2022年 新年快楽!その3/2022年 マンコ詣チンコ奉納を開催しております

新年快楽!宗教団体真メグデスでは、本年度2022年度より「マンコ詣チンコ奉納」の儀式を開催することにいたしました。これは皆さんに、肉便器を慈しんでいただくと同時に、健康を大切にしてほしいということを伝える儀式です。

詳細はトップページ「マンコ詣チンコ奉納」のコーナーに併せて記載しております。


▼トップページに掲載

https://www.megdeath.com/


■■ メグデスの理念に「愛」を加える


メグデスは音楽バンドではなくて、宗教団体です。これは冗談ではなくて、ホントにそうです。音楽は活動の一部であって、本体は宗教団体です。

宗教にも色々ありますが、メグデスはスタンダードな宗教です。仏教、キリスト教と同様に「世界の平和、人々の心の安寧を目指す」というものです。色々な経緯があって、バンドから宗教団体へ転身したんですけど、その説明は省きます。

さて、メグデスの宗教的理念は、これまで「真、善、美」でした。しかし、2022年より、これに「愛」を付け加え「真、善、美、愛」とします。


■■ 宗教的理念とは?


宗教団体としてメグデスは「世界の平和、人々の心の安寧を目指す」わけですが、では、具体的に、何をもってそれを目指すのかということですよね。Twitterで毎日ヒステリックに叫んでいるフェミニストの方も「世界をもっと良くしたい」と思って活動していますし、病院で患者さんを診ているお医者さんも「世界をもっと良くしたい」と思って活動しています。皆、社会に貢献しようとしているんですよ。それは、どんな方法であっても構わわないんです。自分が「これが正しい」と思って行動するなら、それでいいんです。人間は、自分にできることしかできません。


これまでのメグデスの宗教的理念は「真、善、美」でした。「真に善よく、真に美しきことを伝える」という心構えです。それで、美しい淫語ボカロ曲、エロPVを制作しているわけですね。メグデスの作品は、リリース前に、常に「理念に沿っているか」のチェックが入ります。

「これは真実か?嘘や偽りがないか?善きことか?美しいものか?」

チンポとマンコは真実ですよね。セックスと性欲の解消は善きことですよね。そして、女体は美しい。なので、OKなんです。

世の中には、「嘘」や、もしくは「悲しいこと」を、お金に変えているアーティストもたくさんいます。例えば、日本を代表するMr.Childrenさん。「抱きしめたーい♪」と歌ってますけど、ホントは、チンポを咥えさせたいんじゃないでしょうか?ちょっと信憑性に欠けますよね。彼らが目指したものはファンの女性とのセックスです。妻子は邪魔になったら捨てよう。別にこれは、Mr.Childrenさんだけではなくて。ただ「売れよう」と思ってバンド活動をしていくと、自分自身も、また、他の方にも迷惑をまき散らしてしまうんですね。

いや、ファンの方は「私達はMr.Childrenの歌で勇気をもらった!」って言ってますけど、それはマリファナ中毒の患者と同様なんです。幻覚を見ているんですよ。科学的な事実を見ていない。


また、近年「迷惑系Youtuber」というのもいます。他人に迷惑をかける行為をすると、みんな喜ぶんですよ。だから、みんな迷惑をやりたがる。「人気を稼ごう」と考えると、どうしても、他人に迷惑をかけてしまうんです。本人は「みんなを喜ばせよう、感動させよう」と思ってるんですけど、結果的には、他人を大きく傷つけるんです。


メグデスには、高い知能、スキルを持ったメンバーが揃っているのですが、その「神に与えられた力」を私利私欲のためではなく「真に善よく、真に美しきことを伝える」こと使うことで、世の中を良くしようと考えました。結果として、淫語ボカロ、エロPVという表現手段に至ったわけです。


■ しかし、「真は人を傷つける」


一見、合理的に見えた「真善美」を軸としたメグデスの活動でしたが、ここで大きな矛盾が発生しました。それは「真実は人を傷つける」ということです。

先ほど、Mr.Childrenさんを「否定」しましたけど、真実を伝えていくと、なんかもう、他者に対する悪口だらけになってしまうんですよね。そうやって、「他者を批判して、批判されたらこっちもやりかえす」というギリシアのソクラテスのような生き方をやっても、果たして「世界の平和、人々の心の安寧を目指す」という宗教の究極的目標が達成できるのか?

ミッキーさんはSNSで、いつも他人を否定してますけど、それで「世界が平和になりましたか?その人の心に安寧が訪れましたか?」ということです。たぶん、逆のことが起きているんですよ。

「真、善、美」は間違いなく「世界を平和にし、人々の心に安寧をもたらすもの」です。にもかかわらず、なぜ、それを実践しているミッキーさんは他人を傷つけるのか。結論としては「愛が足りない」ということです。「真、善、美」は、それ自体は素晴らしいものですが、そこに「愛」がないと、しっかりと機能しないということが、2021年のメグデス大会議で議論されました。


■ 「愛」を持って、「真善美」を推し進めるのであれば、人々に対する「提案」の仕方を大きく変えなくてはいけない。


「真善美」を踏まえて「愛」を持つというのはどういうことか?これは、とても難しいことです。

「真善美」だけを重んずるだけであれば、「オマエ、アホか」「オマエ、ダセーよ」で斬って捨てれば良いだけです。でも、それは闘争の火種となるだけです。

では、これに対し「優しさ」を持って接したらどうなるか?

「あなた、間違っているのではないでしょうか?」

「あなた、ダサいのではないのでしょうか?」

結局、何も変わりません。あるいは「見過ごす」という選択肢もあります。でも、見過ごして世の中が良くなるなら、誰も苦労しませんよね。


「愛」を持って、「真善美」を推し進めるのであれば、人々に対する「提案」の仕方を、根本的に大きく変えなくてはいけない。何をどうすれば良いか、今の段階ではわかりませんが、そこを試行錯誤しようというのが、2022年のメグデスの活動指針です。その上で、第一弾として生まれたのが「マンコ詣チンコ奉納」の儀式です。


■■ 「マンコ詣チンコ奉納」とは、電脳美少女と現実世界の男性の恋愛を応援する儀式


現在、非婚化が進み、孤独死する男性が問題になっていますよね。これは悲しいことです。そして、孤独死する男性の部屋には、美少女フィギュアが大量に転がっていることが常です。フィギュアを大量に購入できるのですから、貧しくて死んだわけではありません。

「真善美」の観点のみで、この孤独死した男性を表すると「ただのアホ」ということになります。しかし、そうやって孤独死した男性をなじることで、世界は平和になるのでしょうか?もしくは、美少女フィギュアの販売に規制をかけたりすれば、男性の心に安寧は訪れたのでしょうか?いえ、より苦しんだに違いないです。


宗教団体として「電脳女性との恋愛の末に孤独死する男性」という「問題」を見過ごすことはできません。しかし、死体に蹴りをいれるようなこともしてはなりません。愛を持って、救いの手を伸ばすべきでしょう。

3時間ぐらい議論した上で、次のような結論に達しました。


「電脳女性と男性の恋愛を応援しつつ、双方が、良い方向へむかうよう示唆しよう」


問題が悲劇化してしまう大きな原因は、電脳女性にはなんら意思がなく、また、男性も「どこへ向かえば良いかわからない」からだと思うのです。つまり、このカップルには「頭脳(ブレイン)」がないわけです。

「頭脳」がないという状況は、電脳女性と現実の男性との間のみに発生する問題ではありません。現実の男性と女性が結婚した場合でも「頭脳」がなくて、破綻する例はいくらでもあります。離婚率は30%です。現実の男女が互いに知恵を出し合っても30%の確率で破綻するのであれば、電脳女性と現実の男性の恋愛が破綻する確率は、それよりも高くなることは仕方がないことなのです。

しかし、もし、IQ127の高い知能を持つミッキーさんを軸とした我々メグデスが、お二人の「頭脳」となり、お二人の進むべき道を示唆することができればどうでしょうか。これは、双方が幸福になれる確率がずっと高くなります。そこで、ミッキーさんが「電脳女性と現実男性の恋愛の『あるべき姿』」を30分ぐらいで検討し、儀式のカタチに落とし込み、その儀式に用いる曲を、サクラコさんが3時間ぐらいで作曲・ミックスダウンまで行いました。


▼ 電脳女性との恋愛で、現実男性が気を付けるべきは「自由恋愛」であることを踏まえ「健康」を大切にすること


詳細は、儀式のページに記載してありますので、ここでは省略してお伝えします。


1、電脳女性を愛して、セックスするのは何ら問題ない。

2.電脳女性との恋愛は「自由恋愛」であり、結婚はない。誰も電脳女性を独占することはできない。キャラクター商品を100個買おうが200個買おうが、それが相手を縛ることにはならない。電脳女性は他の男性ともセックスする。その代わり、電脳女性は、男性が他の電脳女性、あるいは現実女