艦これ肉便器、ラブライブ肉便器新作続々!

こんにちは、メグデス事務局です。先日のブログで「今後、何をどう活動するかが見えていない」というお話をしました。しかし、活動方針が決まりましたのでご報告いたします!


■■ 新コーナーその1「メグデス艦これ肉便器これくしょん」

■■ シリーズ「監獄の娘たち」は打ち切り終了


「メグデス艦これ肉便器これくしょん」という新コーナーを設置しました!じゃん!まだ4名ですけど、これから増やす予定です。


https://www.megdeath.com/%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C


「艦これ肉便器」というのはメグデスの集客の主軸です。ただ、2020年頃は良かったんですが、だんだん「ストーリー」がなくなってきたんですね。ミッキーさんが台本を書いていたんですが「もう、ネタないよ」と。それなのに、無理やりストーリーを作ろうとしていた。これをやめようと思ったんです。

もともと、なぜストーリーを作っていたかというと、単にエロ動画だと伸びなかったからです。でも、無理やりシナリオをつけようとすると制作が停滞してしまう。ここらへんをどうしようかなというところですが、もともと原作の「艦これ」もストーリーはないんですよね。「中毒になるゲーム性」だけがある。ここから拡張して、色んな同人作品やアニメ「艦これ」などの「二次作品」があります。ストーリーのない原作に、ストーリーを付けるわけです。理に適ってますよね。

しかし、メグデスは「ストーリーのない原作」に「ストーリーのないエロ」をつけてみようかなと思いました。でも、ただ裸の艦娘をポンと置いても、よくわからない。なので、艦これのような「中毒になるゲーム性」をエロ動画に盛り込んでみようと思ったんです。「ゲーム性」というのは「リズム、テンポ、UI」ですね。


▼ エロ動画なんですが、原作をイメージしたUIのような画面になっています。

▼ エロ動画なんですが、ゲームのように「フォーマット(形式)」に従って、一定のリズムで展開していきます。










エロになぜ「ストーリー」が必要かというと、ストーリーがないと「没入感」が出ないためです。でも、艦これがなぜヒットしたかというと「ストーリーがなくて想像が膨らむから」です。ストーリーがないほうが没入感が出る。逆説的ですよね。でも、ストーリーがなくても、なにかがあるから没入感があるんです。ただ「何もない方が良い」のであれば、ゲーム会社さんは苦労しませんよね。何かがないとダメなんです。

メグデスは音楽集団ですので、「音楽とリズムだけでなんとかなるんじゃないかな」という結論に達しました。曲は木下先生が2時間で書いてミックスまでやってくれました。曲名は「女は港」。無茶苦茶テキトーです。でもこれ、結構、計算されてるんです。でも、その種明かしはヒットしてからにしましょう。まだ、ウケるかどうかわかりませんからね、この企画。

それで、今回の企画の最大のポイントは「曲のプロモーションビデオではない」というところです。今までは、メグデスの「曲の素晴らしさ」を伝えるために、プロモーションビデオとして「エロ動画」を制作してきました。しかし、今回の企画については「メグデスの艦これ肉便器」をPRするためにやってみようかなと。まずはメグデスのサイトに来てもらうという、その根元の部分を強化しようという考えです。


◇ 「監獄の娘たち」は終了


そんなわけで、ストーリーもので展開する予定だった「監獄の娘たち」は打ち切りとなりました。この企画は「ダークなエロ」を目指す予定でしたが、どうにもならないなと。まあ、あんまり面白くないというかですね。

こういうエロは、「堕ちました、感じやすくなりました、おしまい」にしかならないんですよね。

対魔忍ぐらいやれればいいんですけどね。でも、そこまで捻るのはゲーム屋さんのお仕事。我々のようにエロPVを制作する人間には、ちょっと重すぎる。本格的なシナリオのあるエロも、またやるかもしれませんが、同時に色々はできないので、今回は畳むことにしました。


▼ 1万再生を突破した天津風と、もうすぐ1万再生に届きそうな秋月の主演作だけ残して、あとは撤去。新しいことをはじめるためには、古いことをやめるのが鉄則。この整理が難しい。


■■ 小原鞠莉、本気出します!イタリア人らしさとは?


メグデスの活動は、誰かに「これをやれ」と指示されているわけではないので。自分でやりたいことを見つけなくてはいけない。

それで今、ラブライブ肉便器は10体いるんですけど、唯一、小原鞠莉だけが伸びていない。他は全員1万再生を突破しているんですけど、小原鞠莉だけが過去最高が5000再生なんです。

これは、小原ファン許せないでしょう。でも、確かに、小原はちょっと表現でひっかかっていたんです。自分自身でもピンと来ていなかった。それでもう一度、小原鞠莉を見つめ直して、世界観を再構築したんです。もうね、ラブライブがどうとか関係ないんです。小原鞠莉のセックスとは何か?これですよ。そして、ようやく自分なりの答えが見つかった気がします。


▼ メグデスのラブライブ肉便器の中で、もっとも不人気な小原鞠莉。その小原が、新鋭・髙坂穂乃果と一騎打ちです。この勝負はみたいでしょ?ですよね?iwaraサイトに注目です。


https://www.megdeath.com/%E8%82%89%E4%BE%BF%E5%99%A8



▼ デビュー作でいきなり1万再生。乳首黒め、喘ぎ声が新田恵海さんそっくり。女王になるために地上に降りた天使、高坂穂乃果!


▼ 万年Cクラス。ラブライブ肉便器の落ちこぼれ、小原鞠莉。傷つき、打ちのめされて、それでもマリーはイタリアから帰ってきました!果たして、イタリアでなにかを掴むことができたのか。ちょっとこの画像、イタリアっぽいでしょう?


小原鞠莉の何を見直したかというと、小原自身のモデリングではなくて、演出方法なんです。

これは、小原に限らずなんですけど。日本の「エロ、ヲタ文化」にある「お約束的なテンプレ的演出・表現」を、全部破壊してみようかなと思ったんです。それが良いか悪いかはわかりませんよ。でも、変えてみたいと思ったんです。「メグデスは、日本のテンプレ的なヲタとは、なにかが違う」という、そこを目指した。

なにがどうというのは、言葉では説明が難しいんですけどね。でも「艦これ肉便器これくしょん」は、演出方法も含めて、限りなく艦これっぽいので、比較すると違いがわかるかもしれません。「質感」を変えてるんです。


▼ 射精シーンも、ぐちょっと「汚す」のではなくて、キラキラさせてみました。これが、私が思いついた演出の一番大きな工夫点ですね。女性的な感覚かもしれません。

「綺麗な女を汚す」のが、汚れたヲタ豚の願望だと思うんです。でも、汚れたい女なんていないんですよね。anan読んでる女なんかは「男に愛されて、セックスで綺麗になる」と思ってるわけですよ。そっちを狙ってみました。6年かかってたどり着いた境地ですよ、ホントに!

和姦と強姦、男目線と女目線、このあたりを入れ替えたり、差し替えたり、融和するのが、現代の日本エロの、表現の伸びしろかなと考えています。メグデスのエロ表現が、皆さんにどう評価されるか楽しみですね。


■■ 淫語ボカロ宗教団体真メグデス、アルバム好評発売中です!


いつもエロに一生懸命、淫語ボカロ宗教団体真メグデス。メグデスの活動は、アルバムの売り上げで賄っております。皆さん、応援よろしくお願いいたします!


https://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG45495.html



以上

特集記事