• Twitterの社会のアイコン
"SIN-MEGDEATH" is music band was born at AKIBA since 2016.
Sex,music and masterbation is very  important culture for human.
We hope every people get the extacy from CM3D2,COM3d2 with good DTM sound.Have a nice MOD!
・宗教団体真メグデスは2016年に創設された音楽集団です。
・聖地・秋葉原にて表現の自由を掲げDTM活動を行っております。
宗教団体真メグデス公式サイト

秋葉原/台東区/megdeath.official@gmail.com

次世代SNSを盛り上げるのに必要なものはAIを搭載したbot

August 27, 2018

次世代のSNSに必要なのは、進化した「AIを持ったbot」よ。
このbotは自らが童貞であることを嘆き、ニートであることを誇り、鬱病であることを告白する。

さらに、このbotは「頑張ってください」「ありがとうございます」などのコミュ障的な簡単な会話機能を持つ。
これをSNSに大量投入すれば、必ず人間が集まってくる。
今、最先端のSNS研究者の研究の焦点はそこ。
「人間は人間を求めてはいない」

 

◆ SNS依存者の発言は機械的

 

SNSでは、あるタイプの人間の発言はとても「機械的」なのよね。

 

・鬱病系
・自殺したい系
・ツイ廃

 

彼ら、彼女らの発言はまるでロボットのように形式化されている。
考えることをやめちゃってるからね。

これらのユーザの発言をAI化することは簡単よ。

そして、「類は友を呼ぶ」
「機械化」されたBOTユーザには、同じように、機械化された思考の人間がウジャウジャ集まってくるはず。

 

 

◆ SNS依存者を集めて、どうビジネスにするのか?

 

SNS依存者は「騙しやすい、行動が機械化しやすい」から、その点を突けばビジネスができる。

現在、SNSのヘビーユーザ相手のビジネスといえば「課金ゲームに加入させる」よね。

課金ゲームやってるヤツなんて、サルみたいにゲーム画面のキャプチャー繰り返し貼ってるだけでしょ。そんなのbotでもできるし。

botを使ってSNS内で、そのゲームが界隈で盛り上がってるように見せかける。

そうすれば、SNS依存者は当然、そのゲームを始め課金するんじゃないかな。

 

◆ コミュ障を騙すのは簡単

 

SNSを眺めれば、コミュ障のユーザーが求めているものは、ほぼ全てシステムで解決できることがわかる。

例えば、絵師ユーザーってコミュ障だからさ。

「他者との会話」では、極めて形式的なことしか話さないのよね。

「ありがとうございます、これからも頑張ります」

それぐらいの会話しかしない。

 

であれば、システム側で自動的にテキトーにファボつけて「あなたの絵の大ファンです」「これからも応援してます」だとか機械的なコメント付けとけば、それで快感で身悶えして喜んでくれるでしょう。

つまり、絵師が求めているものは「人間なんていなくたって提供できる」のよ。

 

◆ 「人間嫌い」はカモ

 

最後に一つ大切なこと。
「人間が嫌いなヤツは簡単に騙せる」
これは常識。

 

人間が嫌いなヤツは人間が嫌いだから、人間のことをよく知らない。

だから、思い込みが激しいし錯覚もしやすい。絶好のカモなの。
新興宗教が狙うターゲットも「人間嫌い」よ。

 

SNSも新興宗教みたいなものだからね。狙うべきターゲットも同じ。

SNS上には社会から切り離された「人間嫌い」がうじゃうじゃいる。

 

彼らを適切に「おもてなし」すれば、彼らは必ずそのネットワークに依存する。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

宗教団体真メグデス3rdアルバム「JAPAN」好評発売中!(+私事ご報告)

November 12, 2019

1/10
Please reload

最新記事