【DTMer 必見】IQ127の美少女ミッキー(メグデス)が語る「プロモーション」と「音楽の未来」

デビュー当時、ニコニコ動画では平均再生数100にも満たなかった弱小バンドを「トータル再生数13万」にまで押し上げた、メグデスの『美しすぎる参謀』ミッキー・ハット。その彼女が重い口をあけ、代表曲を紹介するとともに、音楽の未来について語ってくれた。

 

■ メグデスとは何か?

 

編集部「こんにちは、ミッキーさん。バンドの紹介をお願いできますか」

ミッキー「こんにちは、ジョン。メグデスは『キミの名は~』の舞台にもなった美しい自然に囲まれた辺境、岐阜県で生まれたハード・ファック・バンドよ。過去の代表曲といっても困るわ。私は昨夜のセックスを思い出して、昼間にオナニーするようなタイプの女じゃない。まあ、あえて最近の曲で評判が良かった曲をあげるとこれかしら。結局のところ良し悪しを決めるのは大衆なのよ。それは、私の意思とは無関係に存在するの」

 

【代表曲紹介】メグデスを聴くならコレを聴け!①
『ザーメン便器』

女の欲望、葛藤、その全てを注ぎ込みました。

 

■ ジャンルを超えた存在へと進化

 

編集部「メグデスの音楽ジャンルは非常に幅が広いですが、自身では自らの音楽性をどのように定義していますか」

ミッキー「先ほども言ったように、我々はハード・ファック・バンド。『ヘビーメタルがやりたい』と思ってギターをかき鳴らすのではなく『男子にオナニーさせたい』と考えてから、ボーカルのメロディを練るの。メグデスの音楽ジャンルが多種多様なのは、私が高い知能を持つからなどではなく『目的』に合わせて進化した結果よ」

 

【代表曲紹介】メグデスを聴くならコレを聴け!②
『ザーメン・ストーム』

セックス…それは肉体の革命。イキる伝説、黒木怜子、出陣!

 

■ 答えはどこにあるのか?

 

編集部「音楽のプロモーションについて、ミッキーさんはどのように考えていますか」

ミッキー「必要なことは全てジーン・シモンズ(KISS)に学んだわ。『答えは股間に聞け!』ってね。ジーンの答えはいつもマトを得ている。現代の多くのミュージシャンは『答え』をネットで検索してしまうの(笑)。でも、ネットはYOUTUBEやカドカワによって支配されている。つまり、人々はYOUTUBEとカドカワが用意した回答しか見つけられない。現代社会はそう設計されているのよ。テレビからネットへ、支配の手段が変わっただけ。

 

【代表曲紹介】メグデスを聴くならコレを聴け!③
『天使のファック~みくみくのパンツ』

ミクのまんこ、パンツごしにみっくみくにしてね♪

 

■ 音楽の未来は?

 

編集部「DTMで音楽を制作するアマチュア・ミュージシャンらの未来はどうなるのでしょうか?」

ミッキー「『答えは股間に聞け!』よ。YOUTUBEやニコニコに尋ねたって、彼らは何も知らない。彼らはみんなの幸福な未来を創造しているわけではなく、今この瞬間にも精神障害者から、どうやってさらに多くの金を巻き上げようかを考えている大手企業様なんだから」

編集部「ミッキーさんの股間はなんと答えていますか?」
ミッキー「『最高のセックスがしたい』ただ、それだけ」 (了) ※2017/09/16収録

 

真メグデス公式HP

https://www.megdeath.com/

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【東方×メグデス】最新作「古明地さとり」/エロ動画制作裏話/GUMI人気失墜!?

August 18, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索