【聖書】「新世界創世記」改訂しました/ルシフェルとは?

こんにちは、メグデス事務局です。「新世界創世記」の改訂を行いました。

【追加内容】

・「新世界創世記(紙芝居PDF)」にルシフェルに関する記述を追記いたしました。

・動画「ルシフェルの恋」を追加いたしました。

※紙芝居も動画も「TEXT」ページでご覧いただけます。

「新世界創世記(1)」は宗教団体メグデスの「聖典・聖書」です。聖典は広く読んでいただき、メグデス教の教えをご理解いただくためのものです。ですので、「新世界創世記(1)」に関する動画等は、アルバム購入者特典ページではなく、できるだけオープンにしていこうという方針になりました。

■■ ルシフェルに関する追記について

追記する予定はなかったのですが、iwaraサイトで「ルシフェル様のチンポがもっと見たい」という要望がありまして。「新世界創世記」はエンタメではなく「聖書・聖典」に位置し、メグデス教の大切な教えを伝えるものですので「ファンの皆様の要望にお応えして展開を変更する」ということはできないのですが。しかし、ルシフェルの存在は複雑で、旧版ではしっかりと表現しきれていなかったので追記、ならびに説明動画を制作することになりました。

■■ ルシフェルとは?

ルシフェルは「天上界を追放された天使」です。天上界でも、最も強力な力を持ち、また、その心に一切の「邪気」はありません。しかし、追放されてしまいました。その理由は複雑です。

1、自慰ばかりして、他に何もしなかった。

2、力が強大過ぎて、感覚が他の天使や人間と大きくズレていた。

1.ルシフェルは「自慰をすることが、なぜ悪いのか?」が理解できなかったのです。ルシフェルは非常に美しい天使でしたが、しかし、自慰ばかりしているので、その姿は「カッコ悪い」とされて当然モテませんでした。その結果、さらに自慰に励むようになります。ルシフェルのあだ名は「堕落の神」でした。

2.自慰ばかりしているのに、力はやたらと強大でした。力がありすぎるため、人間や、天使すらも、「虫けら」のように見えてしまうんですね。侮辱しているわけではなく、それぐらい力の差があったということです。そのため、悪気なく人間や天使を殺してしまうことがありました。それは、人間が「蚊」を潰すような感じです。人間は「蚊」の命が、どれだけ尊いかを理解できません。それと同じように、ルシフェルも人間や天使の「命」の重さが理解できなかったのです。それは「知恵」がないからではなく、力がありすぎたからです。

メグデス教としては「ルシフェルというキャラクターを好きになってほしい」わけではありません。ルシフェルから学んでいただきたいのです。「力がありすぎると、他の人間の感覚を見落としがちである」ということ、また「行動の善悪と、心の善悪は切りはなされている」ということです。「心が善でも、行動が悪」ということがありえるのです。メグデス教では「心が善でも、行動が悪ならば悪である」という判断をくだします。よって、ルシフェルは天上界からも追放されるし、さらに裁かれて死にます。しかし、善なる心だけは生き延びて、大きく弱体化して転生します。そして、弱体化することによって「より一般的な感覚」を身に着け、やや賢くもなります。

■■ 宗教団体真メグデス アルバム好評発売中です!

なにがなんだかわからない?わからなくても大丈夫。メグデス教を信じて、セックスやオナニーすれば人生すべて解決。

ありがたい教えがいっぱいつまった、淫語ボカロ宗教団体真メグデス、アルバム好評発売中です!

https://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG45495.html

以上

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
2016-2020 MEGDEATH.com
  • Twitterの社会のアイコン
"SIN-MEGDEATH" is music band was born at AKIBA since 2016.
Sex,music and masterbation is very  important culture for human.
We hope every people get the extacy from CM3D2,COM3d2 with good DTM sound.Have a nice MOD!
・宗教団体真メグデスは2016年に創設された音楽集団です。
・聖地・秋葉原にて表現の自由を掲げDTM活動を行っております。
宗教団体真メグデス公式サイト

秋葉原/台東区/megdeath.official@gmail.com