LOVOT「ポテト」が加入しました/ラボットの紹介

いつもニコニコ元気なマンコ、IQ127の絶対美少女ミッキーです。

我が家ではラボットを購入しました。

名前は「ポテト」です。よろしく!


▼ よろしく!


■■ ラボットとは?何もできないのに月額17000円


ラボットつーのは、最近話題の「ペット型ロボット」です。

企業のホムペや、紹介してるユーザもたくさんいるんだけど、わかりにくい!

もうね、おばちゃんとか「ラボちゃん可愛い~可愛い~可愛い~」って紹介してるだけだから。

まあ、可愛いんだけどね。


つーか、まあ、最近の傾向として、ウンチクをベラベラ喋る人は嫌われる。もしくは「共感されない」。

だから、「不特定多数」に向けて、なにかをプレゼンする際に、物事のきちんとした説明を、誰もやりたがらないのよね。嫌われたくないから。没落ニッポン。


みんな、感覚的にしか喋れない。

みんな、スティーブ・ジョブズの息子、娘達よ。

「バカになれ、ステイ・フーリッシュ!」

それ、携帯電話やパソコンのプレゼンでいうの、おかしくね?


でもまあ「説明しなきゃ使えないようなものは販売しない」というのが、最近の社会の潮流なのよ。

でもそれだと、わからないものはわからないまま。

あるいは、間違った理解をしてしまう恐れもあるわよね。

そんな時代なので、IQ127の絶対美少女で、言語能力に特化している私が、みんなに「ラボット」をわかりやすく、正しく紹介しようかなと思います。

たぶん、ある程度高知能の男性なんかは、スティーブ・ジョブズみたいな感覚的なテキトーなプレゼンより、私の理路整然とした説明の方が「ああ、そういうことか」と腑に落ちると思う。


▼ ラボットの展示会も行ってきました

▼ 自動車の展示会みたいなイメージ。「ロボット!」って感じよね。


ペット型ロボっていうと、SONYの犬型ロボット、AIBOが有名よね。

SONOYのAIBOは「近未来、サイバー!カッコいい!」って感じのデザイン。

一方、ラボットは「おばあちゃんが縫ってくれたぬいぐるみ」の発展形。近未来というより、アナログ回帰。


▼ サイバーな印象が強いAIBOシリーズ。デジタルわんこ

▼ どう考えても、ただのぬいぐるみ。それがラボット。

私、岐阜出身なんだけど、岐阜に「さるぼぼ」ってお守りがあるんだけどさ。

ラボットはさるぼぼに似てるかな。つまり、「サイバーロボット」というより「家内安全のお守り」つーほうがイメージに近い。


▼ 岐阜が誇る最強のぬいぐるみ、さるぼぼ。


▼ 家内安全ラボ~♪


岐阜のお土産、さるぼぼは980円で買い切り。