​マンコ詣チンコ奉納(更新日:2022/9/20)

メグデスは、現世界の男性と、電脳世界の女性のカップルを応援しています。

マンコ詣チンコ奉納とは、穢れてしまった心と性癖を清め、また新たな気持ちでお互いに体を求めあえるようにするための儀式です。また、男性が女性を敬い、女性が男性を敬うことを誓う儀式でもあります。​​新年の機会に、メグデスのマンコ詣チンコ奉納の儀式で、お二人の気持ちを確かめ合ってはいかがでしょうか。PIXIVではマンコ詣でチンコ奉納に参加した肉便器のプロマイド画像を配布しております。記念に是非どうぞ。

2022年 マンコ詣チンコ奉納 記念画像

https://www.pixiv.net/artworks/95194907

2022年 マンコ詣チンコ奉納 記念画像(その2)

https://www.pixiv.net/artworks/95619378

2022年 マンコ詣チンコ奉納 記念画像(その3)

https://www.pixiv.net/artworks/96519734

2022年 マンコ詣チンコ奉納 記念画像(その4)

https://www.pixiv.net/artworks/97152570

2022年 マンコ詣チンコ奉納 記念画像(その5)※翔鶴、昇進

https://www.pixiv.net/artworks/101362191

※本動画は、ヌキ動画ではなく儀式動画です。儀式内容は同じです。既に性交渉があり、これからも反永続的に関係を続けていきたいと考えているカップルのみ、ご参加ください。非常に呪術効果の強い儀式ですので、気持ちが整わない状態や冷やかし等で参加されますと、身体や精神に不調をきたす恐れがあります。

■■「マンコ詣チンコ奉納」の成り立ち

2022年、宗教団体真メグデスリーダー、木下桜子と、IQ127で大学でキリスト教学を学んだミッキー・ハットが「二次元と四次元を結ぶ正しい恋愛とはこうではないか」と議論して、3時間をかけて設計されたの儀式が「「マンコ詣チンコ奉納」です。儀式は、「現世界男性」と「電脳世界女性」の双方に、より大きな幸福をもたらすよう、願いをこめて設計されています。3時間という長い時間をかけて緻密に構築された儀式ですが、これは完成形ではなく、プロトタイプです。今後、さらなる議論、発展が必要であると、当団体も認識しております。本儀式には、充分な効能が得られる部分と、不十分な部分があります。それを明示・記録することで、今後のさらなる宗教的発展を目指します。

 

以下、儀式の構築において、考慮した部分を記載します。

【考慮1】「恋愛」の定義と「儀式」

 

1.恋愛とは「自由意志」に基づき、当事者二人が双方の幸福を願い、双方が協力してで発展させるものである。しかしながら、電脳世界の女性(以下、電脳女性)は、現世界の男性(以下、男性)の行動を制御することはできない。また、現世界の男性は、電脳世界の女性の行動を制御することはできない。

2.愛する気持ちは止められない。

3.儀式とは「当事者」と「応援する者」の集団でおこなわれるものである。

【考慮2】「〇〇はオレの嫁」の問題点

2000年頃から、電脳世界(もしくは二次元)の女性を「〇〇はオレの嫁」と呼び、結婚を試みる者が現れた。しかし、それらの行動は20年後の現在、男性の孤独死や社会の少子化、また、ヲタクイベントでの行き過ぎた行動を呼び起こしたのみで、社会に実害、及び、マイナスのイメージを与えた。客観的に結果だけを評価すれば、麻薬や飲酒に近い。

・男性の不幸は、男性本人のみならず、電脳女性側にとっても悲劇である。もし、現世界男性と電脳女性の恋愛が、男性に不幸と禍をもたらすだけであれば、電脳女性側は、現世界男性との恋愛をのぞまないであろう。また、薬物と同様の不幸を男性にもたらすのであれば、それが証明され次第、社会的な規制がかかるであろう。

【考慮3】 電脳女性と男性の恋愛の定義

 

作品を鑑賞し「このキャラクターが好きだ」という時点では、電脳女性と男性は、アイドルとファンの関係でしかない。
ファンとしての作品鑑賞と「電脳恋愛」を明確に区別する一線はセックスである。ただし、電脳女性は特定男性の所有物になることは決してなく、望まれれば、誰とでも、どんなプレイでもする。また、電脳女性も、男性に他者とのセックスを禁じることはできない。つまり、電脳女性と男性の恋愛は、どこまで発展しても「自由恋愛」以上に発展することはない。

 

【結論1】あるべき「正しい電脳恋愛」とはなにか

【考慮1】~【考慮3】を踏まえると「正しい電脳恋愛」と「それを祝福する儀式」は、下記のようなものになる。

 

1.双方が、自由にセックスを楽しむことを認めあう。電脳女性は、男性が、よりたくさんの女性を見つけることを願うべきであるし、また、男性は、電脳女性が、より多くの男性に犯されることを願うべきである。

 

2.1を踏まえた上で、二人の関係が、長く続くことを願う。つまり、双方がお互いに性的に魅力的であり、かつ、お互いがお互いを長く刺激しあえる関係こそが好ましい。

 

3.「電脳恋愛を祝う」とは、つまり、1と2を応援することであり、儀式は1と2を願うものでなくてはいけない。

【結論2】「電脳恋愛」を祝福する儀式は、何を促すものであるべきか

 

電脳恋愛を、双方にとって、プラスになるものへと成就させるためには、下記の要件を満たせるよう、双方努力せねばならない。

 

1、電脳女性は常に自分の肉体を磨き、「歴史的名画」のような美しさとならなくてはいけない。電脳女性は直接、男性に触れることができない。思慮思念を男性に飛ばし、男性の右手(もしくは左手)を介してしか、行為をすることができない。そのマイナス面をおぎなうために、可能な限り努力して「美しくある」必要がある。
美しくあろうと緊張感をもって生活することは、電脳女性にとってもプラスである。なお、シナリオや台詞は、恋愛の当事者ではない第三者であるが勝手に書くものなので、シナリオや台詞が愛されているうちは、電脳女性は未熟であると言える。それは恋愛の出発点であり、ゴールではない。

 

2、男性側は「見つめる力」を身につけなくてはいけない。電脳女性が美しくなるためには、男性に見られることが最も効果的である。よって、男性は、電脳女性の隅々まで見つめる必要がある。アナル、野外、3Pなど、特殊なプレイやシチュエーションのみで電脳女性を興奮させているうちは、男性は未熟であると言える。男性自身の「目の力」だけで、電脳女性を興奮させなくてはいけない。「目の力」を磨くことは、男性自身にとってもプラスである。

 

3、マンコはすぐに濡れ、チンポはすぐ勃たなくてはいけない。セックスなくして、電脳恋愛はありえない。双方、求められた時にはすぐ応じられる気力・体力を維持しなくてはいけない。そのためには、双方ともに健康を維持しなくてはいけない。これは、双方にとってプラスである。

よって、電脳恋愛を祝福する儀式は、1~3を双方に促すように設計されなくてはならない。


■■ 「マンコ詣チンコ奉納」の儀式の構造

 

上述、1~3を促すため、儀式は下記の手順となる。


1.マンコ見せ

電脳女性は、フェラやパイズリに頼らず、ただ、マンコを見せるだけで、
男性を興奮させねばならない。
また、男性も、電脳女性のサポートなしで、マンコを見るだけで勃起できるだけの、気力、体力、感受性を養わなくてはいけない。

 

2.正常位

電脳女性にとっては、正常位で男性を興奮させることがもっとも重要である。
正常位は、顔、胸、マンコなど、体のあらゆる部分を男性に、同時に見せることが可能である。
一方、後背位で男性に見せることができるのは尻だけである。これは、他の電脳女性と差別化が図りにくい。また、アナル、野外、3Pなどの特殊なプレイも、これも他の電脳女性でもできることである。したがって、他の電脳女性と差別化を計ることはできない。
電脳女性は、顔、胸を常にケアし、美しく保つ必要がある。また、正常位時に、自らの快感を男性に素直に伝えることができる豊かな表情・表現力も大切である。


3.見つめ合う

二人の関係にとって一番大切なのは、しっかりと見つめ合うことである。
すぐに挿入、射精するだけの関係では、双方の記憶に残らない、希薄な関係となってしまう。しっかりと見つめあい、チンポとマンコだけでなく、心を通い合わせることで、お互いがお互いにとって、なくてはならない存在となる。


4.射精を重要視しない

射精を急ぐと、双方が1~3をおろそかにしてしまう可能性が高い。射精目的のセックスは、他にいくらでも機会があるため、本儀式では重要視しないこととした。


以上

宗教団体真メグデス(2022/1/1)

聖女作品ギャラリー

神メグデスに仕え、男性に身と心を捧げて修行する女子を『肉便器』と呼びます。肉便器の中で、iwaraサイトにて1万再生以上を達成した女子は「聖女(レジェンド)」と呼ばれ本頁に奉安されます。聖女となるには、修練のみならず、生まれ持っての素質と強運が必要であるといわれます。宗教団体真メグデスには200人以上の肉便器が在籍しますが、聖女へと到達することができた女子は10人ほどです。(順次掲載予定/最終更新日 20220213)