• Twitterの社会のアイコン
"SIN-MEGDEATH" is music band was born at AKIBA since 2016.
Sex,music and masterbation is very  important culture for human.
We hope every people get the extacy from CM3D2,COM3d2 with good DTM sound.Have a nice MOD!
・宗教団体真メグデスは2016年に創設された音楽集団です。
・聖地・秋葉原にて表現の自由を掲げDTM活動を行っております。
宗教団体真メグデス公式サイト

秋葉原/台東区/megdeath.official@gmail.com

【究極恋愛マニュアル】チンポを咥えてもいいかなという男と連絡先交換しろ【マストドン女子会】

マストドン上で、丸2日間行われた「女子会」を完全収録。テーマは「恋」です!

もう、これ以上の「恋愛の手引き」はありません。断言します!

恋に悩む男女は、熟読してください。

 

▼ はじめに「世間に出回ってる恋愛マニュアルは全て嘘」

 

世の中にはたくさんの恋愛マニュアルだったり恋愛小説があるけど、全部嘘だから。

なぜかというと、それらは「売れるための商品」だから。

「喜ばれる真実」と「喜ばれる嘘」があれば、「喜ばれる嘘」を記述するのが作家だったり編集者なのよ。

「恋愛の真実」つーのは、今まで、どこにも公開されていませんでした。

唯一、恋愛に関する正しい情報が公開されているのは「女子会」です。

しかも、普通の女子会では全然ダメ。

「選ばれた人間」による「容赦のない女子会」の中にのみ、恋愛の真実はあります。

私はIQ127だし、絶対美少女だし、嘘を一切言わないから。私の言うことが、ほぼ恋愛の真実。

私の言うことが全て真実。全て正しい。

 

さらに、今回の女子会のメンバーは超強力。

そもそも私ミッキーは、ネットで出会ってスカイプの遠距離恋愛で外国人と結婚してるでしょ。

「ゆみぃ」は風俗嬢だし。

「すみぃ」は不倫・二股・オフィスでファック、なんでもありのマルチスキルの持ち主。

そして、結婚相談所で相手を見つけた「しろくま」。完璧な布陣でしょう。

 

一般の女子会つーのは、似たり寄ったりのメンバーしか集まらないし、誰かが言ったことをその場では否定しないのがルールよね。

でも、私にはそんなルールないから。その上で、IQ127の私が色々なタイプの女の意見を突合すれば、それが真実よ。恋愛について、これ以上の情報は、もう出てきません!

そんなわけで「究極恋愛マニュアル」として、ブログで発表することにしました。

これを読んで「ミッキーは生意気だ」と思う読者もいるかもしれないけど、そういうヤツは、10年後にもういっぺん、このページに来い。「全て真実でした」って、私に土下座することになるから。

 

▼ 現在、もっともウケる男子は「マイナスポイントが少ない人」

 

ひと昔前は、ダンサーとか、バンドマンとか、お笑い芸人だとか「ステージに立つような、目立つ男」が人気だったけど。

今は「マイナスポイントが少ない男」がウケるみたい。

芸能人の真似事してる素人の男って、結局、たいして仕事もできないし、会社もすぐ辞めちゃうし、言ってることもチャランポランだからさ。

現在、離婚率は3割を超えてるけど、ダメなのよ、芸能人の真似事してる男なんて。頭、お花畑だからさ。

まあ、この画像の男がセクシーかって言われると、ちょっと「うーん…」と思うけど、女が賢くなったのかなとは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ 恋愛で目指すべきは「モテ」ではなく「慣れ」

 

よく雑誌では「モテること」が特集されるけど。

人生において重要なのは、色々な異性とセックスを楽しむことではなく「困難に立ち向かえる強靭な家庭を作ること」よね。

セックスつーのは、あくまで「娯楽・スポーツ」であって「目標」ではないわ。

だから「セックスをゴールに設定した恋愛マニュアル」なんて、子供だましだし、全く役に立たない。

 

恋愛に必要なのは「モテ」よりも「慣れ」。

異性と話すときに、舞い上がったり、緊張したりせず、自然に話せるようになったら、それでOK。

 

よく男で、とにかく酒を飲んで、女に酒を飲ませて、それでセックスに持ち込んで「勝った!」と思ってるアホがいるけど。それ、全く意味ないから。

先ほども述べたけど、「人生において重要なのは、色々な異性とセックスすることではなく『手堅い家庭を作ること』」だからさ。酒飲んで、酒飲ませて滅茶苦茶セックスしましたって、目標と照らし合わせたときに、全く価値がないのよ。むしろ「異性と接するときに、不必要に舞い上がってはいけない」ということの真逆をやってるわけだから。こういう男は破滅するし。また、こういう男に惹かれる女も破滅する。

もう一度言うけど「酒に頼って恋愛をしてる男と女は破滅します」

例外はありません。

 

当たり前のことなんだけど、これがわかってないヤツが多すぎる。あるいは、わかっててやってるのかもしれないけど、そういう男と女がオッサンやババアになってからネットで鬱っぽくなって、キチガイじみた書き込みを日夜連投しているのを見ると、なんとも言えない気分になるわ。

自業自得よね。

 

 

▼ 今の男子は精神年齢が幼過ぎる 

 

「恋愛なんてめんどくせーよ」

そんな発言をすることが、今の若い男子の中では流行ってるみたい。

(童貞を捨てたばかりぐらいの男子)

中二病つーか。

 

うーん、私は、そういう発言をする男子に、なんの未来も可能性も感じないのよね。

繰り返しになるけど、人生において重要なのは、色々な異性とセックスを楽しむことではなく「困難に立ち向かえる強靭な家庭を作ること」よね。

 

今モテる、モテないつーのは「困難に立ち向かえる強靭な家庭を作ること」とは全く無関係なのよ。

結婚前に、男女で時間を過ごすことで「自分にできることは何か、自分の価値とは何か」を一生懸命探すことが成長につながるわけでさ。

あの女とヤッた、3Pヤッた、外でヤッたとか、それは「大人になる」こととは全く関係ないのよ。

もっと別の方面について、色々学習しなくちゃいけない。

具体的には「共同生活のための準備」をしなくちゃいけない。

 

にもかかわらず「オレは童貞を捨てたぜ」とか「今までに2~3人と付き合ったぜ」ぐらいで「あ~あ~、恋愛なんてめんどくせーよ」みたいな知ったような口をきく男子は、もう、伸びしろゼロよ。

一生ガキよ。

また、こういう男子に惹かれる女も、なんつーか、頭悪いつーか、未来は暗いと思うわ。

 

 

 

↓ 「俺の『好きだよ』はLoveじゃなくてLikeだし」何言ってんのアンタは。アンタ、何歳?アンタのまわりで「楽しいメンツが集まってくれればそれでいいし、それがいい」なんて言ってる30代~40代のオッサンやババアが、どんなレベルか気づかないの? ロクに仕事もしない、SNS中毒患者ばかりでしょう。30代~40代で毎日「仲間とツルんでバカ言う」生活なんてできないのよ。できないことを求めるんじゃなくて、今やらなきゃいけないことをやるべきなの。

 

 

 

まあ、言っても無駄なんだろうけど…。

人生は色んな選択肢があるけど、正しい方向に向かわなきゃいけない。

明後日の方向を目指してる子はね、見てるぶんには面白いけど、巻き込まれると、自分もどんどん明後日の方向に引っ張られちゃうから、恋愛対象としてはオススメしない。

なんつーか、彼は「生きるセンス」がないのよ。生きるセンスのない人間つーのは、いつも、損する方向を選んじゃうの。負けグセがついてるつーか。頭の良さやスキルの問題じゃない。センス。

こういう男は、もう何やらせてもダメ。仕事やらせても全く見当違いのことやるし、注意すればキレるし、もう、どうしようもない。

 

 

私は、テキトーなことは言わない。

私が指摘したことが当たるか、ハズれるかは、マストドンで彼の今後を観察すればわかるから。

 

これは予言ではなくて、物理法則つーか、もう、こういう思考だと、そうなるしかないのよ。

要注目ね。

 

▼ カッコイイ男を狙う女は不幸になる。狙うべきは「自分が可愛いと思える男」

 

これはもう理屈じゃなくて、私が人間を観察した結果でしかないんだけど。

「カッコイイ男」を追っかけてる女で、幸せになった子を見たことがないのよ。

V系、ホスト、ジャニーズ、韓流アイドル。

まあ、一時的に熱中したぐらいならべつにいいけど、ずーっとそっちを見ちゃう女つーのは生きるセンスないつーか、間違いなく不幸になってる。

 

一方、幸せな女つーのは、皆、例外なく、旦那のことを「可愛い」って言うのよ。

「カッコイイ旦那」は不幸を呼び寄せるけど、「可愛い旦那」つーのは幸福を呼び寄せるの。

これはなぜだか、理由はわからない。

 

「年収が高い男」「背丈がガッチリした男」「趣味や話が合う男」…。

世の中、色んな「好みのタイプの男性」つーのがあるじゃん。

でも、女を幸せにしてくれるのは「自分が可愛いと思える男」だけだと思うわ。

これしかない。ホントに。

 

例えばだけどさ、結婚して「背丈のガッチリした旦那と毎日セックスできて、私幸せ!」なんて言ってる女、見たことある?

そりゃ、もしかしたら結婚直後のセックスは最高なのかもしれないけど、その悦びが10年~20年続くとは、ちょっと思えないわ。

「趣味や話が合う男」つーのもさ、うーん…。10年~20年もずーっと、映画や小説について、毎日議論するの?ありえないわよ。普通は、夫婦なんて大して会話しないでしょう。

それでも、なぜ結婚して幸せかと言えば「旦那が可愛いから」そして「子供が可愛いから」これに尽きると思う。

「可愛い」つー感覚は、女の幸せに直結してると思うの。

だから、私は女には必ず「自分が可愛いと思える男を選びなさい」って言ってる。

 

 

 

↓ 個別に対応してるフリしてるけど、結局、私は誰に対しても「自分が可愛いと思える男を選びなさい」しか言わない。セックスするだけなら、別のタイプのほうが燃えるかもしれないけどね。将来を考えるとね…、うーん。

 

 

まあでも、わかんないんだけどさ。

「いや、ウチの旦那は凄くカッコイイし、私それで凄く幸せ!家庭にも何も問題ありません!」っていう結婚5年以上の女性読者がいたら、ぜひ一報ください。

私は、そんなことを言ってる女は上沼恵美子ぐらいしか知らない。

 

 

▼ 恋愛ができない人は、悩むだけで動かない人

 

何度でも繰り返すけど。

人生において重要なのは、色々な異性とセックスを楽しむことではなく「困難に立ち向かえる強靭な家庭を作ること」よね。

 

では、恋愛は何かというと「相手を見つけるための手段」なのよね。

お見合いも手段、恋愛も手段。

ただの手段だから、何やってもいいのよ。上手くいかなきゃ、次の手段を試せばいいだけでさ。

 

私は自分の恋愛エピソードを、一切、誰にも話さないんだけど。

でもまあ、色々ありましたよ。

えええ、おい、ちょ!、ふざけんな、殺すぞ、あああ、待って、えええ、なんで!!

もう、ビックリ箱ですよ。

 

絶ッ対に、誰にも、一切ッ、話したくありません!

 

でも、みんなそんなもんでしょう。

色々あったし、色々されたでしょう?

でも、どんな手段を使ったかなんてどうでもいいのよ。納得できる相手と結婚出来れば。

一番良くないのは「手段を試さないこと」。これが一番良くない。

 

恋愛ができない人間の99.999%は、単に「手段を試さない」だけだと思うわ。

実際、そうでしょう。

 

↓ ねこまりちゃんは、悩むだけで動かない

 

 

↓ コイツもエラそうなことは言うけど、やっぱり動かない

 

 

↓ 色々難しいこといってるけど、やっぱコイツも動かない

 

↓ そして、増える高齢処女率。

 

 

 

▼ チンポを咥えてみてもいいかなと思える人と、笑顔で連絡先交換

 

メイクとか、ファッションとか、自分らしさとか、女らしさとか、人間とは何か、人生とは何か。

恋愛について考え出すと、色々キリがないわよね。

でもね、全部意味ない。

 

恋愛において女がやるべきことは、ただ一つ。

「チンポを咥えてもいいかなと思える男と、笑顔で連絡先交換」

 

これだけ。これ以外のことは、一切やらなくてOK。

あとはもう、全部、男が準備してくれる。そういうもんなのよ。

それに対して女は、乗るか乗らないか。ただそれだけ。

 

男ができない女の99.999999%は、単に「チンポを咥えてもいいかなと思える人と、笑顔で連絡先交換」。こんな簡単なことができないのよ!

これさえ忘れずに、必ずやってればね。そりゃ、そのうち、誰かから連絡来るわよ。

で、連絡が来たら、そこから真剣に悩めばいいのよ。

 

チンポを咥えてもいいかな思える男と連絡先を交換しないうちに悩んでも意味ないし、

チンポを咥えてもいいかな思える男から連絡が来ないうちに悩んでも意味がないし、

また、それ以外の人から連絡が来ても、一切意味がない。

 

なんつーかね、「生きるセンスがない女」つーのは、なぜか、これと真逆のことをやるの。

 

チンポを咥えてもいいかなと思える男とは連絡交換せず、

どうでもいい男と連絡先交換して、

そのうち、どうでもいい男に誘われて、

どうでもいい男とセックスして、どうでもいい男と別れることに悩む。

 

なんつーかさ、なぜ、どうでもいい男と連絡先を交換するの?

連絡来ても困るじゃん。

まあ、そこまではなりゆきで仕方がないにしてもさ。

なぜ、肝心なチンポを咥えてもいいかなと思える人と連絡先を交換しないのか!

グズ、のろま。死ね、死ね、死んでしまえ。オマエみたいな女は、死んでしまえ!

いいか!よく聞け!

 

どうでもいい男ばかりと連絡先交換して、どうでもいい男からばかり連絡が来たら、

いつか、どうでもいい男とセックスすることになるに決まってるじゃん!

 

そんなの、当たり前じゃん。アホかよ。

一方、チンポ咥えてもいいかなと思える人とたくさん連絡先交換しておけばさ。

もう、着信音鳴るたびに濡れてきちゃう。そして、誘われたって迷う必要が一切ない。

もう、即答じゃん。

「はい!イキます、イキそうです!」

これでしょう。このスピード感が大事でしょう。

なぜ、無駄な動きをするのか。

 

 

 

 

 

▼ 会話は「距離を保つため」のものであって「距離を縮めるため」のものではない

 

こういう勘違いをしている女はいないと思うけど、念のため。

「会話が盛り上がっても、男は勃起しない」

逆に、会話がいくら盛り下がろうとも、男は勃起したままです。

女にとって会話は重要だけど、男にとって、そんなもんどうでもいいのよ。

男はヤリたいと思ったらヤリたい。ただそれだけよ。そこに理由なんかない。

 

勝負は会った瞬間に決着がついてるのよ。

先ほどしつこく言ったわよね。チンポを咥えてもいいかなと思える男と連絡先を交換しなさい。

で、連絡先を交換して、連絡が来たら、もう、アンタの勝ちよ。

チンポを咥えるかどうかは、もう、アンタの気分次第よ。

 

デートにおいて、男と女では「会話」の意味が違う。

男は、女との距離を縮めるために言葉を投げてくる。

こちらが黙ってれば、男はさらに寄ってくる。あとは、キスされたり触られたり。

 

だから、ホステスでもない限り、女に話術なんて一切必要ないのよね。

チンポを咥えてもいいかなと思える男とのデート中、女が会話ですべきことは、ちょっとした確認よね。4つぐらいじゃね?

 

1.身元(ちゃんとした社会人か)

2.優しいか

3.ユーモアがあるか

4.フィーリング

 

よく、女で「私、コミュ障だから」とかいうけどさ。