VRとゲームの相性は最悪

私は、VRとゲームは相性悪いと思う。 正確には「VR機器(メガネ)」とゲームの相性。 最悪と言っていい。

なんつーか、ゲームってリラックスして長時間ダラダラとやるもんだし。

でも、VRメガネなんてつけてたら、ゲーム中にお菓子を食べたり飲み物を飲むことすら大変なのよね。

引きこもり開発者の多くが、バイアスで勘違いしてるんだけど。 「現実はクソ」っていうけど、現実世界って「めちゃくちゃ快適」なのよ。 ところが、VRって基本的な設計思想が「ユーザを現実から切り離そう」としているでしょう。 でも、人間は現実から切り離されると「不便、ストレス」を強く感じるの。

VRは、ストレスの大きさがゲームの楽しさを上回っちゃうから。

それで、疲れて長時間できないものになっちゃう。

タグ:

特集記事