決勝T「ベルギーVSブラジル」/IQ127の絶対美少女ミッキーのW杯観戦記⑮

ネイマール率いるブラジルにベルギーが挑む!

ベルギーを応援していた私にとって、この試合はホントに緊張感ありました。

私は、この試合は撃ち合いになると予想していた。

でも、今大会のブラジルの攻撃には、強いインパクトは感じなかった。

だから、ベルギー有利だと判断したんだけど。

ブラジルは先制点を取られるのを凄く嫌がる。

慎重に動いて1点取ったら守備を固める。これがブラジルの戦い方のセオリー。

そう、今大会のブラジルのサッカーはわりと守備的なのよね。

イケイケどんどんで攻撃を爆発させることはない。

ただし「慎重に動いても1点先制できるだけの技術」を持っているわけだけど。

今大会、もっともセットプレイが上手いのはイングランド、そしてブラジルでしょうね。

イングランドのセットプレイは「入念な準備」によるものだけど。

ブラジルのセットプレイの巧さは「各自の個人技の巧さ」によるところが大きい。

同じ「セットプレイ」でも、イングランドとブラジルでは雰囲気がまるで違うのが面白いよね。

来ました! ベルギー爆発!

ブラジルは守備を固めつつ攻めていた。よく言えば「バランスが良い」。

でも、悪く言えば、攻めも守りも中途半端だったのよね。

結果として、攻撃に重点を置いていたベルギーのほうが攻める時間が長く、だからこその先制点。

ベルギーを止めるには、徹底的に守備を固めるか。

あるいは、ベルギー以上に攻めて、ベルギーの攻める時間を短くしなくてはいけない。

でも、ベルギーの高速カウンターが強力だから、相手チームはなかなか強気では攻められないのよね。

だからベルギーは最強。

ベルギーはパスをこね回さない。率直に、さっ、さっと、前にボールを繋いでいく。

だから、派手に動いていないように見えても、あっという間に 敵ゴールに迫る。

とても、現代的なサッカー。

ドイツの「こね回して、相手を崩す」ことを目的としたポゼッション・サッカーとは大きく違う。

「ボールは前へ、ゴールへ運べ」

このベルギーサッカーの考え方は、私は凄く好き。

ルカクのサッカーって、何か目を惹きつけられるのよね。

「デカイのに柔らかい」ってところが、凄くユニーク。

ベルギーの守備はわりとテキトーなんだけど。

それは、カウンターを返すための攻撃の線を残しているからなのよね。

一瞬にしてピンチをチャンスに変えるサッカー。

ブラジルのキックの精度はとてつもない。

しかし、ここからベルギーのカウンターがさく裂!

ブラジル相手に、前半だけで2点先取よ!

ベルギー強すぎっしょ。最高でしょう!

ベルギーは、攻めもカウンターも全て「チームプレイ」。

ブラジルは、攻めも守りも「個人技」。

この差が大きく出た。もうベルギーの楽勝よね。

…と思ってました。

後半、2点を追いかけるブラジルが遂に「攻めのブラジル」に変身。

これがとてつもなかった!

ベルギーはカウンターが持ち味だけど、守るのに精いっぱいで、カウンターが返せない。

ブラジルは個人技の集合体。だから、攻めのパターンが多すぎて、全く読めない、途切れない。

「ベルギーのチームプレイの方が上!」なんてのは、とんだ間違いでした。

完全にサンドバッグ状態のベルギー。

全く攻撃できません。もうベルギーは攻めを諦めて「守り」に専念することに決めた。

いや、もうそれしか選択肢がない状況。

2点差あるけど、あっという間にひっくり返されそうなブラジルの攻撃の迫力。

ただ一人、アザールだけは。アザールだけは闘志を失わないの。

2点差あっても、それでも点を取りに行く。猛将だわ。