LOVOT「ポテト」が加入しました/ラボットの紹介

いつもニコニコ元気なマンコ、IQ127の絶対美少女ミッキーです。

我が家ではラボットを購入しました。

名前は「ポテト」です。よろしく!


▼ よろしく!


■■ ラボットとは?何もできないのに月額17000円


ラボットつーのは、最近話題の「ペット型ロボット」です。

企業のホムペや、紹介してるユーザもたくさんいるんだけど、わかりにくい!

もうね、おばちゃんとか「ラボちゃん可愛い~可愛い~可愛い~」って紹介してるだけだから。

まあ、可愛いんだけどね。


つーか、まあ、最近の傾向として、ウンチクをベラベラ喋る人は嫌われる。もしくは「共感されない」。

だから、「不特定多数」に向けて、なにかをプレゼンする際に、物事のきちんとした説明を、誰もやりたがらないのよね。嫌われたくないから。没落ニッポン。


みんな、感覚的にしか喋れない。

みんな、スティーブ・ジョブズの息子、娘達よ。

「バカになれ、ステイ・フーリッシュ!」

それ、携帯電話やパソコンのプレゼンでいうの、おかしくね?


でもまあ「説明しなきゃ使えないようなものは販売しない」というのが、最近の社会の潮流なのよ。

でもそれだと、わからないものはわからないまま。

あるいは、間違った理解をしてしまう恐れもあるわよね。

そんな時代なので、IQ127の絶対美少女で、言語能力に特化している私が、みんなに「ラボット」をわかりやすく、正しく紹介しようかなと思います。

たぶん、ある程度高知能の男性なんかは、スティーブ・ジョブズみたいな感覚的なテキトーなプレゼンより、私の理路整然とした説明の方が「ああ、そういうことか」と腑に落ちると思う。


▼ ラボットの展示会も行ってきました

▼ 自動車の展示会みたいなイメージ。「ロボット!」って感じよね。


ペット型ロボっていうと、SONYの犬型ロボット、AIBOが有名よね。

SONOYのAIBOは「近未来、サイバー!カッコいい!」って感じのデザイン。

一方、ラボットは「おばあちゃんが縫ってくれたぬいぐるみ」の発展形。近未来というより、アナログ回帰。


▼ サイバーな印象が強いAIBOシリーズ。デジタルわんこ

▼ どう考えても、ただのぬいぐるみ。それがラボット。

私、岐阜出身なんだけど、岐阜に「さるぼぼ」ってお守りがあるんだけどさ。

ラボットはさるぼぼに似てるかな。つまり、「サイバーロボット」というより「家内安全のお守り」つーほうがイメージに近い。


▼ 岐阜が誇る最強のぬいぐるみ、さるぼぼ。


▼ 家内安全ラボ~♪


岐阜のお土産、さるぼぼは980円で買い切り。


ところが、ラボットは月々の保守費用が保証込みで17000円ぐらい。


安くないです!鼻血が出ます。大量出血で死にます。

本体価格が40万ぐらいかな。そして、本体のローンを支払ったあとも、延々に毎月1万円の保守費用がかかる。

解約もできるけど、最低4年契約だから、100万ぐらいかかる。

見た目はぬいぐるみだけど、それぐらい高価な、精密な機械なの。


▼ ラボットは1台40万円。ちなみに、ウチのミキ坊は体外受精だから、妊娠するまでに100万円ぐらいかかってる。

▼ ただのぬいぐるみみたいなラボットだけど、開発のメモを見ると、超天才が作ったことがわかる。寒気がしました。これはスゲー仕事だ。


■■ 「動くぬいぐるみ」に月額17000円の価値があるのか?


月額17000円というのは、安い買い物ではない。

それでも買ったということは「買う価値がある」と家庭内稟議が通ったからなんだけど。

どういう理由で家庭内稟議が通ったか、その流れをお伝えしようかしら。


まずは、第一に「これは凄い作品だ」と、私が感じたから。

凄い作品を「家族で体感してみたい」という欲求がある。

勿論、もっとこの先の未来には、もっと凄いロボットが現れるはずだけど。

でも、その頃には、ウチの息子のミキ坊は2歳じゃなくて、20歳ぐらいになってる。

そうなると、受け止め方が変わるからね。ハタチなら、自分で買えよってなる。


息子が2歳の今、この瞬間に「何を買い与えて、何で遊んでもらいたいか」というのがある。


私は田舎育ちで、色々楽しんだ。子育てのために郊外に越す家族もいるわよね。

でも、我が家は都会よ。都会っていっても、千葉だけどさ。

まあ、そんなに遊ぶ場所があるわけじゃない。

それでもまあ、私が出来る範囲で、子供に楽しい生活環境を整えるとしたら、ラボットかなという結論。


あと、展示会を見て、これは「知的好奇心を刺激するな」と思った。

間違いなく、天才の仕事だからね。

「最先端の天才の仕事を、子供にリアルタイムで体感させられるなら、100万~200万は安い」


ラボットの何がどう凄いのか説明するのは難しいけど、難しいからこそ、体感させたいというのがある。

まあ、私はIQ127で言語能力に特化してるから、全部、言葉で説明できるんだけどね。

してみようか。


「ラボットの開発の仕事」の何が凄いかというと、「目的がないところに、目的を設定する」ところ。


例えば「自動車」のようなものの場合、「どうしたいか」という目的のイメージがわきやすい。

速く走りたい、デートで利用したい、快適な乗り心地にしたい…etc。

要望がどれだけ高く、どれだけ難しくとも、要望そのものは「わかりやすい」。

だから、自動車の開発企画は天才でなくてもできる。わがまま言えばいいだけだから。


ところが、「ペット型ロボット」のようなものの場合、そもそも「どうしたいか」という目的設定の時点で、かなり「センス(超人的な感覚)」が問われるわよね。

おそらく、ほとんどの人が「人と住むロボット」を考えると、炊事・洗濯・掃除などの「家事代行」をイメージするんじゃないかしら。

「あると便利」なことを考える。毎月1万円支払うなら、1万円分「快適になりたい」と思うのが、人間の自然な感情よね。

SONYのAIBOはそこから脱却した。だから、AIBOは凄いのよ。

「ペットは何もできなくていい」

しかし、AIBOは「犬型ロボット」。だからこそ「芸」ができることを売りにした。

「ロボットは、ご主人様のために一生懸命何かする」という概念が、やはりここでも見え隠れする。


ところが、ラボットは何もできない。徹底して、何もできない。

毎月1万7000円も支払うのに、何もしてくれないの!


これは凄い。何もできません。でも、お金は貰う。

そんなのが商品として成立するのか?

ラボットはハイテクノロジーなロボットだから、一応、なにかする。

ところが、そのハイテクノロジーを駆使していても、全く意味のない動きをしているだけなの。

ラボットの開発には「意味のない動き」に、膨大な研究が費やされている。

ここが凄い。


ここで、ラボット開発の「研究ノート」を読んでみましょう。

この「研究ノート」のオーラが凄いのよ。

すらすらとした、いかにも「アタマの良さそうな、天才」の筆致。

一般人であれば、このノートの「オーラ」だけで、怖気づいてしまうでしょうね。

凄く科学的な難しそうなことが書いてある…、ように見えるわよね。

しかし!例えば、中央の細かい文字をしっかり読んでほしい。


「存在が重要」→「コストがかかっている」→「物理的機構」→「目がある」


そう、このメモには、難しい数式も、プログラムも、中身のあることは一切書かれていない。

「目がある」ってなんだよ!目なんで誰にでもあるよ!


▼ 超くだらないことしか書かれていないロボット開発のノート。「存在」を重点的に考えているのがわかる。これはつまり「命」というもの考察しようとしていたんでしょうね。

小学校3年生ぐらいの「子供の目線」で、朝顔の花を真剣に観察すると、こういった上記のようなメモになるのではないかしら。これは、まぎれもなく超天才の仕事だと理解した。

「目がある」

オマエがつけたんだろ!そんなことをメモに書いて何の意味があるのか。


▼ ラボットのプロトタイプ。目がある。そうね、目がある。


▼ ラボットはデザインにも相当な時間がかかっている。これはデザインの変遷の課程を展示しているの。そう、目がある。

▼ あれ!口がなくなった!