「真、善、美」

ギリシア哲学では力の根源を「真、善、美」とした。 この3つが重なったときに最大の力が発揮される。 「真」だけでもダメ、 「善」だけでもダメ、 「美」だけでもダメ。 3つが必ず必要。 「嘘をついた方が成功する、嘘をついた方が得」と考えてる人は、どこかで何かを誤解してるのよ。 嘘はあくまで「方便、潤滑油」であって「力の根源」ではない。 「真」はどこまで追求してもルーツがあるから途切れないんだけど、嘘には土台がないのよ。だから嘘は弱い 科学はどこまで追求しても次々に新しい真実が「勝手に湧き出てくる」けど、虚構世界の設定は、どんな天才が作ったものであっても、ちょっと突くと、あちこちに矛盾が生まれてすぐに破綻する。真と嘘では「強度」がまるで違うのよ。 「完全な真」には到達できないけど、常に「真」に寄せていくのが強く前に出るためのスジ。 芸術商売で「善と美」だけを強調して、それを「嘘」のテーブルにのっけると反動で死ぬ。強度がないから善と美を支えきれないの。

宗教団体真メグデス

https://www.megdeath.com

特集記事