて、かつ、外出の機会が大幅に減るなら、「出世競争」つー概念もなくなると思うの。「肩書、過剰な富」つーのは「見せびらかす」ためにあるわけだけど、見せびらかす場が大幅に減るわけだからね。

▼ 価値観が変わると「差別の対象」も変わる。例えば、昔なら「田舎者」っていう差別があった。「享受できる文化」が都会に集中するのであれば、都会にいるほうが「文化的をたくさん持っている」という意味で「上層」になるわけだけど。コロナで外に出れなくなるなら、都会の人々というのは単に「狭い部屋に住んでいる人」ってだけになる。

また、「コロナ」というラベリングは、子供っぽい「うんこ」みたいな差別とも似ていて。例えば、どんなお金持ち、どんな立派な職業の人々であっても、コロナにかかった瞬間「うんこ、病原菌扱い」されるような社会になったら、全てがひっくり返るわよね。今までは富で「勝ち組、負け組」つー差別があったけど。今後は「コロナ、非コロナ」という「土地差別」みたいなのも生まれるかもしれない。その場合、人が密集している「東京」は「汚い土地」として差別対象になる。これは「例えば」の話だけどね。

▼ コロナによって相対的に「ネット社会の力が増大する」と予測する一方、矛盾するようだけど「コロナによってリアルの影響力が増す」と、サクラコは言ってる。これまで現実世界つーのは「何も起きない場所」だったのよね。現実世界で「何かを起こせる人」つーのは、非常に限られていた。それはスティーブ・ジョブズのような経営者だったり、あるいは、麻原彰晃のようなテロリストだったり。ところが、ここしばらくは「近所の〇〇さんがコロナにかかった!芸能人の〇〇さんがコロナで死んだ」というリアルな情報が、人々の一番の関心ごとになる。単に「志村けんが死んだ」だったら「ああ、まだ若いのに」でフワッと流されていた情報が、「志村けんがコロナで死んだ」となると、物凄くリアリティを持って迫ってくるのよね。そういう意味で「リアルの影響力が増す」ということ。

▼ サクラコはコロナによって「感覚が変わってしまって、心の拠りどころがわからなくなっている」状態。だから、曲が書けない。これはどういうことかというと。例えば、歌の歌詞で「抱きしめたい」つー言葉があったとするじゃん。これまでの感覚だったら、それは無条件に「愛、セックス」という「ポジティブな感動」と結びついていたわけだけど。今の感覚だと「コロナ移るかも、病原菌、汚い」という印象がまとわりつくでしょう。だから、直観的にパッとメロディーと歌詞が出てこないということ。「歌の世界観」を変えなきゃいけないのよね。でもまあ、幸い、メグデスの芸術テーマは「セックス・ファンタジー」なので、微調整するだけで感覚は取り戻せるんじゃないかなと思ってる。