宗教団体真メグデスはオリンピックを応援します!/ボカロをやってるヤツはいじめ肯定派?ボカロ丼の実情

いつもニコニコ元気なマンコ、IQ127の絶対美少女ミッキーです。唐突ですが、メグデスはオリンピックを応援します!

開会式の直前まで、オリンピック反対派だったし。開会式の間も、気持ちは揺れ動いていたけど。見終わったら「応援しよう」と思った。これはもう、ロジックじゃなくて感情の結論。

先日、事務局が「ミッキーはオリンピック反対派だ」と記事にしていて、それは相違ないけれど、気持ちに変化があったので訂正しようと思った。

ただ、メグデスがオリンピックを応援するとはいっても、反対派の意見ももっともだと思うし、尊重したい。むしろ、論理的には開催を中止するほうが正しいと思う。オリンピックを強行開催したことで、大きな不幸が起きる可能性は、依然として残っている。また、金持ちの興行ビジネス、アスリートのセックス大会に、税金を投入する意味はなんなのか?別に、興行ビジネス事態は全く問題ないし、美貌や肉体に恵まれたアスリートがオリンピック村でセックスに励むのも全然否定しないけど、それを、税金を使ってやるのは間違いだ。


■■ 頑張ってきた、世界の若い子の晴れ晴れしい笑顔を否定したくない


私は今回、生まれて初めて、オリンピックの開催式を、最初から最後まで、映像で観た。色々と複雑な想いは交錯するけど「頑張ってきた、世界の若い子の晴れ晴れしい笑顔を否定したくない」というのが感情の帰結だった。人間は論理で動いているわけではなく、感情で動いている。また、この世に完全無欠の正義はない。それを踏まえた上で、開会式の、本当に努力してきた人間だけが持つ「晴れ晴れしい笑顔」を見たら、これは否定すべきではないと感じた。ごく一部の人間だけじゃないのよね。世界中の、あらゆる民族の、あらゆる肌の色が、最高の笑顔で入場する。彼らは役者じゃない。本当に嬉しいわけよ。この「嬉しさ、晴れ晴れしい笑顔」を論理で否定したら、もう人間が人間として生きる意味がない。人間はロボットにならなきゃいけない。これは絶対に否定すべきではない。そう直観で感じた。

また、私は反自民党よ。絶対に許せない。でも、これだけトラブルがあって、でも、問題のあった人間を世論に従って大会直前でクビにして、けじめをつけて、色々配慮し、その上で、無事開催式をやりきった図太さ、手腕は、高く評価されるべきだと思う。こういった「粘り強さ」は、人類に絶対に必要不可欠。「もう、日本、ホントにダメじゃないか。アタマ悪すぎじゃないか」と絶望してたけど、無事やり遂げた開会式を見終わって頼もしく感じた。仕事はさ、途中ぐちゃぐちゃでも、最後までやり遂げることが重要でさ。この最悪の状況でやり遂げたつーのは、ホントに凄いことよ。素直に賞賛したい。

以上、色々熟慮して「オリンピックを応援しよう」と思った。これが私の感情の帰結。論理的な矛盾点はたくさんある。また、開催中、開催後も、色々な問題が発生するかもしれない。極端な話、ウチの子がコロナで死んじゃう可能性だってある。私自身も苦しんだしさ。でも、色々な論理的な矛盾点やリスクがあっても、このオリンピックには「開催する価値がある」と感じた。今後の問題も、今回のオリンピック開催式のように、ベストを尽くして、粘り強く、丁寧に対応すればいい。人間なんだから判断を誤ることはある。「オリンピックなんて開催しなきゃよかった!」っていうような事態も発生するかもしれない。でも、今回の開催ぐらい、ベストを尽くして、配慮を尽くしてやってんだったら、もうしょうがないわ。起きたら起きたで、事態の収束に対してベストを尽くせばいい。その選択肢の中に「開催中止」というのがあってもいい。その時、取れる手段の中でベストな選択をしてほしい。

まずはオリンピックが、日本で開催されたことを喜びたいと思う。


▼ オリンピック開会式の間の私の気持ち


























■■ ボカロをやってる人間はいじめ肯定派?ボカロ丼の実情


客引きのために大げさな見出しにしただけで、そんなに大きな話題じゃないんだけど。私の話とは別に。オリンピック開催に関して、サクラコがぶつかった「感覚の違い」についても紹介したいと思う。サクラコは「ボカロ丼」というSNSにいる。ボカロユーザーが集まっているSNSね。

そこで、「小山田の過去のいじめ」の問題が浮上してきたときに「小山田にいじめられた被害者が可哀想」という声が「一切なかった」ということに、サクラコが「恐怖を感じた」らしい。



「小山田は酷いヤツだけど、小山田の音楽は素晴らしい」


私が見かけた小山田擁護派のネットの論調は、ほとんどこんな感じだった。「え?これの何が悪いの?」という人は、もしかしたら結構、多いのかもしれない。

私の感覚だと、小山田のことなんてどうでもよくて。真っ先に「いじめられた側の人間の気持ち」を考えるのが正しいんじゃない?

「自分にウンコ喰わせた人間が、国際的行事の重要な役職に就くなんて、精神的に耐えられないのではないか?」だとか。真っ先に、いじめられた側のことを考える。

「25年も前の話だから、忘れてもいいんじゃないか?」という話をするにしても、それは被害者の感覚から導き出されるべき話じゃないかなと思う。それが自然だと思ってた。

ところが、「小山田は酷いヤツだけど、小山田の音楽は素晴らしい」という意見の中に「被害者」の概念はない。「25年前だから時効だ。小山田の音楽は素晴らしい」というのは、あくまで、小山田だけに着目した場合の意見だ。「視界に入っている人間の数」が、すでに違うのだ。

ところが、ひろゆきの「25年も前のことなんてどうでもいいんじゃない?」みたいな発言もそうなんだけど、「被害者側の視点」を一切持たない人間というのは、結構いるんだなと感じた。

「小山田クビ!」という事件が起きた場合は、小山田だけを見て、小山田だけを裁く、あるいは評価する。そこに被害者の姿はない。むしろ、「小山田が被害者だ」ぐらいの感覚。

ラーメンズのなんとかが解任された場合の話もそうだ。「そんな昔の話を持ち出すなんてナンセンスだ」というのは、加害者や擁護する側が言うべき話ではなくて、被害者側が言う話だ。加害者側は、まずは謝罪する以外の選択肢はない。そう、私は思うのだけど、そうではない人が、かなりの人数いる。これは喧嘩になるだろうなと思った。韓国の従軍慰安婦問題も、こういった「加害者側が『昔のことだから忘れろ』と被害者側にいう」という論法や態度が解決を長引かせてるんじゃないかしらね。これは、日本独特の論法なのか。あるいは、世界各国でよくあることなのか?



ボカロ丼でも「小山田のいじめ問題」が話題になったみたいだけど、「いじめられた側が可哀想」という声は一切なかったようで、サクラコはそこに驚いたとのこと。それで、オリンピック開催がどうこうよりも「いじめ問題」に対して、国がどういう判断を下すかに注目していた。結果、小山田は辞任。サクラコや私としては、納得の結論になった。このことも、私が今回のオリンピックを支持する大きな理由ね。



▼ サクラコは「ボカロ丼」というSNSにいるんだけど、そのサーバー管理者のTOMOKIさんが気に入らないみたいで、いつもブツブツ言ってる。





▼ 小山田がクビになった後、誰が音楽担当になるかについての議論。サクラコはこの時点ですぐ「ゲームBGMの作曲家だ」ということを感じたみたいね。




▼ この「mar」氏みたいな意見は、結構よく見かけた。「これだったら、〇〇みたいな場合でもやめなきゃいけない」みたいな。ロジックが間違ってるわけじゃないけど、この発言には「被害者」の視点は、全く入っていない。サクラコがBT(TwitterでいうところのRT)した発言しか追えていないけど、確かに「被害者が可哀想」という声は、一切なかった。




▼ このTOMOKI氏の発言が、サクラコが「恐怖を感じた」というもの。「小山田いじめ事件」について、割と長い文章を、論理的に述べているんだけど。でも、これも「小山田はアウト、小山田の音楽は素晴らしい」という、終始、小山田に関する意見のみで。被害者の視点に立った発言が全く見当たらない。

いじめられた弱者の側が「それでも、小山田の音楽は素晴らしい」と言うなら美談だけど。いじめた側の仲間だとか、あるいは、全くの部外者が「小山田の音楽は素晴らしい」と擁護するのは、このタイミングではおかしいというのがサクラコの確固たる主張。