予選「ブラジル対コスタリカ」/IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーワールドカップ2018観戦記②

ワールドカップは各国のトップ選手が出てくるわけだから、やっぱり面白い試合多いよね。

私、そんなにサッカー好きなわけじゃないけどさ、ゴールキーパーは好きなの。

ゴールキーパーの仕事って、わかりやすいじゃん。止めるかどうかだから。

私、サッカーのことはよくわかんないけどさ。

小学校の頃、ドッジボールよくやってたから、ボールを受けたり投げたりする動作は理解できる。

あと、川口能活の大ファンだったのよね。顔がカッコイイ。動作と全然関係ないけど。

まあ、そんな私だから世界のゴールキーパー市場のことはよく知らないけど、最近はコスタリカのナヴァスって人が結構スゴイらしいね。そんなわけで。ブラジル対コスタリカの試合を観てみました。

私、サッカーのことは全く詳しくないけど。最初の5分ぐらい観れば、どちらが勝つか大体わかるのよね。

両チームの選手の動きを比較するとブラジルのほうが圧倒的に上手いと感じた。

ただ、コスタリカも下手なわけではなく、むしろ上手い。

でも、ブラジルの動きはそれをさらに上回っている。

ブラジルのキックはとにかく迫力がある。

普通のチームの場合、フリーキックになっても「この距離では入らないだろう、この角度は難しいだろう」と思うけど。ブラジルの場合は「フリーでキックする」ってだけで入っちゃいそうで怖い。

キックも、ドリブルも、パスも、ブラジルのほうが上手い。

くどいけど、コスタリカが下手なわけじゃない。

ブラジルを100としたら、コスタリカは85ぐらいあると思う。

ブラジルが上手すぎるのよ。

ところが、ひとつだけコスタリカのほうが上回っている部分があった。

この試合で見せたコスタリカの前半のカウンターのキレとスピードは「神速」ともいえるべきとてつもないものだった。

試合前から「カウンターでの勝負に賭ける」ことを決断して、入念に準備されたものだと思うわ。

その場の思い付きで「よし、この瞬間は相手に隙があるからカウンターを狙おう」といった具合の攻撃では、このスピードは出ない。あらかじめ準備され、繰り返し練習した動きだからこそできる速さ。

足の速さだけだったら、ブラジルも負けていないんだけど。

コスタリカのカウンターのパスのつながり方は、とんでもなくダイナミック。全速力で走り、全速力でパスをする。そして、そのパスが高確率でつながるのよね。

「この速度で走り、この速度で、この方向でパスをする」という動きを、事前に繰り返し練習したんじゃないかな。

コスタリカが速いのは、カウンターのときだけ。

その場の状況判断で攻めを組み立てる動きに突出したものは感じなかった。

だからこそ、全体的の流れは圧倒的にブラジルのペース。

でも、作戦がハマったときのコスタリカのカウンターの迫力はとんでもなく怖い。

そして、コスタリカの守備は、ブラジル陣営の巧みな攻めをしっかり止めているのよね。