「レヴォリューション・セインツ」を聴く

今日はIKEAから家具が届くから家から出られないのよね。 しょうがないから、買ったまま聴いてなかったCDを聴く。

「レヴォリューション・セインツ」

ハードロック界隈の凄いメンバーが集まったバンドで評判なんだけど、もう聴いた?

今回のダグ・アルドリッチのプレイはホントに素晴らしいわ。ギターリフがめちゃくちゃ巧い。 歌メロとコードが先にありきのメロディアスな楽曲にディストーションギターをどう入れれば良いかという、ロックンロール作曲者の誰もが悩む難題に百点満点の解答を出してる。

アメリカ人のメタルギタリストって「ギター大好き!」って感じで気持ち良いわ。

ギターって楽器を心の底から信じてるのよね、マジで。

じゅおおん、きゅうううん。

日本人も楽器は上手になったけど、アメリカ人ほど「楽器を信じている人」はいないよね。

あくまでファッション、もしくはビジネスの道具だから。

日本人って芸術やエンタメについては、驚くほどドライよね。

本質の部分ではすげーテキトー。そのくせ、どうでも良いところにはスゲー神経質にこだわる。

なんつーか「売れればいいじゃん」って感じで曲は書くくせに、音質やミスにはすげーウルサイ。こだわるところ違うんじゃね?

知的な哲学を持った人間はゼロ。アスペしかいない。

ダグは天才ってタイプのギタリストじゃないから。でも逆にだからこそ、ギターに対する愚直さが伝わってきて泣ける。でもまあ、ちょっと暑苦しいけど。

ダグは若いときはとんでもない美形で、見た目はまさにハードロッカーなんだけど、上品で優しく可愛い顔立ちでヤバかった。

特集記事