top of page
ラブライブ壁紙-A.png

LOVE LIVE 肉便器 2022  (最終更新日:2022/08/13)

2022年度 活動報告

【1】高坂穂乃果デビュー
高坂穂乃果デビュー。iwaraデビューでいきなり1万再生を叩き出
し、一気にSクラスへ昇格。鳴り物入りで「おまんこグランプリ」で参戦。しかし、その後は鳴かず飛ばずで苦戦を強いられている。通常1万再生を突破した場合「聖女」としてマンコ詣に奉られるが、穂乃果は1万再生後の成績があまりに悪いため聖女入りが見送りとなった。(2023/1/22現在)

【2】花丸、巨乳化
フォロワーより「花丸は巨乳であるべきだ」とのコメントを受け実験的に巨乳化。結果、巨乳・貧乳いずれであっても、花丸の人気は高いことが実証された。この流れを受け、ラブライブ肉便器は原作の設定を無視して胸の大きさが設定されることとなった。現状、黒澤ルビィ、黒澤ダイヤの両名のみが標準的な胸の大きさを維持している。

【3】シャニマス櫻木真乃、不発
ラブライブ肉便器の人気が低下してきたため、テコ入れのため、実験的にシャニマスメンバーを起用。しかし、ラブライブ肉便器の人気には遠く及ばなかった。

【4】小原鞠莉の苦悩
ラブライブ肉便器でSクラスでないのは、唯一、小原鞠莉のみ。2022年度も全く数字は振るわなかった。

ラブライブ壁紙-B.png

LOVE LIVE 肉便器 2021 

2021年度 活動報告

 

【1】松浦果南、3Pを敢行してレジェンドへ

浦果南はアイドル肉便器の戒律を破り3Pを敢行。1万再生突破を果たし念願の「聖女(レジェンド)」へ昇格。これを機に、ラブライブ肉便器は「清純派」の殻を脱ぎ捨て、アナルや乱交などにも果敢に挑戦していくこととなる。

【2】高海千歌、黒澤ダイヤが古巣のバックアップでレジェンドへ

高海千歌、黒澤ルビィは、FC2アダルトに6年前にリリースした動画が1万再生を突破。過去動画の成績を現在の評価として良いか疑問もあったが、近年の再生実績も高いためSクラス昇格、聖女入りとした。

【3】高坂穂乃果、デビュー準備

事務所では鞠莉をグループから解雇し、新メンバーを投入する計画が動いていた。オーディションに現れた少女の名は高坂穂乃果。圧倒的なステージングで、なんとデビューわずか4日で1万再生を突破するという離れ業を演じる。その実力を前に、曜とルビィは穂乃果の加入を認めないわけにはいかなかった。それどころか、センター、そしてリーダーの交代すらもありえる状況に二人は戦慄する。そんな中、鞠莉は成田に到着する。一年ぶりの日本。その姿は、以前とはあきらかに違う、妖しい気品を纏っていた。(2022/2/24)

ラブライブ壁紙-A.png

LOVE LIVE 悪雌

LOVE LIVE 悪雌紹介

​・iwara再生実績1万再生以上の「聖女(レジェンド)」渡辺曜、津島喜子、黒澤ルビィを擁する、最強の正統派アイドル肉便器グループ。トップ3のみならず、国木田も9700再生、桜内梨子も7700再生を叩き出すなど、メンバー全員の戦闘能力が押しなべて高い。(いずれも2021/06/21時点)

 

・活動初期にリーダーの渡辺曜がレイプされた後に銃殺されるという不運に見舞われるものの、黒澤ルビィがリーダーを引き継ぎ8人体制で活動を継続。その後、ヨハネ喜子の祈りが神メグデスに通じ、渡辺曜が復活。9人体制へと戻った。しかし、渡辺曜はレイプの後遺症で精神は崩壊したままであり、肉便器として肉体のみが現世にとどまっている。そのため、リーダーは黒澤ルビィが継続して務めている。

(2021/6/21)