淫語ボカロ団体、宗教団体真メグデス6年の歴史を総括。「Biography」ページを大幅更新しました。

March 21, 2020

こんにちは、メグデス事務局です!ここのところ立て続けに2枚のアルバムをリリースしたメグデスですが、皆さんご購入いただけましたでしょうか。販売ページはコチラ

 

▼ メグデス、しばらく宣伝活動に注力します!目標、あと30枚!

さて、「6年の歴史を総括」とタイトルにあります通り。事務局側でメグデスの活動の歴史をHPの「BIO」のページにまとめさせていただきました。メグデスの今期の目標は「アルバム1枚発売、アルバム累計売上100枚を目指す」でして。既に、今年はアルバムを2枚リリースし、こちらは目標達成。よって今期、これからは発売したアルバムのプロモーションに注力していきたいと思います!

現在、累計70枚突破!皆さん、ありがとうございます。目標まであと、30枚。頑張りたいと思います!

ミッキーさんは子育てもありますので、しばらくレコーディング活動は休憩ということになります。サクラコさんは何かやるかもしれませんが。

 

▼ メグデス、サイトを整備します!

プロモーションと一言にいっても色々ありまして。ミッキーさんのようにSNSで近況を報告しつつアルバムを紹介するのも宣伝ですし。また、メグデスの宣伝の主力である「エロPV作成」なんかもあります。販売ページを整えたりするのも大切ですね。とにかく、色々あるんです!

事務局側がこれからやろうと考えているのはサイトの整備です。整備するのは、まず「購入者特典ページ」の充実ですね。これは、アルバム付録の歌詞カードPDFのリンクから入る、アルバムご購入者のみが閲覧できるページでして。公開を停止した動画、また、アルバム収録曲のデモバージョン等を掲載しています。

メグデスにとってもっとも大切なのは「ご購入者の方」なので。まずは、買っていただいた方に満足していただけるよう努めます。

 

▼ 歌詞カードにあるリンクをクリックしてください。見落としていた方も、ぜひ観てくださいね。

特典ページは、不定期ながらアップデートしていく予定です。特に売り上げが伸びているアルバムについては、しっかりと作りこんでいきたいと思います。やりだすとキリがないんですけどね…。

 

 

▼ メグデス、「BIO」ページを整備します!(しました!)

 

「BIO」ページは、わりと閲覧者が多くてですね。まあ、得体のしれない集団なので「なんだろう?」と思うんでしょうね。あまり重要ではないと思い、これまではサクラコさんのサラっとした文章とアルバムの広告掲載していただけだったのですが。

「どういう団体なのか?」と興味を持っていただいた方のために、メグデスの全てがわかるように駄文ながら、つらつらと色々書かせていただきました。長すぎですか?私も、スマホで読んで大変でした。でも、見やすさよりも、事実を記述することを優先しました。

というのもですね、メグデスのファンの方、あるいは、メグデスが気になってる方の中には、我々と同じようにボカロ活動、あるいはバンド活動をされている方が多いんじゃないかと思うんですよね。

そういう方々が「再生数を伸ばすにはどうすればいいんだろう?」「アルバムを販売するにはどうすればいいんだろう?」と疑問に思うことがあるのではないかと。

「手順」は調べれば、すぐにわかるんです。ところが「ぶち当たる出来事、悩み、そこでどう決断すればよいのか?」というのは、どこにも書いてないんですね。そして、発生する出来事というのは、そんなに単純ではありません。

最初は我々も単純に「動画の再生数を伸ばそう」とやってきたわけですが。再生数が伸びたところで何も起きなかったんですよね。本当に、何も変わりませんでした。お金も入りませんでしたし、気持ちも、むしろ、数字を達成する前より落ち込んでいたかもしれません。

「何も起きないんだ」

ただ、その現実があるだけです。結果、ミッキーさんやジャイアントさんは不貞腐れてSNS依存症にかかりました。いや、前からそうでしたけど。そこから、立ち直ってアルバム発売に至るのですが。発売前はネガティブな空気もありました。

「どうせ売れるわけない」

でも、現時点で70枚。これが多いか少ないかは、人によって印象は様々でしょう。でも、売れたんです。6年前はニコ動で100再生~200再生。ただ、それだけのグループでした。でも、そこから6年かけて、聴いてもらえる場所が見つかって、そして、メグデスを気に入ってくれる人も見つかって、累計100万再生(FC2アダルト)、そして、累計売り上げ枚数70枚に到達したんです。これは世間一般的な「成功事例」のようなものではないんですけど、間違いなく、成長事例だと思います。

メグデスより、もっと運や才能や実力があれば、もっと良い結果を出すこともできたかもしれませんが。しかし、何もやらなければ、何も変わらなかったし。やめていたら、そこでおしまいでした。

でも、続けていたから、次の課題も見つかるし「今日も頑張ろう、明日はこれをやろう」となるわけですよね。6年、メグデスをやってみてですね、そういう気持ちになれることが、何よりも一番大切だなと。そうしたことが、メグデスを見ていてくださる方に伝われば良いなと。ネットは、何かとネガティブな思考に陥りやすい場所ですからね。参考にしていただければ幸いです。

 

▼ 運や才能や実力にも色々ある

メグデスを6年やって思うのは「運や才能や実力にも色々あるな」ということです。冒頭で「バンドの宣伝活動にも色々ある」と書きました。事務局は宣伝したりお金の管理をするのが仕事なんですけど。では「宣伝の運、宣伝の才能、宣伝の実力」って何かなと考えます。

もし、私に「宣伝の実力」があるならば、メグデス以外のどんなバンドをプロモーションしても、一段階、二段階ひきあげられるはずですけれど。それに、「宣伝の実力」といっても「アクセス解析の実力」と「魅力的な文章を書く実力」と「適切な場所にお金を投資する実力」というのは、全く別々の能力ですよね。会社のお仕事であれば「これをやりなさい」と指示があって、それをやって、それができれば「実力がある」ということなんでしょうけど。しかし、多数のことを一人でやる場合は、もう、わかんないですよね。やってみなければわからないことだらけなので、タスクに優先順位もつけられませんし。

冒頭で「購入者の方を最優先に考える」と申しましたけど、その考え方が正しいのかすら、全くわかりません。私は今日、三連休を使って、こうしてホームページに駄文を書いたり、サイトを修正したのですが、もっと別のことをやれば、もっとメグデスが売れるのかもしれませんよね。でも、わからないんですよ。「シュレディンガーの猫」じゃないですけど、蓋を開けてみないとわからないんです。でも、開けてみれば「わかる」のです。なので、結果云々よりも、「開けることの楽しさ」を大切に、これからもメグデスのメンバーと共に頑張っていこうと思います。

 

▼ メグデスは6年間、色々なことで悩み、考えてきました。「このモデルでいこう、このモデルじゃダメだ」とか、もっと細かくいうと「この髪の色じゃダメだ、この眉毛の角度じゃダメだ」ですとか、そういうレベルでもイチイチ悩むわけですよね。もはや、私達は音楽をやっているのか、何をやっているのか、さっぱりわかりません。それら全てにイチイチ、運だの、実力だの、才能だのの話をしても意味がないなと思います。もう、こうだと決めてやるしかないし、出すしかない。でも、そういう「悩みと決断の積み重ね」が、実に面白いなと感じます。

 

久々に長い文章を書いてしまいました。

それでは、引き続きメグデスをよろしくお願いいたします!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ドラマ「鋼鉄の亀頭」大幅更新 /「秋葉原無差別殺傷事件」と「ネガティブ・キャンペーン」の関連性等の説明

July 4, 2020

1/10
Please reload

最新記事