小室哲哉と武田鉄矢

小室哲哉について。

ゲットワイルドに押されて過小評価されてるけど、マイレボリューションは伝説の一曲よ。 小室節のプロトタイプ。 その後の彼の世界観のすべてが詰まってる。

マイレボリューション / 渡辺美里

久しぶりに聴いたけど。 やっぱ、イントロのテーマで小室が別格だったことがわかる。

ただ、歌詞が暗すぎるよね。 日本のポップスはそこがキモイ。違和感ある。 スピッツもそうだけど、暗すぎ。 全然楽しい気分で聴けない。鬱っぽい。そんなのポップスじゃねえよ。

勝手に落ち込んで勝手に自殺してくれよ。

日本のポップスの最高峰は海援隊ね。

武田鉄矢は小室哲哉に匹敵する天才作曲家。マジで。

まあ、クレジットでは作詞家ってことになってるけど、歌メロのアイディアは武田鉄矢が大きく貢献しているような気がするな。

ちょっと普通では書けないメロディなの。

小室哲哉も武田鉄矢もAメロのスピード感がズバ抜けてるの。

双方とも「哀愁のある疾走感」、これを「早口」で表現するのが上手い。

武田鉄矢が率いる海援隊の凄さと、小室哲哉率いるTMネットワークを比較するのに一番良い曲は「JODAN」かしらね。 武田鉄矢のスピード感はすごいよ。リズムの組み立てに圧倒される。

ゲットワイルドと比較してみると面白いんじゃないかな。

JODAN / 武田鉄矢

GET WILD / TMネットワーク(小室哲哉)

特集記事