関東最強、美しき千葉を行く / ミッキー探索記

全国の皆さん、これが千葉です。

▼ そう、これが千葉の姿。

名前は知られてるけど、その特徴や実態は知られていない。

実態は知られていないのに、なぜか小馬鹿にされる。それが千葉。

地方の人々だと、千葉、埼玉、茨城あたりは「なんとなく、どこも同じ」ような印象でとらえているのではないかしら。

でも、田舎なのか、あるいは発展しているのか、イメージがよくわからないでしょ?

そんな千葉の「真の姿」をリポート。

千葉、埼玉、茨城は「東京のベッドタウン」。

地方にも「ベッドタウン」というのはいくらでもあるけど。「日本最大の都市、東京のベッドタウン」というのは全く意味が違う。

東京は「大都市」であって、とにかく企業の数が多い。働いている人口数は莫大。

その「ベッドタウン」である千葉、埼玉、茨城は「金を持っている」わけ。

だから、とても発展している。

ただし、「発展」の「意味・方向性」が違う。

「東京、大阪、名古屋」は「ビジネス」が発展する。

「千葉、埼玉、茨城」は「居住区」として発展する。

例えば、東京には「最先端のファッション(=ビジネス)」が展開されるわけだけど。

ベッドタウンには「最先端のショッピングモール(=居住区)」が展開される。

最先端の品物が手に入るのは東京だけど、家族で買い物しやすいのはベッドタウン。

「最先端の品物を仕入れ・販売」する点では、東京のほうが発展してるけど。

「家族が気持ちよく休日を過ごす施設」は、ベッドタウンのほうが発展してるわけ。

「東京のほうが発展してるから、全て東京のほうが綺麗」ではないのよ。

「東京の方がビジネスは発展してるから、オフィスビルは綺麗。でも、居住区はベッドタウンのほうが発展してるから、アパートやマンションはベッドタウンのほうが綺麗」となる。

つまり「日本でもっとも住みやすくて綺麗なアパートやマンション」は「日本最大のベッドタウン」である「千葉、埼玉、茨城」にあるの。

そう、そして「日本で最も美しいベッドタウンは、千葉」なの。

意外でしょう?

▼ 千葉ならではの「横に広いマンション」。

タワーマンションのほうが「カッコイイ」わけだけど、住み心地や耐震性は勿論「低い」ほうが良いに決まっている。エレベータ待つことないし。周囲に高い建物がなければ、高層マンションじゃなくても見晴らしは良いわ。

▼ 超デカイ、立派な老人ホームも千葉ならでは。

▼ マクドナルドも、都心よりも千葉のほうが当然、発展している。

綺麗だし、子供たちが遊ぶスペースがある。少子化が叫ばれているけど、千葉は小・中学生の子らの利用者もとても多い。

▼ 景色がとても美しいのが千葉の大きな魅力の一つ。

千葉は自然を「居住区」の中で綺麗に維持・保存・管理してきたの。

岐阜出身の私から見ると千葉の風景には「自然のたくましさ、泥臭さ」は抜け落ちている。

でも、「自然のすがすがしさ、爽やかさ」はしっかりと残っている。

むしろ、管理されているぶん、部分的には「田舎より綺麗な自然」が残っていたりする。