日本人は「エロい曲が書けない」リズム感とは何か

ヲタ豚ばかりの日本において、ベーシストの私の凄さを説明するのは難しいんだけど。 私の凄さはリズム感。 日本人は絶望的なぐらいリズム感ないんだけど、私はその点で飛びぬけている。 そのわりには反復横とび苦手なんだけど。 日本人でリズム感が良いミュージシャンってのはいない。高中正義はすごいけど、それ以外はダメかな。

「リズム感」つーのはイラストでいうと「線」を選択するのに似ている。

線を引くつーのは「どの線が目に刺さるか」を空間から見極めて拾い出す作業なわけだけど。

「リズムを叩く」つーのは「どのタイミングが体に刺さるか」を空間から見極める作業なの。

ヲタ豚の喋り方って早口だったりモゴモゴして変でしょ。 何が変かというと、リズム感が悪いの。

話の中身の良し悪しじゃなくて、リズム感が悪いの。 ボカロ曲も早口だったりモゴモゴでしょ。リズム感が悪いの。

YOUTUBEだとかで「弾いてみた」を観ても、バンバンバンバン、ガリガリってノイズ出してるだけのやつばっかりでしょ。

あれって、絵でいうと、薄い線をしゃっしゃ、しゃっしゃと早くたくさん弾いてるだけなのよ。

一見上手そうに見えるけど、何も刺さらない。弾数は多いけど当たってないの。

レイボーンやジャコが弾いてるのと比較すると、早口モゴモゴ豚アーティストと、本物のミュージシャンで何が違うのかがすぐにわかる。

本物のミュージシャンは、ひとりでサラっと弾いても、「ぐい、ぐい」っていうリズムがあるの。

手をマンコに突っ込んでるような、といえばわかりやすいかしら。

ためる、ためないだとかじゃなくて。

「選択しているタイミング」が違う。

ヒップホップのラップも、早口なように見えるけど、ちゃんと「刺さるタイミング」を選択してるのよ。

リズムつーのはエロスと密接な関係にあるんだけど、日本人は「エロイ曲」が書けない。 私もエロゲいくつかチェックしたけど、エロシーンのBGMやOPは全くエロくない。 全く検討違いのことやってる。 つまりリズムがよくわかってないの。

絵師は徹底的にエロい絵を描いていた。エロ声優も徹底的にエロい演技を追及していた。エロゲだもん。当然でしょ?

でも、音師は全く見当違いの音を出していた。なんでそこでそんな音を出すの?っていう。

それが日本のエロゲ文化。

日本人のミュージシャンは、プロ・アマ関係なく実力がぐんと下がるの。表現力がないの。なぜなら、リズム感が悪いの。 さて、私が書いた「ハーレムビート」やサクラコの「フェラチズム」はBGMとして完璧にエロい。 動画で、音ありとなしを比較すればすぐわかる。

音がついている、ついていないで、全くエロさが違うから。

なぜ音がつくとエロくなるかといえば、それは私が選択した「音を鳴らすタイミング」が、ちゃんと体の鼓動とシンクロしてるからなの。 【宗教団体真メグデス】 https://www.megdeath.com/cast-028-yoshiko-tsuchiya

特集記事