「タピオカ否定の嵐」を受けて決意したこと~私は逆に張る

今日は、色々考えさせられることがあって。まあ、大したことじゃないんだけど、私にとっては大したことだった。

マストドンで、徹底的にタピオカをバカにされたのね。

それが「悔しい」と思うと同時に「どうしてコイツら、流行を否定することに対して、ここまで面白がれるんだ?」つーさ。

いわゆる、「陰キャ」の性格の悪さを痛感したつーか。

▼ 私はタピオカの大ファン

下記の記事は、2018年10月のもの。

私はタピオカミルクティーの大ファンで。

上野を散策したときに、台湾デザートが好きになって。

そのことを、たびたびマストドンに投稿していたの。

今は毎週、新小岩に鍼治療に通ってるから。

新小岩で毎週タピオカジュースを飲んでる。

そんなタピオカミルクティーが流行ったつーのは、私にとって嬉しいことで。

タピオカのお店は台湾人がやってることも多く、私は勿論、台湾も好きよ。

去年の年末は台湾に行って、本場の台湾デザート、タピオカも食べた。

私と同じようなタピオカファンがいて、嬉しかったり。

そう、タピオカミルクティーは美味しいのよ。

▼ マストドンで、突如として起きた「タピオカ全否定」

これは雑誌記事なんだけどね。まあ、ワザと炎上目的つーのもあるんだろうけど。

「バカ女がゴミのように群がる」ってなんだよ?

まじで、すげーカチンとくる。

まあ、炎上目的つーのもあるんだろうけど、そりゃねえだろうつーさ。

例えば、「行列ができるラーメン屋」に対して「バカ男が群がる」って記事を書いたりする?

書かないでしょう。「店主のラーメンにかける熱い情熱が~」みたいな書き方するじゃん。

でも、タピオカだと「バカ女が群がる」なのよ。

日本のラーメンはリスペクトするけど、台湾はバカにするつーさ。

あるいは、「女だからバカにする」なのか。

いずれにせよ、「ラーメンはバカにしないけど、タピオカはバカにしてよい」つー流れには、何かバイアスの存在を感じるのよ。

私は「差別」に敏感な人間。まあ、敏感すぎるのかもしれないけど。

いずれにせよ、人種差別とか、趣味嗜好を差別されるのがすっごく嫌いなのね。

私は「メタル、ハードロックが好き」なんだけど。

大学進学で上京してきたときに「ジュディマリ、イエローモンキー」、あるいは「テクノ・グランジ」のファンに、メタル好きであることを徹底的にからかわれたことがあって。

上手く言葉に表現できないけど、「テクノ、グランジ好き」は「オシャレで趣味が良い」、そして「ハードロック好き」は「頭おかしい」みたいな扱いだった。

当時は、我慢して合わせてたけど、めちゃくちゃ傷ついたつーか。

私は、中学校~高校と「一目置かれる人間」だったのよね。変な話だけど。

だから「同年代の子にバカにされる」って経験がなくてさ。衝撃的だったわけ。

たぶん、当時、私をバカにしてたヤツらつーのは、そこまで悪気はないつーか。ホントにちょっとした冗談だったんだろうけど。でも、逆の立場になってみたら、それが凄く傷つく立場だってことがわかるはずよ。

まあ、私は、そんなことで泣き言いうような人間ではないけれど、そんなことを許せるほど寛容な人間でもないから、いつか復讐してやろうと思ってるんだけど。カート・コバーンの何がカッコいいわけ?

▼ 突如として始まる、タピオカいじり

で、何が原因かわからないけど、突然、私のフォロワーの間でタピオカいじりがはじまった。

たぶんね、ここでタピオカを否定してる人たちつーのは、そんなに悪気はないと思うの。

ちょっとした冗談つーか。

でも、彼ら彼女らの態度が「メタルをバカにする同級生の口ぶりと態度」と完全にシンクロしてさ。

私は大学時代、まさに、下記の口調そのままで、ヘビーメタルをバカにされたの。しつこく、何度も何度も何度も、ずーっとネタにされた。

私がネット上で音楽の話をするのが好きじゃない、あるいは、どうしても素直に話せないのは、その経験があるから。

↓ メタル否定派は必ずこう言う。

「高校の頃は興味あったけどね。今は何も思わなくなった」

(補足:「つまり、私の精神年齢はあなたより上だから」)」