top of page

【推測】ロシアVSウクライナは加速主義的な民主主義崩壊を目指した台本のあるプロレス

こんにちは、メグデス事務局です。

本日は、淫語ボカロ宗教団体としてではなく、愛と平和を願う宗教団体真メグデスとして、ウクライナの情勢について私見をお伝えしたいと思います。


■■ 「ロシアVSウクライナ」は八百長プロレスではないか(本論は、ただの推測)


メグデス側の推測結果を先に述べます。


1.「ロシアVSウクライナ」の戦争は八百長プロレスである。

2.この戦争では、人はほとんど死なない、ただし、経済構造が大転換する。

3.ロシアの目的は民主主義の破壊と共産主義社会の普及。アメリカとの立場逆転。


上記は、直観や推測も含んだ推論です。不謹慎な発言もあるかもしれない。

しかし、アメリカ大統領選挙のときもそうでしたが、世界のほとんどの人々には正確な情報が手元にありません。

いつでもそうです。誰も、正確な情報を揃えて出してくれるわけではありません。

国が「我々の情報を信じてください」と言っても、それが一番怪しい。

何が真実かはわからない。それでも、手元にある情報から、自分なりに考えて結論を出して発言、行動していくしかない。


下記は、そういった状況下で、手元にある情報で出した「メグデスの推測」です。


【ロシアとウクライナが戦争をやる理由】


・汚職・貧困で国家が維持できなくなったウクライナ側の人間は、ロシアに「身売り」を打診。

ウクライナ上層の「ある一部の人間」だけが大金を手にする。それと引き換えに、ウクライナの領土をロシアに譲る。


・ロシアは、汚職と貧困に苦しむウクライナを立て直し、「脱・民主主義」のモデルケースとして世界にアピールしたいのではないか?(共産主義の拡大)


ウクライナを売ったのが、ウクライナの大統領ゼレンスキーなのか、あるいは、別の人間かはわかりません。

しかし「ウクライナ側の人間が、ロシアに自国を売ろうとしている」と考えます。


■■ ウクライナの味方をしようとする人間の圧力が、ウクライナのこれまでの汚職の実態を闇に隠す


今は、ロシアに対する反発が凄いです。

皆が、ウクライナを応援している。ところが、ウクライナという国は「政治腐敗が凄い国」です。

それが、ロシアに攻め込まれた瞬間に「悲劇のヒーロー」のようになっている。

誰も、ウクライナを批判できない。


「ウクライナがNATOに加盟しようとしているのを、ロシアは阻止しようとしている」と言っています。

しかし、ウクライナの国民は自らの命を懸けてまで、NATOに加盟したいのでしょうか?


ウクライナが民主主義国家であるならば、NATOに加盟する、しないは、ウクライナの国民の意思でなくてはいけません。しかし、ウクライナの国民は、NATOに加盟する、しないの意味を、よくわかってないんじゃないでしょうか。


もし、ロシアの要求が「ウクライナのNATO加盟の阻止」であるならば、ウクライナ大統領が「NATOに加盟するのをやめます!国民を攻撃するのは今すぐやめてください!」と言えば、戦争は回避できるわけですよね?

しかし、ゼレンスキーは「断固としてロシアと戦う!」と言ってしまった。

ここは重要なので、ウクライナの人々にしっかり尋ねたいのですが。ウクライナの人々は、本当に、戦争をしてでもNATOに加盟したいですか?


たぶん、よくわかってないと思います。

後述しますが、ウクライナは、ヨーロッパで2番目に貧困で、人間開発指数も低い、超後進国なんです。

人間開発指数が低いということは、とてつもなく教育格差があるんです。


超先進国の日本ですら、Twitterはバカばっかりじゃないですか。それの何倍も酷い状況だということです。

だから、本当によくわかってないと思います。


「ウクライナ人はバカばかりで、まともな判断力がない」


しかし、こういったことは、絶対にジャーナリストは言えません。あきらかな人種差別ですから。

でも、国が貧しくて、教育格差が酷ければ、そうである可能性もあるんです。

本当に、ウクライナ人は、正しく判断して行動できているのか。


逆に言うと、ウクライナのトップは、正しく判断できないウクライナ国民を、上手く利用しようとしている可能性はないか?

私はウクライナ人の悪口を言いたいわけじゃないんです。でも、ウクライナは「深刻な政治汚職に苦しんでいる」とWikiにも書いてあるんですよ。

教育格差が酷くて、政治汚職が酷い国というのは、それはつまり、バカな国民を、上がコントロールしているということに他ならないです。


「バカ、賢い」というのは、生まれつきなものもありますけど、環境的、相対的なものも大きい。

一部の人間だけが、精度の高い情報をたくさん吸収していて。そうではない国民が情報統制されていたら、どうしたってバカになってしまいます。


▼ ウクライナから日本へのインターン生の言葉。ウクライナ人の平均月収は4万円。資本主義への移行は上手くいっていないように見受けられる。しかし「ウクライナの教育は優れている」とも述べている。しかし、教育は優れているのに、平均月収が4万円だということは、やはり「教育格差が酷い」ということではなります。



▼ 「ウクライナはIT大国」「富める者が、より多く富む」「資本主義の終焉」


2022年の22日の記事。戦争が始まる直前の記事です。「教育機関が優れ、ITが急成長。10年で9倍」。

先述した記事と全く矛盾ありません。ですから、教育格差、貧富の格差も、絶望的なぐらい広がっていることが推測できます。



ウクライナが今後発展するかどうかは、一足早くお金を手にしたウクライナのエリート達が、その後、下層を助けるかということですよね。

競争社会、資本主義の世界では「富めるものが、より多く富む」という仕組みになります。

IT企業で成功した人々が、所得4万円の農家の人々を救うために何かするでしょうか?

たぶん、やらないと思うんです。


例えば、日本で成功した、ひろゆきやホリエモンは、貧しい農家の人々を救うために、なにかしますか?

しないですよね。バカをバカにした本を書いて、バカに売りつけて、さらにお金を稼ぐだけです。

それが資本主義です。

なので、ウクライナも、そんな感じになるのではないかと推測します。


ですから、今後もさらに、所得格差、教育格差は広まることが予測できます。

つまり「資本主義行き着く先」の現象が、ヨーロッパ第2の貧困国ウクライナで起きてしまったのではないかと思います。


ウクライナでは、ソ連の共産主義から資本主義に移行した瞬間、即座に、一気に様々な情報を吸収できた人々と、そうでない人々の間に、絶望的な格差が生まれてしまったのではないかと思います。


かなり粗いですけど、ここまで「加速」して、状況や理屈を突き詰めていくと「ウクライナを発展させるには資本主義を壊すしかない→ロシアに吸収してもらおう」という筋道も、それほどおかしくないような気もしませんか?


こうやって、「物凄く粗く、物凄くテキトーに、物凄く先のことを考える」ことを「加速主義」と言います。

ほとんどジョークのような哲学です。しかし、現代社会は、私のような素人でも、わずか1日で物凄く大量の情報を仕入れることができます。また、そこから、色んな妄想、推測ができます。

かつ「直観の70%は当たる」とも言われています。なので、加速して色んなことを「先読み」して行動するのは、決して悪いことではないということですね。失敗したら、やり直せばいいだけなので。かつ、失敗も、手遅れになるより、先行して失敗したほうが全然マシなんですよね。


なので、ウクライナの天才的な頭脳を持つ「若い超上層」が、物凄く加速してウクライナの未来を見つめたときに「もう、ウクライナは終わりだ。民主主義は限界だ。ロシアに売ろう。オッケー!」と決断したとしてもおかしくはないと思います。

私が、手に入る情報を眺めただけでも、ウクライナに未来はないと感じます。

今、所得4万円で生活している農家の人々を、誰が、どうやって引き上げるのか?誰もやらない。やりたくても、やれないのかもしれない。

加速主義的に、テキトーに議論してみましょう。


農家を立て直すのにも、物凄く高度な知識と技術が必要です。

しかし、ITが手っ取り早く儲かるなら、優秀な人材は、みんなITをやるでしょう?

もう、この時点で、ウクライナは詰んだんですよ。


「ウクライナに未来はない」という決断をしたのが、ウクライナの大統領なのか、それとも、別の誰かはわかりません。



■■ ロシアとウクライナに、戦争をやる理由はあるのか?


さて、上記では「ウクライナ戦争」は、ウクライナ側の「身売り」の台本に従っているのではないかということを、加速主義的に推測しました。


その推測の精度を検証するために、他の情報も吟味していきましょう。

ロシア側の状況です。


1.ロシアは経済的に困窮していない。

2.プーチンの支持率も60%ある。


ロシア側には、戦争をはじめる理由が見当たらない。


▼ ロシア側の経済は順調。やはり、ロシア側には戦争を行う必要性がない。もっと言えば「今のロシアなら、ウクライナを発展させられる余力はある」ような気もします。


「貧困と汚職の国」ウクライナには戦争をやりたい理由があるように見える


一方、ウクライナはどうか。


1.国内の汚職が酷い。

2.ヨーロッパで下から二番目の貧困国


ウクライナの人々の幸福の度合いはわかりません。しかし、汚職事件が多く、ヨーロッパで二番目に貧困であるというならば、国家経営の見通しが立たない状況なのではないでしょうか。

さらに、コロナ禍が、国家の終焉を速めている可能性があります。


超先進国の日本ですら、経済では苦しんでいます。欧州で2番目に貧困であるウクライナが苦しくないはずがないです。そして、北朝鮮は共産主義ですけど、ウクライナは民主主義なんですよね。

共産主義の汚染が進んだ国が北朝鮮、民主主義の汚染が進んだ国がウクライナなのではないでしょうか。

もちろん、そんなことを、ウクライナの上層が言うわけないです。また、教育が行き届いていないウクライナの下層の人々も、自身の考えや思いを世界に発信することは難しいのではないでしょうか。

ウクライナから発信されるのは、ウクライナのごく一部の、超上層の意見だけではないかと思います。

だから、ウクライナ側が情報統制していなくても、外部がウクライナの実態を知るのは、極めて難しい。

だから、上層は、ロシアとウクライナの状況を、どのようにでも「調理」できると思います。


▼ 「非常に高い貧困率」と「深刻な汚職」に悩まされているとWikiに書いてある。Wikiに書いてあることを、そのまま丸のみしているだけで、どれぐらい酷いかはわかりません。しかし、Wikiに特記事項で書いてあるということは、相当酷いのだと思います。だとすれば、ウクライナの大統領も、相当な汚職に手を染めているのではないでしょうか?


私は、ウクライナという国名すら、よく知りませんでした。我々が名前を知らないということは、ウクライナの産業が成功していないということですよね。

しかし、オリンピックを見ていたミッキーさんから、ウクライナには超絶美人な柔道家がいるという話を聞きました。

▼ ビロディド選手は果たして、ロシアとウクライナが戦争になった理由を、ちゃんと理解しているのでしょうか?

「戦争はやめてほしい」という気持ちはあっても、「どうして戦っているのか?」は、よくわかってないと思います。ただ「悪者ロシアがやってきた」ぐらいにしか理解していないと思います。「ウクライナがNATOに加盟しようとしたからロシアの反感を買った」だとか、そんなことはわかってないんじゃないでしょうか。

もしそれがわかったんだったら、「NATOに加盟するのは後にしましょう!」って言うと思いますよ、私は。




■■ 戦争を批判しつつも、戦争の開幕を喜ぶ人は大勢いる


戦争がはじまると、日本でやっぱり出てくるのは、戦争大好きな安倍元首相ですよね。

戦争大好きなネトウヨと、メグデスのミッキーさんは深い因縁があります。

それをぶり返したくないのですが。

とにかく、戦争が始まって「日本も武装しなきゃ!」ということになると、お金が動くんですよね。


戦争は、とにかくお金が凄い。日本は「敗戦から立ち直った」ということが「美談」になっています。

しかし、気づいてみれば、韓国も中国も、みんな立ち直っていますよね。

日本だけが凄いわけではない。

率直に言えば「資金とノウハウ」さえあれば、国家なんて、ゼロからいくらでも大きくできるんですよ。


バーンと人が大量に死んでも、人というリソースが減っただけです。建物が焼けただけです。

しかし、社会を動かすノウハウも、教育も、道徳も生きている。

だとすれば、ここに「資金」を投入すれば、また国家は動き出すんです。


もし、「資金」はどこかに隠した状態で、日本の地上の人々や建物がどかーんとふっとばされたとします。

表面的には「ゼロ」になったように見えます。

でも、日本にはノウハウは残ってます。だから、日本が「今から、ゼロから頑張ります!」と言ったら、世界中の投資家が日本に投資しますよね。

日本にはノウハウがあるから、絶対に、また「良い品質のモノ」を作るからです。

そうしたら、買った株の会社の株価は紙くずみたいな価格から、5倍~10倍になっていきますよね。

そうしたら、金持ちが買った株は、とんでもなく膨れ上がります。


つまり、お金になるのは実体のある「モノ」ではなくて、教育、道徳なんですね。

逆に、そこに一番、お金がかかるんです。


日本は教育も道徳も凄い。あとは、お金さえあれば、いくらでもやりなおせる。

だから、日本は戦争で人が死んだり建物を失うのは怖くないんです。

ネトウヨ的な考え方はそこです。


戦争ビジネスは、ビジネスとしては非常にわかりやすい。確実に儲かる。

しかし、それをやるのは「人としてどうか」ということです。

どうしても、ここで意見がわかれてしまう。メグデスは絶対に反対なんです。

人命を捨ててまでお金を稼いでも意味がない。

みんなで一緒に成長して、喜びをわかちあうから感動がある。

だから、メグデスは共産主義なんです。理想主義なんですよ。


でも、民主主義や資本主義の場合は「日本、アメリカ」といった「国家」を第一に優先する。

「みんなで喜びをわかちあう」だとかではなくて「国家が稼げる」ことが重要なんです。

国家が稼げる方が、国家に住む人々の感動も大きいだろうという考えです。


だから、共産主義も、民主主義も似てるんですけどね。

でも、なにか「幸福」を目指すプロセスが違う。


ただ、今回の議論は、共産主義と資本主義のどちらが良いかという話ではありません。

「ロシア」と「ウクライナ」の戦争がどうして起きたのかということです。


単純に言うと、共産主義にとっても、民主主義にとっても、「数字だけを見ている上層には、戦争はいつでも非常に魅力的な選択肢」だということです。


そして、今回の戦争は、ロシアだけが一方的に攻撃しているわけではなくて、ウクライナも「全面的に戦う」と言ってるんです。


もっと言えば、ウクライナ側も「戦争をやったほうが得だ」と判断したということです。

「NATOに加盟しない!国民を攻撃するのはやめてくれ!」と言えば戦争は回避できた。でも、ウクライナ側も「戦争をやったほうが得だ」と判断したから戦争が起きたんです。


さて、戦争というのは、必ず「宣戦布告」をしますよね。変だと思いませんか?

ただの喧嘩だったら、いきなりぶん殴ってもいいわけじゃないですか?昔の原始時代の戦争はそうでした。

でも、近代の戦争はビジネスだから「宣戦布告」するんですよ。タイミングがズレると困るんですよ。株を売ったり買ったりだとかする際に。




■■ 戦争は始め方より、終わらせ方が重要


今回の戦争は、台本に従って進んでいると思います。

今、巷はではプーチンがキチガイみたいな評価をされていますけど。しかし、ロシアという国は、プーチンが一人で動かしているわけではないですからね。


超大国であり、物凄く色んな計算を事前にして、戦争に踏み切ったはずです。これは大前提です。

なにせ、ロシアは有人のロケットを飛ばせる国ですよ!

物凄く精度の高い計算と、その計算を確認して「よし、のった!」と考える、色んな国が絡んで動いているはずです。


もう「絶対に儲かる!」と判断してやった戦争なので、我々が声をあげたからやめるだとか、そういうのではないです。

ロシアが目標を達成したですとか、あるいは不測の事態が起きたときにやめるんだと思います。


私は、ウクライナ大統領のゼレンスキーがどうなるかに注目しています。


1.ウクライナは政治腐敗の酷い国。だからこそ、ゼレンスキーに全責任を負わせて「処刑」して終わらせる。


あるいは逆に、


2.ゼレンスキーこそがウクライナを売る台本を書いた本人であり「国民の命を守る」という体裁のもとに、ウクライナをロシアに譲渡する。


私は、2じゃないかなと思います。香港政府が中国に香港を売り渡したような、それとよく似た流れが起きるのかなと思います。






私は今、メンバー間の議論を、こうしてまとめたわけですが。

これは今、集められる情報を基にした推測であり、今後もまた、情勢に応じて変化するものだということです。

我々が無責任なことを言ってネットで人気者になりたくて、こういうことを言っているわけではない。

我々も色々考えて、誰にも利用されたくない、騙されたくない一心で検討を進めているということです。


情報化社会では、誰もがみんな、誰かを騙そうとしているんです!


しかし、「見抜く」のは難しいです。

アメリカ大統領選挙のときも「バイデンは不正をやった!勝つのはトランプ!」とIQ127のミッキーさんが予測しましたけど、全く外れましたしね。

「バイデンが大統領になったら経済が失速する」だとか言ってましたが、アメリカは絶好調ですよ!


でも、当たる、外れるというより、「自分なりに考えて、自分なりの結論を出す」ことが大事だと思います。

「炎上するのが怖いから考えるのやめました。叩かれるのが怖いから言うのをやめました」というのは、おかしい。