艦これ肉便器、ラブライブ肉便器新作続々!

こんにちは、メグデス事務局です。先日のブログで「今後、何をどう活動するかが見えていない」というお話をしました。しかし、活動方針が決まりましたのでご報告いたします!


■■ 新コーナーその1「メグデス艦これ肉便器これくしょん」

■■ シリーズ「監獄の娘たち」は打ち切り終了


「メグデス艦これ肉便器これくしょん」という新コーナーを設置しました!じゃん!まだ4名ですけど、これから増やす予定です。


https://www.megdeath.com/%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C


「艦これ肉便器」というのはメグデスの集客の主軸です。ただ、2020年頃は良かったんですが、だんだん「ストーリー」がなくなってきたんですね。ミッキーさんが台本を書いていたんですが「もう、ネタないよ」と。それなのに、無理やりストーリーを作ろうとしていた。これをやめようと思ったんです。

もともと、なぜストーリーを作っていたかというと、単にエロ動画だと伸びなかったからです。でも、無理やりシナリオをつけようとすると制作が停滞してしまう。ここらへんをどうしようかなというところですが、もともと原作の「艦これ」もストーリーはないんですよね。「中毒になるゲーム性」だけがある。ここから拡張して、色んな同人作品やアニメ「艦これ」などの「二次作品」があります。ストーリーのない原作に、ストーリーを付けるわけです。理に適ってますよね。

しかし、メグデスは「ストーリーのない原作」に「ストーリーのないエロ」をつけてみようかなと思いました。でも、ただ裸の艦娘をポンと置いても、よくわからない。なので、艦これのような「中毒になるゲーム性」をエロ動画に盛り込んでみようと思ったんです。「ゲーム性」というのは「リズム、テンポ、UI」ですね。


▼ エロ動画なんですが、原作をイメージしたUIのような画面になっています。

▼ エロ動画なんですが、ゲームのように「フォーマット(形式)」に従って、一定のリズムで展開していきます。










エロになぜ「ストーリー」が必要かというと、ストーリーがないと「没入感」が出ないためです。でも、艦これがなぜヒットしたかというと「ストーリーがなくて想像が膨らむから」です。ストーリーがないほうが没入感が出る。逆説的ですよね。でも、ストーリーがなくても、なにかがあるから没入感があるんです。ただ「何もない方が良い」のであれば、ゲーム会社さんは苦労しませんよね。何かがないとダメなんです。

メグデスは音楽集団ですので、「音楽とリズムだけでなんとかなるんじゃないかな」という結論に達しました。曲は木下先生が2時間で書いてミックスまでやってくれました。曲名は「女は港」。無茶苦茶テキトーです。でもこれ、結構、計算されてるんです。でも、その種明かしはヒットしてからにしましょう。まだ、ウケるかどうかわかりませんからね、この企画。

それで、今回の企画の最大のポイントは「曲のプロモーションビデオではない」というところです。今までは、メグデスの「曲の素晴らしさ」を伝えるために、プロモーションビデオとして「エロ動画」を制作してきました。しかし、今回の企画については「メグデスの艦これ肉便器」をPRするためにやってみようかなと。まずはメグデスのサイトに来てもらうという、その根元の部分を強化しようという考えです。