黒い閃光登場!「フランス対アルゼンチン」決勝トーナメント1回戦 /IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーW杯観戦記⑤

FIFAワールドカップ2018、1回戦、第一試合。

「アルゼンチンVSフランス」

贅沢な組み合わせよね。

「『神の子』と呼ばれるアルゼンチンの天才メッシ。

それに、フランスが組織的なサッカーでどう対抗するか」

誰もがそんな試合イメージを描いていた。

ところが、実はフランスには「スーパースター」が隠れていた。FWの10番、エムバベ。

ここで、パウーのアプリが調子悪くなっちゃって。

一次的にウチの事務局の公式ツイッターで実況しちゃった。

私は、こうやってメモしておかないと、試合の内容をすぐ忘れちゃうの。

勿論、録画しても良いんだけど、録画って観るの大変でしょ。

こうやって、感想と写真をメモとして記録に残しておくと、さっと思い出せるのよね。

それはともかく。

なんだあああああああああああああああ!!

ここで、フランスの「黒い閃光(ブラック・ライトニング)」FWエムバベが、カウンター攻撃で一人でとんでもないスピードで駆け上がる。

慌てたアルゼンチンは、止める手段がなくペナルティエリアないでファール。

ここで得たPKをフランスが決めて早くも1点。

初めてフランスの試合を観た観客は、一体何が起きたのか、全く理解できずに茫然としたの。

ちなみに「ブラック・ライトニング」というのは、私が勝手に考えた彼のあだ名です。

古いサッカーファンは「組織的なサッカー」というと、「ポゼッション・サッカー」を思い浮かべる。

まわりの状況をよく見ながら、パスを回して相手を崩していくサッカーをイメージすると思うんだけど。

しかし、フランスのサッカーは違う。

あらゆる攻めのパターンを持っていて、それを流れの中で「組織的に切り換える」の。

「よし、ここはカウンターだ」と決めたら、全員でカウンター。

「よし、ここはパスを回す」と決めたら、パスを回す。

そして、その判断と実行スピードがとてつもなく速い。