【推測】ロシアVSウクライナは加速主義的な民主主義崩壊を目指した台本のあるプロレス

こんにちは、メグデス事務局です。

本日は、淫語ボカロ宗教団体としてではなく、愛と平和を願う宗教団体真メグデスとして、ウクライナの情勢について私見をお伝えしたいと思います。


■■ 「ロシアVSウクライナ」は八百長プロレスではないか(本論は、ただの推測)


メグデス側の推測結果を先に述べます。


1.「ロシアVSウクライナ」の戦争は八百長プロレスである。

2.この戦争では、人はほとんど死なない、ただし、経済構造が大転換する。

3.ロシアの目的は民主主義の破壊と共産主義社会の普及。アメリカとの立場逆転。


上記は、直観や推測も含んだ推論です。不謹慎な発言もあるかもしれない。

しかし、アメリカ大統領選挙のときもそうでしたが、世界のほとんどの人々には正確な情報が手元にありません。

いつでもそうです。誰も、正確な情報を揃えて出してくれるわけではありません。

国が「我々の情報を信じてください」と言っても、それが一番怪しい。

何が真実かはわからない。それでも、手元にある情報から、自分なりに考えて結論を出して発言、行動していくしかない。


下記は、そういった状況下で、手元にある情報で出した「メグデスの推測」です。


【ロシアとウクライナが戦争をやる理由】


・汚職・貧困で国家が維持できなくなったウクライナ側の人間は、ロシアに「身売り」を打診。

ウクライナ上層の「ある一部の人間」だけが大金を手にする。それと引き換えに、ウクライナの領土をロシアに譲る。


・ロシアは、汚職と貧困に苦しむウクライナを立て直し、「脱・民主主義」のモデルケースとして世界にアピールしたいのではないか?(共産主義の拡大)


ウクライナを売ったのが、ウクライナの大統領ゼレンスキーなのか、あるいは、別の人間かはわかりません。

しかし「ウクライナ側の人間が、ロシアに自国を売ろうとしている」と考えます。


■■ ウクライナの味方をしようとする人間の圧力が、ウクライナのこれまでの汚職の実態を闇に隠す


今は、ロシアに対する反発が凄いです。

皆が、ウクライナを応援している。ところが、ウクライナという国は「政治腐敗が凄い国」です。

それが、ロシアに攻め込まれた瞬間に「悲劇のヒーロー」のようになっている。

誰も、ウクライナを批判できない。


「ウクライナがNATOに加盟しようとしているのを、ロシアは阻止しようとしている」と言っています。

しかし、ウクライナの国民は自らの命を懸けてまで、NATOに加盟したいのでしょうか?


ウクライナが民主主義国家であるならば、NATOに加盟する、しないは、ウクライナの国民の意思でなくてはいけません。しかし、ウクライナの国民は、NATOに加盟する、しないの意味を、よくわかってないんじゃないでしょうか。


もし、ロシアの要求が「ウクライナのNATO加盟の阻止」であるならば、ウクライナ大統領が「NATOに加盟するのをやめます!国民を攻撃するのは今すぐやめてください!」と言えば、戦争は回避できるわけですよね?

しかし、ゼレンスキーは「断固としてロシアと戦う!」と言ってしまった。

ここは重要なので、ウクライナの人々にしっかり尋ねたいのですが。ウクライナの人々は、本当に、戦争をしてでもNATOに加盟したいですか?


たぶん、よくわかってないと思います。

後述しますが、ウクライナは、ヨーロッパで2番目に貧困で、人間開発指数も低い、超後進国なんです。

人間開発指数が低いということは、とてつもなく教育格差があるんです。


超先進国の日本ですら、Twitterはバカばっかりじゃないですか。それの何倍も酷い状況だということです。

だから、本当によくわかってないと思います。


「ウクライナ人はバカばかりで、まともな判断力がない」


しかし、こういったことは、絶対にジャーナリストは言えません。あきらかな人種差別ですから。

でも、国が貧しくて、教育格差が酷ければ、そうである可能性もあるんです。

本当に、ウクライナ人は、正しく判断して行動できているのか。


逆に言うと、ウクライナのトップは、正しく判断できないウクライナ国民を、上手く利用しようとしている可能性はないか?

私はウクライナ人の悪口を言いたいわけじゃないんです。でも、ウクライナは「深刻な政治汚職に苦しんでいる」とWikiにも書いてあるんですよ。

教育格差が酷くて、政治汚職が酷い国というのは、それはつまり、バカな国民を、上がコントロールしているということに他ならないです。


「バカ、賢い」というのは、生まれつきなものもありますけど、環境的、相対的なものも大きい。

一部の人間だけが、精度の高い情報をたくさん吸収していて。そうではない国民が情報統制されていたら、どうしたってバカになってしまいます。


▼ ウクライナから日本へのインターン生の言葉。ウクライナ人の平均月収は4万円。資本主義への移行は上手くいっていないように見受けられる。しかし「ウクライナの教育は優れている」とも述べている。しかし、教育は優れているのに、平均月収が4万円だということは、やはり「教育格差が酷い」ということではなります。