メグデス近況報告/「火事と喧嘩はSNSの華」

ホムペのアクセスがまた落ちてきちゃってさ。

私は、メグデスの広報担当でもあるから、ちゃんと集客の企画を立てないと。

■ カスタムキャスト流行はメグデスに好影響なし

マストドンでカスタムキャストが流行ってるのは、完全にウチの流れだと思ったんだけど。

マナヴが企画・経営する「ミッキーみるく」は、何せ100人以上在籍だし。

ウチのサイト、実はグーグル八分に合っていて、グーグル検索では引っかからないのよね。

5ちゃんだとかで揉めたときに、通報されたのかなと思うけど。

以降、結構集客では伸び悩んでて、あれこれ工夫はしてんだけど。

なかなか以前のように集客できなくなった。

一時的に伸びるときはあるんだけど、2017年のように安定しないのよね。

■ 火事と喧嘩はSNSの華

最近の記事だと、ザボテクとの闘いが一番アクセスあったな。

ザボテクならびにBOSSの影響は結構大きいつーか。

【参考】

【マストドン戦況報告】ザボテクVSメグデス

SNSつーものの本質が「ご近所づきあい」だから。 やっぱ「揉めごと、ケンカ」が一番盛り上がるんでしょうね。 ツイッターがケンカだらけになるのもわかる気がするわ。 ケンカが一番のコンテンツつーか。 「火事と喧嘩は江戸の華」とはよく言ったものだわ。

■ 騒ぎ続けるのは難しい

我々は宗教団体だし。メグデスの思想・芸術を世に広めて世界平和に貢献しなきゃいけないんだけど。そのために「喧嘩しなきゃいけない」つーのは皮肉よね。

ところが、ネットつーのは、やっぱり「炎上」が一番人が集まるのよ。

これはもう2年ブログやって痛感した。

ウチの本筋の音楽も、いまいち現状を打開できる何かが見つからないし、何か考えないとな。

「騒ぎ続ける」つーのは、結構ムズカシイのよ。 もうちょっと音楽・ボカロが流行ってくれれば、そっち一本に集中できるんだけどな。 もう両方とも完全に死に体だしさ。

つーより、ジャイアントが全然録音したがらないのよね。

「もうちょっと練習させてくれ。もう少しでカタチになりそうなんだ!」って言って。

もともと「メグデスの音楽活動休止・ならびに練習期間は1年」という予定で、8月からは活動再開する予定だったんだけどね。結局、まだ1曲「マリア」しか発表できてない。

まあ、おかげで「ジム通い」つー新しい趣味も見つかったけど。

方向性や覚悟が決まらないのに暴れても疲弊しちゃうから。今は待つしかないかな。

特集記事