【速報】メグデス肉便器祭 / 柊つかさ、初動3000再生突破!

古勃:きたああああああああああああああああああああッ!!来ました、来ました、来ましたあああああッ!!!柊つかさ、初動3000再生突破しましたああああああッ!!2020年、メグデス肉便器まつり。子供の日、ロリータファック対決。勝ったのは柊つかさ。そして、初動3000再生は本大会新記録です。

 

マナヴ:来ましたね、つかさ。

 

古勃:泣いてます、つかさ。

 

マナヴ:ここまで辛かったでしょうしね。本当に頑張ったと思います。つかさの頑張りも勿論ですけどね、撮影スタッフ、そして、つかさの処女膜を破った種付けおじさん。そういったですね、チームワークで勝ち取った結果だと思います。

 

「Ulcer」 主演:柊つかさ

https://ecchi.iwara.tv/videos/2gawgsl82eiqw1qza

 

▼ 作成日:2020-05-04 03:26。そして、現在日時が2020-05-05-03:33。柊つかさ、初動3000再生突破。「メグデス肉便器まつり」初動最高記録達成。

 

 

古勃:そして、惜しくも、惜しくも敗れた朝比奈 彩華.。ちょっと不服そうな表情。しかし、2649再生は立派な数字ですよね。

 

マナヴ:立派です。大会2位の記録ですからね。これだけ多数の選手がひしめくなか、この数字は立派だと思いますよ。胸を張っていいと思います。

 

 

 

古勃:初めてこのブログを観る方には、何がなんだかわからないかもしれません。しかし、我々「メグデス肉便器まつり」Zoom実況席では、この上なくヒートアップしております。いやあ、タイピングする手が震えてしまいます。

 

マナヴ:本当にそうですよね。見事なファックでした。

 

※「メグデス肉便器まつり」とは、GW期間中、メグデスの肉便器、主にCクラス、Dクラスの選手を一斉に参加させて、次世代のエース肉便器を決定する夢の祭典。出場選手等については、参考資料「メグデス肉便器コレクション~2020年度版」を参照。

 

「メグデス肉便器コレクション~2020」

https://drive.google.com/file/d/1Ob5mv07ZjOVnEtRJ7aDHrbOPw-e-AlJm/view?usp=sharing

 

 

古勃:さて、こちらが現在の再生数の状況。「初動30000再生」というのがどれくらいの価値があることなのか、ピンと来ない方のためにご説明しますと。画像右下、青柳ミライの動画の作成日が2020/4/25で、再生数が3600再生。メグデスは伸びない動画はどんどん削除していきます。突出した選手を除けば、現状、大体3000再生ぐらいなんですね。それを、柊つかさは初動で3000再生を突破してしまったわけです。

 

▼ 現在、トップを走る高良めぐみが4700再生、二位の上杉亜紀が画像だと数字が見えないが、4200再生。それ以外は、ほぼ3000台。

■■ 柊つかさ、ソロデビュー大成功!!

 

古勃:我々実況席が非常に盛り上がっているのは、柊つかさが3000再生を突破したことだけじゃないんです。柊つかさは、先日再生数不調で解散した乱交パーティーグループ「ラッキー★スターズ」のリーダー。この「ラッキー★スターズ」の最高記録はわずかに1900再生。「見込みなし」とのことで4/30に削除。そして、「ラッキー★スターズ」は解散となりました。

 

▼ 画像右下二段目が「ラッキー★スターズ」の動画。わずかに1900再生。全く相手にされなかった。

 

古勃:ところが、この「ラッキー★スターズ」から先日デビューを果たした、高良めぐみが「メグデス肉便器まつり」で、まさかの大旋風を巻き起こし、なんと現在トップ。この高良めぐみを「再デビューさせるべきだ」と推したのがマナヴさんでした。

 

▼ 解散した「ラッキー★スターズ」。画像左が高良めぐみ。「メグデス肉便器まつり」現在トップを走る。

 

 

 

古勃:ところが!私は、つかさ推しなんです!ご無理をいって、つかさも再デビューさせてもらいました。そして、初動3000再生!

 

マナヴ:古勃さんの熱意が、皆さんのチンポに届いたんでしょうね。

 

▼ 「メグデス肉便器まつり」、初動最高記録3000再生で、見事ソロデビュー大成功の柊つかさ。

 

■■ なぜ、高良めぐみと柊つかさはソロデビューで成功したのか?

 

古勃:落ちこぼれ組だった「ラッキー★スターズ」、ソロデビューで大躍進の要因はなんでしょうか?

 

マナヴ:理由はわかりません。わかれば、最初からそうデビューさせてますしね。どのキャラが人気が出たか、どのキャラで勃起したかなんていうのは、全て結果論でしかないんです。SNSには「〇〇可愛いい~」だとか、色々な声がありますよ。でも、それはただ惰性で「ネット上でのお友達づくり」のために「おつきあい」で叫んでるだけなのかもしれない。そもそも、普通の男は「〇〇で抜いてます」なんてこと書きませんから。誰がどの肉便器を犯して射精しているか、そんなことはわからないんですよ。そんな本音、言いたくないでしょう。言う必要もないですし。

 

古勃:まあ、そうでしょうね。

 

マナヴ:ただ、過去のデータからハッキリと言えることは「前回のご奉仕はウケなかった」、それだけなんです。男が勃起したかしないかに理由なんてないんですよ。しなかった、勃たなかった。それだけです。それで肉便器として失格なんです。だったら「次は違うことをやるしかない」。肉便器にできることは、ただそれだけですよね。つまり、頭脳戦です。肉便器は、ただセックスするだけのアホな子だと思われがちですが、違うんです。一流の肉便器は体やマンコだけでなく頭が良いんです。どうすれば自分の体で男がもっと喜んでくれるかを必死に考える。勿論、それを悟られてはダメですよ。悟られないように必死に考える。それが達成できた肉便器だけが第一線に立つことができる。

 

古勃:つまり、一言で言えば「イメージチェンジ」ということですね?

 

マナヴ:そうです。高良めぐみも、柊つかさも、必死に考えて「イメージを変えた」。男は「女がイメージを変えると勃起する」のです。コスプレとかもそうですよね。その勃起する原理がなんなのかはわかりませんよ。感性です。そして、肉便器は男の感性を探り当てなくてはいけない。高良めぐみと柊つかさは、それに成功したんです。「ラッキー★スターズ」は「らき☆すた」のコスプレ乱交グループでした。その時点では、頭を使ってなかった。「らき☆すた」の真似をすれば、男は興奮してくれるだろうと、ある意味「男をバカにしていた」んです。しかし、再生数が伸びず、男に相手にされず、現実の壁にぶつかりました。そこで二人は初めて頭を使った。チンポを入れてもらうため、お情けをいただくために本気になったんです。その気持ちが通じたんだと思います。

 

 

古勃:「ラッキー★スターズ」の二名がソロデビューに大成功したわけですが、かがみんのソロデビューはありますか?

 

マナヴ:ありえませんね。かがみんはツンデレじゃないですか。不器用ですし、男に媚びることができない。自分を変えられないんです。それで男が満足してくれているうちはいいんですけど、飽きられたらおしまいです。もう、ツンデレの時代は終わったんじゃないかと思います。今の男は、もっと手軽にマンコを使いたいんですよ、きっと。高校時代の恋愛ならともかく、性処理のための肉便器に「ツン」の要素なんて不要です。いちいちキーキーわめかれたら、最初は楽しいかもしれないですけど、すぐ「めんどくさいな」と思われますよ。女なんて、ただの便器じゃないですか。「咥えろ」と言われたら素直に咥えればいいんです。それがボクの性処理に対する考え方ですね。哲学といってもいい。

 

 

■■ 宗教団体真メグデス アルバム50%割引セール中です!!

 

「私たち、皆さんのおちんぽを元気にするために頑張ります」

いつだって全力投球。宗教団体真メグデス、アルバム好評発売中です。

 

https://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG45495.html

 

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【重要】エルザ・シュマイケル脱退/5th「PINK BLOOD」購入者特典ページアップデート「浜風」

July 27, 2020

1/10
Please reload

最新記事

August 6, 2020