艦これ肉便器、利根、初月リリースしました

こんにちは、メグデス事務局です。

物騒なブログが続いていますが、しかし、平常運転も続けなくてはいけないです。

メグデスのブログは今年で6年目ですが、このわずかな間にも、ホントに色々ありましたね。


ネトウヨについても揉めたし、今後の地球は資本主義か社会主義かでも揉めたし、ワールドカップの日本のパス回し作戦でも揉めたし、トランプの選挙敗戦でも揉めたし、そして、今回のウクライナ。

色々な出来事に対して、色々な意見を私も、メンバーも出します。

でも、結局、自分の人生を支えてくれるのは、平常運転です。

世の中の出来事に対して、どんな意見を持ったとしても、それでお金を稼げるのはコメンテーターですよね。

我々一般人は、意見を持っても、それだけではお金にならない。人生も良くならない。

そう思うと、見過ごしがちな「日常」というものは、実は、どんな戦争のニュースよりも「重い」ものかもしれません。

メグデスは芸術を重んずる、同人エロ宗教団体です。

宗教団体なので、世界平和のために色々考えるんですけど、でも結局、メグデスを支えてくれるのは、メグデス本来の平常活動と、それにともなう売り上げだけです。ゼレンスキーやプーチンが、我々にお金を支援してくれるわけではない。


■■ 初月


初月は、ギタリストのジャイアントさんのお気に入りですね。

「昔のオレの彼女に似ている」

そんな過去を振り返らず、前を向いて生きていきましょうよ!

メグデスの初月は、ちょっとメンヘラっぽいキャラデザインですね。

ジャイアントさんには悪いですけど、ミッキーさんと色々議論して、初月は「主役」というよりかは、ダークサイドのボスみたいなイメージで考えています。

まあ、ストーリーもののエロは、もうやらないかもしれませんけど。一応、ダークサイドなキャラだというイメージです。





■■ 利根


モデリングしたミッキーさんが一押しの利根。

「激可愛い!」

確かに!正統派ヒロインという感じです。でも、利根って「吾輩は利根である」だとか、そういうキャラじゃなかったでしたっけ?

そう、メグデスは、キャラが好きだから肉便器にしているわけではなく、肉便器にしてからキャラのことを好きになるので、制作直後は、あんまりよく知らないんですよね。とりあえず作ってから、調べていくうちに「ああ、こういうキャラなのか」と理解する感じです。

もっとも、艦これについては、私もミッキーさんもやったことがあるので、有名キャラについては把握しています。

一応、ファンブックとか攻略本だとかも買ったぐらいはやってるんですよ!

ただ、ゲームって、ホントに好きな人って、とことんやりますからね。それと比較すると、大して好きではないのかもしれません。我々メグデスが本当に愛しているのはカスメ2だけです。あと、ボカロと音楽。


▼ めちゃくちゃ可愛い利根。一般的な知名度は低いですが…。


メグデスで肉便器として人気が上がるかは、キャラ人気とはやや異なります。一般的な知名度は低くても、由良やビスマルクはSクラスまで駆け上がりましたからね。

メグデスのファンと、利根のファンのマッチングですよね。たぶん、キャラごとに、そのキャラのファンのタイプが違うんですよ。ラブライブも、マリーのファンだけは、どうしてもメグデスを認めてくれない。いやあ、ホントに悔しいんです!

さて、利根のファンは、メグデスの利根を認めてくれるでしょうか。




▼ 艦これ肉便器コーナーはコチラ


https://www.megdeath.com/%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C




■■ メグデス肉便器、2022年の人気の状況


さて、メグデス肉便器、PIXIVでの現在の人気の状況です。

メグデスの本拠地はiwara。ですので、ホントに、お見せするのも恥ずかしいぐらい、小さな数字なんですけど。

しかし、メグデスの場合、PIXIVでファンをつかんだキャラが、iwaraでブレイクしたり、売り上げに直結することがデータでわかっています。

なので、しっかりと観察しています。



注目したいのは、陸奥ですかね。

前回、今回も20ブクマ超えそうです。これはつまり「キャラ造形が認められた」「メグデスのファンとのマッチングが悪くない」ということです。

小さい数字なんですけど、これぐらいの動きがメグデスにとっては重要なんです。


▼ ムッチー。お姉さん系で、体育の先生みたいなイメージですね。 ブレイクできるか。


▼ ムッチーの最大の弱点は衣装MOD。可動性が低くて、取り外しの融通が利かなかったり、足と干渉してしまうんですね。デザインは綺麗なんですけどね。本当は、メグデス側で修正できるといいんですけどね。そのスキルがない。というより、MOD制作までやりはじめたら、いよいよ、音楽そっちのけになってしまいます。


衣装MODには弱点があるムッチーですが、表情が可愛いのが武器です。これ、ホントになぜかわからないんですけど、キャラモデリングによって、表情が柔らかくなるキャラと、硬くなってしまうキャラがいるんです。

表情は、計算して造詣できないんですよ。偶然、こういう表情もできるというだけです。


▼ ウインクして笑う。この表情が、不自然になってしまうキャラと、可愛く決まるキャラがいるんです。ムッチーは色んな表情が綺麗に決まるんです。


ただ、表情が柔らかいと人気が出るかというと、必ずしもそうでもなく。

Sクラスの代表格の一人、ようちんは、めちゃくちゃ表情が硬いです。無表情に近い。でも、無表情だからこそ生まれるエロスみたいなのもあるんですよね。だから、難しい。


▼ ラブマンコは、マリーをのぞく全員が1万再生突破。ようちんは表情が硬い。一方、似たような顔に見えるのに、表情が柔らかい桜内。ほとんど同じ顔に見えるんですけど、表情を動かすと、凄く差が出るんです。


ようちんと桜内の表情の差。画像だと、ほとんどわからないんですけどね。


▼ 桜内は細かい表情ができるから「苦しそうに喘いでいる」ような表情。ようちんは、細かい表情ができないので、笑っている。


▼ ほとんど同じ顔なのに、ようちんの表情がなぜ硬いか。分析は難しいのですが、ひとつは目の色です。

髪の毛が茶色で、目が青。この組み合わせだと、目が強く浮いて「ギョロ」っとした感じになる。それが「表情の硬さ」になっている可能性がある。


▼ 桜内は、目の色と髪の色が同じ。なので、髪の動きと目の動きが連携する。だから、表情が「まとまっている」ように見えるんです。


▼ 新たにSクラスに昇格した高坂穂乃果も「髪の色と目の色が異なる」キャラ。なので、表情のバリエーションが少ないです。


▼ 上手く説明できないんですけど、挿入されたときの表情ですね。このときの肉便器の表情って、無限の組み合わせがあるんです。嫌がったり涙目になったり、あるいは、ウインクしたりベロを出したり。悲しい顔も、喜ぶ顔も、どっちでもいいわけです。表情が豊かだと、あらゆる表情ができるんですけど。表情が硬いキャラだと、ストレートとカーブしか投げられないピッチャーみたいな。そういう感じになります。

動画でのエロ感覚を画像で伝えるのは難しいですね。でも、ホントに違うんです。そして、そのわずかな違いで、凄くウケたり、ウケなかったりするんですよ。「美」ってそういうものだと思います。1ミリですとか、あるいは、0.1ミリを競う世界。

それでも、キャラになんとなく世界観が構築されてくると、ちょっとぐらい線が歪んでも、あんまり気にならなくなったりもします。これがどういう現象なのかよくわからないですけど。まあ、そんな感じの難しい世界ですね。


▼ しつこいですけど、唯一、1万再生を突破できないマリー。しかし、私としては完璧だと思っていて。

マリーは、非常に繊細な、女性らしい表情ができるんです。でも伸びない。ちょっと劣るだとかではなくて、他のキャラの再生数の半分ぐらいになってしまうんです。

何かで失敗してるはずなんですけど、まだ、それが私には見えていません。


▼ マリーのファンの方、申し訳ありません!もう少し研究します!