予選「日本VSセネガル」/ミッキーのサッカーW杯観戦記⑬

 なんつーか、この時点では、私もごく普通に日本を応援してたのよね。

コロンビアに勝利した日本の攻撃的なサッカーはとても良かった。

でも、内容で言えば、このセネガル戦(2-2/引き分け)での日本はもっと良かった。

 

前半すぐに1点取られてしまうんだけど、その後、1点取り返す。

後半また1点取られてしまうんだけど、それでもまた1点取り返す。

そういった追いかける展開のシーソーゲームだったんだけど、日本が終始押してたのよね。

「今大会での日本は強い!」

そう確信させてくれた試合。

まあ、次のポーランド戦の談合でガッカリしちゃうんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

日本は頑張って走っているんだけど「チームとしての目的」がわからないのよね。

 

日本は「管理社会」と言われるけど、なぜ「管理社会」なのかわかる?

実は、それは「まとまりがないから」なの。

個人の考えがバラバラで、一致団結ができない。

東大生、ギャル、ヤンキー、DQN、ニート、ヲタ。

こんなのどうやってまとめるのか?

だから「社会」が個人を強く管理しなくてはならない。

 

アメリカは「個人主義」と言われるけど、なぜかというと「管理しなくてもまとまるから」なの。

逆に「個性」を伸ばさないと、みんな一緒になっちゃう。

白人至上主義だったり、黒人ヒップホップ文化だったり。わりと、社会全体が色でサラっと染まる。

「影響を受けやすい、染まりやすい」のよ。アメリカ人は、むしろ「没個性」なの。

 

で、日本サッカーつーのは、「全体主義を目指しているんだけど、個人の考えがバラバラ」であることが大きな弱点。

 

 

 そして、そんなバラバラな日本が、あっさりと一点取られてしまう。

 

 

しかし、バラバラだった日本が、一点を失って覚醒する。

「点を取りに行こう!」ということで、方向性が決まったのよね。

こういうサッカーが観たかった!

 

 

 

日本のキレのある攻めが止めきれず、セネガルがファールを仕掛ける。

 

 

 

 

 

 

 

この試合で私が一番びっくりしたのは、日本選手のフィジカルの強さ。

押されても引っ張られても、全然倒れないのよね。

「倒れないサッカー」は名手・中田英寿が提唱していたサッカーよね。

「決して倒れず、流れの中で1点を決める」

美しい考え方よね。

 

でも、現在は、ネイマールのようにワザと倒れるプレイが流行っているし。

実際、今大会もセットプレイからの得点が非常に多い。

ファールを貰ったほうが、得点チャンスは広がる。

だから、中田英寿の考えは、もう古いのかもしれない。

 

でも、ワザと倒れるのは、ファールを貰えなかった場合に、今までの攻めの流れを台無しにしてしまうし、倒れている間、ピッチ上のメンバーが減るわけだから、大きなリスクにもなる。

そういう意味では、中田の「倒れないサッカー」は再考すべき価値もあると思うわ。

 

今大会、大活躍したクロアチアのモドリッチは、まさに「取られない、倒れないサッカー」。

 

 

 

川島は、とても素晴らしいキーパーよ。

日本のサッカーファンは目が腐ってるから理解できないんだろうけど。

日本は昔から、シュートが下手くそでキーパーが上手い。

 

ただし、名キーパーというのは、スキルだけじゃなくてオーラが必要なのよね。

1点取られた場合でも「アイツが止められないなら仕方がない」という説得力がないとダメ。

 

名キーパーというのは独特のオーラがある。キャプテンに選ばれることも多い。

名手・川口能活は、スキルだけじゃなくてオーラがあったのよね。

一点取られても「川口が取られたのなら仕方がない、気持ちを切り替えよう」と思わせる説得力があった。

 

でも、川島には、そのオーラがない。でも、「オーラがない理由」つーのは、説明ができないのよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

五角以上の押し合いの中での失点。

ただし、ムードは悪くない。まだまだいけるという雰囲気があった。 

 

 

 

なんだかんだ言われても、やっぱり本田のキックは得点の可能性を広げてくれる。

これぐらいの精度でフリーキックを蹴れる選手が、もっといればね。

日本は、本田以外はセットプレイがまるでダメだった。だから、本田が投入されるまでの間は、セットプレイをとっても、全く得点に繋げられなかった。

ここが今大会の日本の最大の欠点だったわね。他の強豪チームは、大抵どこも、めちゃくちゃセットプレイが上手い。

 

 

そして、本田の絶妙なセットプレイがパシっとハマる。 

シンプルなクロス・キック。でも、これができるのが、本田しかいないのよね。

 

 

 

 

 

 

日本も良い試合をしたけど、セネガルも良い試合をした。

ところが、日本のサポーターは、敵チームに驚くほど敬意を払わない。

全体的に無礼なのよね。

コロンビアやセネガルやポーランドだとかには、全く敬意を払わない。

相手の良さを見抜けない。

自己愛が強いだけで、他者への愛がないのよね。

 

「日本人サポーターは、どうして敵チームを尊重できないんだろう?」

引っかかっていたものが、次のポーランド戦で出てしまう。

敵国に敬意を払えない日本は、強豪国ポーランドに対し、史上最低の作戦を実行するるのだ。

 

以上