予選「日本VSコロンビア」/ IQ127の絶対美少女ミッキーのサッカーワールドカップ2018観戦記

ハーイ、みんな。ワールドカップ観戦してる?

ウチはパートナーがアイスランドの大ファンで、それにつられて私もワールドカップ観るようになったんだけどさ。一言で言うと、すっごく面白い!

どの試合もドラマがあって感動する。

あと、日本って案外強いのね。知らなかった。私、サッカー全然詳しくないから。

私が観戦できた範囲で「面白かった試合」は、なんといってもこれ。

予選リーグでの日本対コロンビア戦。

出だし3分。私、サッカーは詳しくないけど、だいたい3分ぐらい観れば、おおよそわかるの。

観てすぐ、コロンビアの動きがおかしな気がしたの。

浮足立っているというか、フワフワしているというか。

日本から見ても、コロンビアの様子がおかしいのはわかったんでしょうね。

攻めまくる日本。そして、日本のシュートをコロンビア選手がわざと手でブロック。

これが悪質だということでレッドカードで退場。さらにPK.。

コロンビアは大観衆の歓声に飲まれて、緊張していたんだと思うの。

観客のほとんどはコロンビアの応援だったそうね。

でも、前半も15分過ぎたころには、コロンビアも調子を取り戻してきた。

私、サッカーは詳しくないけど、誰がどう見たってコロンビアの選手のほうが技術が高い。

コロンビアは上手いんだけど、でも、私ここで気づいたの。

もしかして、意外に日本も上手いの?

日本は点は取られたけど、雰囲気では押していたのよね。

その間隙を縫ってやられた。

日本のミスだって解説されてたけど、ミスとは感じなかったな。

瞬間的に押し負けただけ。

でも、ここでは「点を取られた」ことよりも「全体的に日本が押していた」という「雰囲気」のほうが重要でさ。

「押せているなら、取られても取り返せる」から。

一点取られて絶望しなきゃいけないようなサッカーって、そんなものはサッカーじゃない。

「取って、取られて」を繰り返すのがサッカー。

1対1で前半終了。

少なくとも、この時点で私は「日本が勝つ」だなんてことは全く予想していなかった。

現在は、ラッキーパンチが当たって運よく1対1のイーブン。

後半はコロンビアも体力がなくなってスピードが落ちるから、日本お得意の「消極的なパス回しサッカー」をやれば、引き分けのまま逃げ切れるんじゃないかと。

この試合中継のハイライトとなった、なんとかつーバンドのテーマソングの演奏。

あまりのダサさに絶句。

まあ、今の若い子はこういうダサイ曲を喜んで聴くのかなと思って観てたけど、ツイッター上でもこの曲のダサさは話題になってたみたい。

ジャミロクワイの武道館ライブ観に行ったとき、前座で日本のバンドが演奏してたんだけどさ。

その前座バンドも演奏がめちゃくちゃ酷くて絶句したんだけど。

まあ、全体的に、そんな感じが今の日本のバンドのレベルなんだと思う。

なんつーか、下手でもシンプルな曲を演奏しているなら、わかんないじゃん。

ブルーハーツみたいに「どーぶーねーずみー」だとかガナってるだけなら、「ああ、青春だな」と思うだけで、誰もそこに音の響きの美しさなんて求めない。