日本人は無宗教でも多神教でもない

本人の怖さは「自分達は理知的で合理的で無宗教な人間だ」と思い込んでるところ。 だけど、天皇を神だと信じ、ロリ絵を本気で愛してる。 誰がどうみたって最も洗脳されやすい民族のうちのひとつ。 偶像崇拝、ここに極まる。 自覚がないだけヤベーよ。

キリスト教と天皇教でどちらがキモいのか。 神風特攻隊だぜ。 そして、未だに天皇家に莫大な財産を支払ってる。 「宮内庁」にだ。

きっと天皇は素晴らしい外交の仕事をしてくれているんだと「理由も証拠もなく」信じている。 その思考は全く「合理的」ではないし、「多神教」でもない。 日本人は天皇家に、一体いくらの税金をつぎ込んでいるんだ? それはペイしてるのか?

日本は多神教などではない。 多神教であるならば「天皇が神」なら、それと対立する一派も「神」なんだよ。 萌え美少女が神なら、それと対立する暗黒ババアも神になる。 あちこちに力を分散させて均衡をとるのが多神教。

ギリシア神話はそうでしょう。

ところが、日本人の多神教というのは、多神教の形式に見せかけた権力の一点集中。

日本人が「複数の神」を信じていたとしても、その神々は「同じイデオロギー」に所属しているわけ。「多神教らしい寛容さ」なんてどこにもない。

我々、宗教団体真メグデスは「表現の自由」を掲げた、まごうことなき「多神教」だ。 全てを許容しつつも、全てと対立する。

特集記事