男も女も、ハタチ後半を過ぎたら婚活しろ

結婚するしないはともかく。 ハタチ後半を過ぎたら、勉強のため、まずはすぐに婚活するべき。

自分自身の市場価値をするのが大事。

学校生活だと、なんとなく自分がモテるのかモテないのかはわかるけど。

社会人になっちゃうと、自分が何者なのかを知るのは難しいの。

誰もホントのことは言わないからね。

自分にアプローチがガンガン来るうちは、まだ焦らなくて大丈夫だし。

でも、来なくなったらゲームオーバーよ。そう、ゲームオーバー。 自分の思い込みではなく、客観的なモノサシを持っておいた方が良い。

私は恋バナだとかアホらしくてやんなかったし、する相手もいなかったんだけど。

で、1人でコツコツ相手探してたけどさ、メチャクチャ苦戦したわけ。 動く前は「本気出せばなんとかなるだろう」と思ってたけど、なんともならないのよ。 小宇宙を燃やして奇跡を起こさないと結婚はできない。

婚活が上手くいかないのは「自分が特殊だからだ」と思ってたけどさ。 でも、結婚して、職場の若い子から婚活の話を聞くようになったら、全員ストレスで死んでることがわかった。

自分のスペックの高い低いは関係ないのよ。

みな、自分には「こんな雰囲気の相手が自分には相応しい」という勝手な妄想がある。

その妄想と現実とのギャップに苦しむのが婚活。

相手のスペックがどうこうより「一緒にいるときの空気」に絶望する。 社会人になると学生時代のような「恋愛の雰囲気」が作れないの。自分も、相手も。

特集記事