決勝T「クロアチア対デンマーク」/IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーW杯観戦記⑪

私はサッカー詳しくないからさ。

クロアチアもデンマークも、イマイチ印象が弱く、どういうチームなのかわからない。

クロアチアは予選で優勝候補アルゼンチンを3対0で破っていることから「とんでもなく強いチームなのかな?」という印象。

一方のデンマークも予選で優勝候補フランスと引き分けている。だから、強いのかなと。

つまり、チームのスペックではなく、予選の成績から「強いんだろうな」と思っているに過ぎなかった。

さて、どんなサッカーを見せてくれるのかしら。

 

 

 

早すぎだろ。デンマークのこのゴールは、今大会、最速のゴールらしい。 

まあ、デンマークのスローイン技術が高いつーのはあるけど。

それよりも「クロアチアは守備が弱い」と考えるべきゴールでしょうね。

 

 

と思ったら、クロアチアが追いついた。 

 

 

開始3分で1-1。バスケットボールかよ!ってぐらい早い展開。

まあ、サッカーは9秒あれば1点取れるらしいけどね。

 

 

 

試合をざっくり観た感じ、クロアチアは中盤の組み立てが凄く上手い。

攻撃的なサッカー。 一方、デンマークはサッカースタイルが「ぼんやり」している印象。

 

 

しかし、デンマークのゴールキーパーは名手シュマイケル。 

 

クロアチアは、攻撃のカタチが綺麗でスピードが速い。

デンマークは「なんとなく全般的にプレイの質が高い」って感じ。

クロアチアのほうが攻めの方針が明確だから、鋭さがある。

 

私は「攻めの方針が明確」ってのは、とても重要だと思うのよね。

あれもこれもやろうとすると、選手が混乱してしまう。

「まずはこれをやる、ダメならこれをやる」とハッキリ決めないとダメだと思うの。

 

一時期、日本は「ポゼッションサッカー」で「パスを回して相手を崩す」っていう方針でサッカーをやってたけど。それは「攻めの方針」ではないと思うの。

だって「崩れなかったらどうするの? ずっとパスを回し続けるの?」

 

「パスを回せば相手が崩れる」つーのは、希望的観測でしかない。

崩せなくても、何かしらのカタチを作って、シュートを撃って点を取らなきゃいけないのよね。

 

例えば、イングランドは「セットプレイで点を取る」とハッキリ決めてるのよね。

クロアチアは「こぼれ球を拾うのがめちゃくちゃ上手い」

 

日本だと「さあ、シュートだ!惜しい、外れたあああああ」で単発で終わっちゃうよね。

とこrが、クロアチアの場合は「シュート、こぼれ球を拾ってシュート、まだ続いてるぞ、もう一度シュート、惜しい、外れた」となる。

 

こぼれ球を拾う嗅覚がスゴイ。また、「こぼれ球を拾える陣形」で攻めるのよ。

日本は「パスをまわして、なんとか、かろうじて、誰か一人が、やっとのことでチャンスを掴んでシュート」なんだけど。

クロアチアはペナルティエリア付近にポーンとボールを投げ込んで、そこから「シュート、シュート、またシュート」って感じ。

この「攻撃センス」がクロアチアの最大の武器。

ただし、それだけ攻撃に人数を費やしてるのよね。だから、守備が弱い。

これはバーターだから仕方ないのよね。

 

この守備の弱さを補っているのが天才・モドリッチ。

モドリッチが中盤で、攻めと守備のバランスを取っている。

 

 

 

デンマークはエリクセンがストライカーとして機能してるんだけど。

「なんとかチャンスを作ってシュート!」って感じで、攻めが単発で終わっちゃうのよね。

 

デンマークの選手も上手いんだけど、双方の巧さが互角だったら、シュート本数が多いクロアチアのほうが「得点を取る確率が高い」ということになる。

 

 

 

やはり、クロアチアのほうがシュート本数が多いことを嫌ったんでしょう。

後半、デンマークは積極的に攻めに出る作戦に軌道修正。 

 

 

 

・前半は体力があるから、選手が持っている最高レベルの技術 で勝負ができる。つまり個人戦。

・後半は体力が落ちて、派手な個人技はできない。精神力と組織力の勝負。つまり組織戦。

これがサッカーの基本。

 

クロアチアは前半の個人戦で負けないようめいっぱい頑張った。だから疲れた。これは何も間違っていない。

ただ、今大会は少々違って「90分以上全力で走れる怪物選手」が増えている印象なのよね。

デンマークはクロアチアよりもタフだった。

 

 

 

前半、攻めこんでいたクロアチアが押され始める。

これは「技術の差」ではなく「体力の差」。

クロアチアのほうが技術は上なんだけど、後半は体力不足で品質が落ちる。

一方、デンマークのサッカーは後半になっても質が落ちないのよ。

 

 

 

 

 

 

デンマークには「ロングスロー」の達人がいて、このセットプレイが大きな得点チャンスになっている。

 

 

体力のないクロアチアは「走るポイント、走らないポイント」を切り分けてサッカーをしている。 

 

 

 

デンマークのサッカーは、本当に品質が落ちない。

しかも、セットプレイの引き出しが多いのよね。 

 

 

膠着状態で終わった延長前半。

ここで、デンマークはシストという選手を投入するんだけど。

この選手がめちゃくちゃ上手いの。なぜ、もっと早く投入しなかったのか謎。

アフリカ移民の選手らしいから、他の選手との折り合いが悪かったのかしら?

だとすれば、デンマークはとても勿体ないことをしたと思うわ。

 

 投入直後から、いきなりシストが大活躍。別格の上手さ。

チームプレイについてはわからないけど、個人技の巧さは間違いなくトップレベルよ。