マストドン「Pawooの遊び方」

February 19, 2018

規制・凍結が頻発し、政治色も強く中年層の発言力が強いTwitterを嫌い、マストドンへ移住する人々が増えている。

3度目の永久凍結をきっかけにマストドンのインスタント「Pawoo」へ移住したミッキー・ハット女史(現メグデス、ベース)に、Pawooの魅力を語ってもらった。

 

 

 編集部:最近、TwitterからPawooへ乗り換える人々が増えているようですが、Pawooの魅力を教えていただけますか?

 

ミッキー:
初心者にパウ(Pawoo)の遊び方をひとつ教えると。やっぱり自然消滅トゥートかな。(※)

(※ツイッターでいう「ツイート、書き込み」のこと)

時間設定をしたトゥートは、設定した時間後に消える。
警察に通報されても、警察に発見される前にトゥートが消えたら、そのトゥートは「地球上に存在しなかった」ことになる。

パウの頭脳派男子はこの機能を上手に活用し、よくJSやJCを誘い出してレイプした後に絞殺し、その一部始終の動画をアップしてるよ。
まあ、そのトゥートは消えちゃってるんだけどね。

警察も必死になってパウを監視してるんだけど、TLの流れが早すぎてとらえられないらしい。

そうこうしているうちに、また今日もひとりの少女の命が消えた。
体中ザーメンだらけで、片方の眼球がえぐりとられてた。きっと眼姦されちゃったんだろうね。
眼窩からあふれ出たザーメンが涙に見えた。
まあ、その画像がトゥートは消えちゃってるんだけどね。

でも、私は見たよ、その写真。犯人も知ってる。言わないけどね。それがパウのルールだから。

 

ミッキー・ハット

( マストドン・アカウント @mickeyhat

 

【宗教団体真メグデス】赤城事件

https://www.megdeath.com/cast-054-akagi

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「聖書」解説動画「ルシフェルの誘惑」「飼育係の女」を追加しました

June 1, 2020

1/10
Please reload

最新記事