top of page

【艦これAI官能小説】朝潮のアヴェルノ、リリースしました!

こんにちは、メグデス事務局です。新年の挨拶から三か月。

久しぶりの投稿になります!


今年の方針にもありましたとおり、AIの活用を掲げ、遂に商品の第一弾「朝潮のアヴェルノ」をリリースしました。

文章とイラストでAIを活用し、とても豊かな世界を描いています。


提督と、艦娘「朝潮」の恋愛からはじまるのですが、破綻してですね。

海底のアトランティスに閉じ込められるという話です。


自信作なので、ぜひ、体験版でお楽しみください!


商品ページはコチラ



■■ 生成AIを取り巻く状況は厳しい


「朝潮のアヴェルノ」は面白いと思います。

しかし、売るのは、相当大変だなと思いました。


2024年3月現在、生成AI商品に対する風当たりは強い。

売り場の検索に「ブロック機能」がついているんです。


どうしてかというと、生成AIは、モノづくりの知識や感覚がなくても、どんどん生成できてしまうので。

「数撃ちゃ当たる」で、商品レベルにないようなものでも、どんどん登録するんですね。

結果として「デフォルトでは非表示」となっています。


なので、人の目に届かせるのが、非常に難しい状況です。

これが、生成AI商品ならではの販売の難しさということでしょうね。


ただ、メグデスの1stアルバムも、最初2~3枚しか売れなくて。

売れるようになるまでに、半年ぐらい時間がかかりました。

(今でも、そんなに売れているわけではないですが…)


商品を作るよりも、宣伝方法を考えるほうが難しいんですよね。

絵師だとかは、すでに確立された「宣伝経路、宣伝方法」があります。


メグデスの音楽も、一応、動画で宣伝するという方法があるんですけど。

メグデスの小説は、まだ、どうやればいいかわからない。


これから、ちょっとアタマをひねります。


以上

Comments


特集記事
最新記事