決勝T「スウェーデンVSイングランド」/IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーW杯観戦記⑭

今回のW杯、どちらのチームが勝つかを予想して楽しんでたんだけど。

予選はほぼ的中したんだけど、決勝トーナメントはハズレにハズレた。

「IQ127」ってなんだよつーかさ。でも、みんなもそうだったんじゃないかな。

今回のW杯はホントに面白くて、予想できない試合が多かった。ドラマがあった。

そして、スウェーデンVSイングランド。私は、絶対にスウェーデンが勝つと思ってた。

私は、スウェーデンもイングランドも、高くは評価していなかった。

両チームとも攻撃力がないのよね。スピードもない。

スウェーデンもイングランドも「セットプレイが上手い」という評価だった。

でも、スウェーデンのセットプレイは「高さがあって、競り合いに強い」ぐらいの話で。

一方、イングランドのセットプレイは「とてつもない精度」を誇っていたんだけど、この試合の観戦時点では私はそれを理解していなかった。

私がイングランドよりスウェーデンを評価していたのは、スウェーデンの「守備力+カウンター」。守備はガッチリ、カウンターもまあまあ。一方、イングランドは何をやらせても中途半端。だったらスウェーデンが勝つと考えるのは当然でしょ?

そして、イングランドのセットプレイが炸裂!

とてつもない精度。そうか、これがやりたかったのかイングランド。

イングランドの攻めは中途半端なんだけど。

でも、ゴールに入らなくてもコーナーキックを取れれば一点取れてしまう。

それぐらいセットプレイの精度の高い。

こうなると話が全く変わってくる。

「守備力、攻撃力」の総合点ではスウェーデンの方が上、でも「守備力、攻撃力、セットプレイ力」の総合点ではイングランドのほうが上。

マジで攻めが下手クソなイングランド。前半終了直後、決定的なチャンスを逃す。