• Twitterの社会のアイコン
"SIN-MEGDEATH" is music band was born at AKIBA since 2016.
Sex,music and masterbation is very  important culture for human.
We hope every people get the extacy from CM3D2,COM3d2 with good DTM sound.Have a nice MOD!
・宗教団体真メグデスは2016年に創設された音楽集団です。
・聖地・秋葉原にて表現の自由を掲げDTM活動を行っております。
宗教団体真メグデス公式サイト

秋葉原/台東区/megdeath.official@gmail.com

「タピオカ否定の嵐」を受けて決意したこと~私は逆に張る

 

 今日は、色々考えさせられることがあって。まあ、大したことじゃないんだけど、私にとっては大したことだった。

マストドンで、徹底的にタピオカをバカにされたのね。

それが「悔しい」と思うと同時に「どうしてコイツら、流行を否定することに対して、ここまで面白がれるんだ?」つーさ。

いわゆる、「陰キャ」の性格の悪さを痛感したつーか。

 

▼ 私はタピオカの大ファン

 

下記の記事は、2018年10月のもの。

私はタピオカミルクティーの大ファンで。

上野を散策したときに、台湾デザートが好きになって。

そのことを、たびたびマストドンに投稿していたの。

今は毎週、新小岩に鍼治療に通ってるから。

新小岩で毎週タピオカジュースを飲んでる。

そんなタピオカミルクティーが流行ったつーのは、私にとって嬉しいことで。

タピオカのお店は台湾人がやってることも多く、私は勿論、台湾も好きよ。

去年の年末は台湾に行って、本場の台湾デザート、タピオカも食べた。

 

 

 

私と同じようなタピオカファンがいて、嬉しかったり。

そう、タピオカミルクティーは美味しいのよ。

 

 

▼ マストドンで、突如として起きた「タピオカ全否定」

 

これは雑誌記事なんだけどね。まあ、ワザと炎上目的つーのもあるんだろうけど。

「バカ女がゴミのように群がる」ってなんだよ?

まじで、すげーカチンとくる。

まあ、炎上目的つーのもあるんだろうけど、そりゃねえだろうつーさ。

 

例えば、「行列ができるラーメン屋」に対して「バカ男が群がる」って記事を書いたりする?

書かないでしょう。「店主のラーメンにかける熱い情熱が~」みたいな書き方するじゃん。

でも、タピオカだと「バカ女が群がる」なのよ。

日本のラーメンはリスペクトするけど、台湾はバカにするつーさ。

あるいは、「女だからバカにする」なのか。

いずれにせよ、「ラーメンはバカにしないけど、タピオカはバカにしてよい」つー流れには、何かバイアスの存在を感じるのよ。

 

私は「差別」に敏感な人間。まあ、敏感すぎるのかもしれないけど。

いずれにせよ、人種差別とか、趣味嗜好を差別されるのがすっごく嫌いなのね。

私は「メタル、ハードロックが好き」なんだけど。

大学進学で上京してきたときに「ジュディマリ、イエローモンキー」、あるいは「テクノ・グランジ」のファンに、メタル好きであることを徹底的にからかわれたことがあって。

上手く言葉に表現できないけど、「テクノ、グランジ好き」は「オシャレで趣味が良い」、そして「ハードロック好き」は「頭おかしい」みたいな扱いだった。

当時は、我慢して合わせてたけど、めちゃくちゃ傷ついたつーか。

私は、中学校~高校と「一目置かれる人間」だったのよね。変な話だけど。

だから「同年代の子にバカにされる」って経験がなくてさ。衝撃的だったわけ。

たぶん、当時、私をバカにしてたヤツらつーのは、そこまで悪気はないつーか。ホントにちょっとした冗談だったんだろうけど。でも、逆の立場になってみたら、それが凄く傷つく立場だってことがわかるはずよ。

まあ、私は、そんなことで泣き言いうような人間ではないけれど、そんなことを許せるほど寛容な人間でもないから、いつか復讐してやろうと思ってるんだけど。カート・コバーンの何がカッコいいわけ?

 

 

▼ 突如として始まる、タピオカいじり

 

で、何が原因かわからないけど、突然、私のフォロワーの間でタピオカいじりがはじまった。

たぶんね、ここでタピオカを否定してる人たちつーのは、そんなに悪気はないと思うの。

ちょっとした冗談つーか。

でも、彼ら彼女らの態度が「メタルをバカにする同級生の口ぶりと態度」と完全にシンクロしてさ。

私は大学時代、まさに、下記の口調そのままで、ヘビーメタルをバカにされたの。しつこく、何度も何度も何度も、ずーっとネタにされた。

私がネット上で音楽の話をするのが好きじゃない、あるいは、どうしても素直に話せないのは、その経験があるから。

 

↓ メタル否定派は必ずこう言う。

「高校の頃は興味あったけどね。今は何も思わなくなった」

(補足:「つまり、私の精神年齢はあなたより上だから」)」

 

 

 

 

 

 

↓ このねこまりちゃんってのは、私はそれなりに仲良くしてるつもりだったし。

だから「彼女は私がタピオカ好きだってのも知ってるはず」なのよね。

それなのに、率先してタピオカ否定を煽るつーかさ。ちょっと精神がわかんねえわ。

もう、色々言い始めると止まんなくなりそうだけど、とりあえずブロック。

めちゃくちゃイラつく。

オマエの下手くそな絵より、タピオカのほうが遥かに価値あるわよ!

 

 

 

 

 

▼ 否定することでアイデンティティーを確保する「陰キャ」

 

マストドンって、普段あまり何かの話題で盛り上がることってないのよね。

でも、今日のタピオカ否定の過熱は以上だったつーか。

「今が旬の話題の否定」だからかもしれないけど。

そのとき、唐突に流れてきた、全く関係ないトゥート。

 

「オタクですらない『陰』という新たな差別階級が生まれつつある」

 

 

で、ここで、ちょっと気づいちゃったのよね。

1.「リア充」つーのは、リアルの幸福を追求した人間よね。それがたとえ「見栄っ張り」であったとしても。

2.「オタク」つーのは「創作すること、あるいは、創作物の鑑賞の楽しみ」を追求した人間よね。

 

でも、現在「2」に当てはまらない「ヲタ」つーのが、ほとんどだなつーか。

これが、いわゆる「陰キャ」と呼ばれる存在。

「陰キャ」はたしかに、ゲームやったり漫画読んだり、あるいは、ちょっと創作してるんだけど。

そこまで熱心ではないつーさ。

 

3.「陰キャ」… 自己愛が高めで、他者は愛せない(他者を否定したがる、メンヘラ)

 

まあ、誰だって自己愛は高いし、誰だって他者を否定したがるとは思うんだけど。

濃度の違いがあってさ。

ここで「タピオカ」の例をあげるんだけど。

 

「1.リア充」や「2.オタク」つーのは、「タピオカ」を否定することに、そこまでこだわらないのよ。タピオカを否定したってリアルは充実しないし、タピオカは二次元作品ではないしね。

でも、マストドンでは「タピオカを否定する」つーことが「楽しいこと」として、ちょっとしたお祭りになるわけ。これが「陰キャの本質」ではないかと。

 

ここに気付いちゃったのよ。気づいちゃうと、ホントに気になっちゃってさ。

 

 

 

▼ そして、私は逆に張る。

 

まあ、世間がタピオカを肯定するか否定するか。それはともかく。

私は「メグデス」というバンドを率いるアーティストなの。

(※ 真のリーダーはサクラコですが)

私は、次の時代を切り拓く必要がある。切り拓きたい。

 

アーティストに最も大切なのは「信念」なんだけど。

今の時代、何を「信念」として掲げるべきか。

これがメンバーの中で固まらなくて、メグデスはもやもやしてるんだけど。

目指すべきは「ここではないどこか」みたいな。

なんか、ダメなのよ。ハッキリしないの。

 

でも、メグデスがやりたいことつーのは「リア充」でも「オタク」でも「陰キャ」でもないの。

つまり、既存のネット上にある「ありふれた思想」に対しては、積極的に「逆に張ろう」と思ってる。

その先に何があるかはわからないけど、「リア充」にも「オタク」にも「陰キャ」にも同調できないんだからしょうがない。

 

とにかく、私は逆に張る!

 

今はそれしかできないけど、それを続けた結果、今までにない「特別な思想」、今までにない「特別な芸術作品」が生まれるのではないかと思ってるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

サイトの一部ページ、ならびにメグデス動画一部、非公開化のお知らせ

November 26, 2019

1/10
Please reload

最新記事