予選「ベルギーVSチュニジア」/IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーW杯観戦記⑫

2018年ワールドカップ予選の「ベルギーVSチュニジア」戦は、私がベルギーサッカーのファンになるきっかけになった試合。

強いとは聞いていたけど、選手の名前もよくわかってなくてね。

だから、実況もテキトーだったんだけど、ホントに凄い試合だった。

ベルギーも凄かったけど、チュニジアも良かったの。

点差は開いちゃったけど、でも、ベルギーのスピードとパワーに対して真正面からぶつかってさ。

最後まで「この野郎!」って死力を尽くして男らしかった。

ベルギーは予選のほうが動きが良かったんじゃないかしらね。

ワールドカップは試合数が多いからね。体力と集中力を維持するのは大変だと思う。

チュニジア戦でのベルギーが、一番ベルギーらしかったんじゃないかな。

たださ、いかんせん、当日の私の実況がテキトーすぎて、読み返してもどんなサッカーだったのか思い出せない。つーか、あまりの迫力にびっくりしちゃって、表現が追いつかなかったの。

めちゃくちゃ動きが速くて、力強い。

液晶テレビの向こうから「バチン!バチン!」という音が聞こえてきそうな。

勿論、観なおせばいいんだけど、サッカーってリアルタイムで観ないとダメなのよね。

でも、すっごく興奮する試合だった!

とにかくベルギーは速い!

あっという間にゴール前までボールを運ぶ。

ポゼッションサッカーでは、中盤がボールをキープして「タメ」をつくるよね。

でも、ベルギーは、中盤でボールをこねまわさない。

3回パスをまわしたら、もうシュートなの。この動きが整理されてるから、めちゃくちゃ速い。

サッカーは最小9秒で1点取れるんだけど、ベルギーはそれができる。

あっという間に攻められて、止められないチュニジアがファール。

PKで一点。

前半16分で、早くも2点目。

決勝Tではサポートに回ることが多かったルカクだけど、この試合では暴れてた。

試合の流れを観れば、圧倒的にベルギーが押していたんだけど、

これをチュニジアが跳ね返す。

ベルギーもチュニジアも、もう凄いスピードで、ドカン、ドカン!ってブツかってさ。

やばかった。

そして、チュニジア負傷。

決勝Tではクリーンでマイルドなプレイを披露していたベルギーだけど。

チュニジア戦ではパワー全開でブツかっていたからね。