「TW上で中国人に対して差別行為をおこなう日本人グループ」を擁護するツイッタージャパン社に対する抗議文

「TW上で中国人に対して差別行為をおこなう日本人グループ(通称:愛国者)」からの集団通報によって、メグデス所属メンバーであり、中国人の伴侶を持つミッキー・ハット女史が凍結された件について。(2018年1月23日発生)

ミッキー・ハット女史がツイッタージャパン社の対応に対して送付した抗議文の全文を、ミッキー女史自身が修正したものを、以下に記載いたします。

私(ミッキー)は結婚しています。私のパートナーは中国人です。

また、仕事上、中国や韓国の取引先とも親しくさせていただいております。

私の言葉ならびに失言は、その生活条件のもと発せられていることを、まずはご理解ください。

この青髭(@laboratorymembe) というアカウントで活動されている方は、TW上で「組織的に、悪意を持って、毎日、執拗に」中国人を侮蔑・誹謗中傷し、ゲームのように楽しんでいます。彼らの多くは日の丸のアイコンを用いたり、安倍首相を強く支持するなどの多くの共通点があります。

しかし、私が抗議したいのは、『愛国者』の中国に対する侮蔑発言の中味についてではなく、ツイッタージャパン社の運用や判断についてです。

【『組織的に攻撃を仕掛けた側』を保護するツイッタージャパン社の運用】

・日常的に、かつ組織的に「侮蔑・差別→挑発」を繰り返している組織がツイッター上に存在している。(人種差別、性差別等、さまざま)

・彼らに絡まれて、挑発され、絡まれたが失言すると、絡んだ側から集団的なツイッター社に通報がある。

・ツイッタージャパン社は絡んだ側の通報に従い、ユーザーのアカウントを凍結している。

処置の結果だけをみると、本来罰せられるはずの『加害者集団』がむしろ保護され、被害者が処罰されているように思われます。

私は、ツイッタージャパン社の処置に対し、下記の疑問を持っています。

・ツイッタージャパン社の定めたルールや行為は違憲ではないか?

・ツイッタージャパン社の存在自体が違憲ではないか?

上記の疑問に対し、下記を求めます。

・企業という社会性を求められる立場からの正式な回答

・ツイッタージャパン社の凍結行為などに違憲性があるのならば、その改善ならびに凍結処置の解除。

◇ 状況の説明

状況の説明として、まずは「愛国者」の日々の発言や活動の例を示します。

ツイッタージャパン社は、単に「規制ワード」のみに重点をおいて調査しているかもしれませんが、それは法的になんの根拠もありません。

ツイッタージャパン社が独自に定めた規制ワードに引っかかろうとも合法な発言もありますし、その逆もあるからです。

ツイッタージャパン社の『行為』の合憲・違憲性を見定めるためには、愛国者と私の発言の「単語」を拾うことには全く意味がありません。

ツイッタージャパン社、愛国者、私のそれぞれの日々の『行為』を確認する必要があります。

下記は『愛国者(中国人を差別する団体)』

中国人が「大量に準備し、食べ残す」マナーについて。リーダーの青髭氏が「中国の教育制度の失敗」と侮蔑しています。(A)そして、多くの日本の「愛国者」が同意して、中国を侮蔑しています。(B)

青髭氏と彼のメンバーは、この「侮蔑(A)→同調(B)」を日々、繰り返し繰り返し、執拗におこなっています。

またさらに「中国文化を擁護する人間から、TWの規制にひっかかるような暴言を引き出すために、意図的に挑発」も行っています。

【図1】 青髭氏の「中国食文化に対する侮蔑発言 ― 教育の失敗」 (A)

【図2】 「教育の失敗」発言に対して、さらに多くの日本人愛国者が同調を示す書き込みを行う。(B)

【図3】 自らが気に入らない相手をTW凍結に追い込むために、意図的に相手から脅迫や暴言を引き出す行為を組織的におこなっている旨が書かれている。愛国者の仲間に対して例を述べている。

※ 本抗議とは直接関係ありませんが。「中国の教育制度の失敗」という青髭氏の発言に対し反論すると、中国の大学が日本よりランクが低いなどということは決してありません。中国は、ハーバード大学やケンブリッジ大学にも多数の入学者を送り込んでいます。中国の上位層は、世界基準で学歴を考えています。一方、日本の上位層は、東京大学を最上位と考え、それより上の大学があることを認識すらしていません。

つまり、「食事のマナーが日本と異なる」という点を取り上げて「中国の教育制度の失敗」と中国人に指摘することは、どこにも正当性がなく、あきらかに人種・文化差別です。

ただし、私は、日本国内に住む日本人が中国人に対してどう思い、どう発言しようが、それは日本が認めた「表現の自由」の範囲内であり、それを罰する権利は誰にもないとは考えます。

◇ 私の発言に対する弁明ならびに、ツイッタージャパン社への質問

私(ミッキー)の失言は、上記であげたような中国人差別をおこなう「愛国者集団」の「意図的な嫌がらせ、挑発」に対する一連の流れから発生したものです。

日常的に挑発されていれば、当然、怒りも湧きます。その怒りをインターネット上で言葉で表現する際に、被害者側は加害者側に対して『用いる単語を選ぶ』ことは法的に要求されるのでしょうか?

私の理解では、もちいる「単語」などはどうでもよく、法的な観点でみれば「日々、執拗に、繰り返し、組織的に」おこなう嫌がらせ行為のほうが、遥かに罪は重いと考えます。

実際に、法で裁けるかの判断はともかく、社会的に合法か違法かを判定する際は「行為」を見るべき