現代ネット界の闇、マストドン「裏パウー」を徹底解説!

みんな、マストドン楽しんでる?

ツイッターなんてキモイよね。今の時代は断然マストドン。

そんなわけで、マストドンの最新情報をお伝えするよ。

今日のテーマは「裏パウー」

■ 【解説】ツイッターとマストドンの違い

ツイッターとマストドンはとてもよく似たサービスなんだけど、構造が大きく違います。

「ツイッター」のサービスは、ツイッター社がサーバーを管理しています。

そして、ツイッター社の「利用規約」に違反すると「凍結」されるのはご存知よね。

一切、ツイッターが利用できなくなってしまいます。

一方「マストドン」のサービスは、色々な企業や有志が「マストドン」というソフトを自前のサーバーで動かして運営しています。

「利用規約」は、各サーバーごとによって異なります。

そして「利用規約」に違反すると、管理者によって「サイレンス」という対応がおこなわれます。

これは、自分の投稿がフォロワー以外の他者から見えなくなる処置です。

■ 【解説】マストドンにおける「サイレンス」とは?

サイレンスについて、もう少し詳しく説明します。

マストドンでは通常「ホームタイムライン」、「ローカルタイムライン」、「連合タイムライン」の3つの領域に、自分の投稿が表示されます。

1.ホームタイムライン … 自分がフォローしたユーザの投稿が表示される。

2.ローカルタイムライン … 自分が所属するサーバーの投稿が表示される。

3.連合タイムライン … 「自分が所属するサーバーの投稿」と「自分が所属しているサーバーが連携している別サーバーの投稿」が表示される。

サイレンスされると、「ローカルタイムライン」と「連合タイムライン」上で、一般ユーザからサイレンスされたユーザの投稿が非表示になります。

一方、サイレンスされたユーザの目線から見ると、「サイレンスされた人間」の投稿だけが表示される「裏のタイムライン」が出現します。これを通称「裏」と呼びます。

例えば、マストドンJPサーバーの「裏」は「裏JP」と呼ばれます。裏JPでは、JPサーバーでサイレンスされたユーザの投稿だけが表示されます。

■ 管理者の権限が絶大!それがマストドン

巷では「マストドンは自由になんでも書き込めるツイッターのようなもの」という噂が流れています。でも、それは違うの。

マストドンの運営は「社会的な責任」が緩いので、管理者の権利が絶大になります。

日本でもっともユーザが多い三大サーバーのひとつ「マストドンJP」は「ぬるかる氏」という個人が運営しています。

そして、ぬるかる氏が「気にいらない」と感じたユーザを時折サイレンスします。

個人運営なので、サイレンスするかしないかは「管理者の気分次第」。

これがツイッターとの最大の違い。

ツイッターでは「なぜ凍結させるのか」という理由を「社会的な企業」の立場から、人々に説明しています。凍結するかどうかについてもツイッター社内で「調査・審議」があります。

そして、凍結理由もきちんとユーザに知らされます。

(凍結理由が不条理であれ、調査の精度がどうであれ、複数の人間の目線で「凍結は妥当であるか」が検討されている)

一方、マストドンでは、ユーザをBANするかサイレンスするかは、運営している管理者の気分次第。また、サイレンスやBANの理由を本人に伝えるかどうかも、管理者の気分次第。

マストドンは憲法や法律を除けば「公的なルール」というものが一切ない世界なの。

ただ、ユーザ側も、仮にBANされたりサイレンスされても別のサーバーに乗り換えればすむわけで。そういう意味では「管理者にとっても、ユーザにとっても大きな自由がある」と言えるでしょうね。

■ 衝撃の「裏パウー」

先に紹介した「マストドンJP」は、個人サーバー。

また、ぬるかる氏は精神が不安定なことで有名。なので、すぐサイレンスが発生するのだけど。

(ただし大抵の場合、ユーザの直訴等で復帰させてもらえる)

一方、日本の三大サーバーのもうひとつ「Pawoo」はピクシブ株式会社が運営する企業サーバー。