火野レイ、1万再生突破でSクラス昇格/プリンツ・オイゲン、5000再生突破でCクラス昇格

こんにちは、メグデス事務局です。

iwaraサイトのトラブルに巻き込まれた火野レイ、Sクラスに昇格。聖女入りしました!

聖女入り動画は、また改めて作成させていただきます。


■■ iwaraサイトの不具合を逆手にとって、再生数とアルバムの売り上げを伸ばした火野レイ

■■ 新たなるレジェンド誕生


サイトの不具合で再生ができない状況を逆手に取った火野レイ。ピンチをチャンスに変えました。

終わってみれば、イイネの数もまずまず。トータルポイントではビスマルクを上回る快挙。

たぶん、今回のトラブルが、レイにとって最初で最後のSクラス昇格のチャンスだったんだと思います。

PIXIVでのブクマ数も低いですしね。伸びしろはもはやどこにもありませんでした。

しかし、今回のワンチャンスをものにしました。

メグデスはもう、何百本も動画を制作してますけど、1万再生を突破するには、動画の品質だけではなく、プラスアルファの要素がないといけません。

KISSからの削除申請、さらに、他の出場者の再生不振で失格が続いた下向きの流れの中で、ワンチャンスをモノにしたレイは、まさにミラクルです。

第4コースは比較的数字が低めでしたが、第5コースは伸びそうな気配がありますね。

引き続き応援よろしくお願いいたします!


おまんこグランプリ 第5コース「輪姦」

https://www.megdeath.com/%E7%AC%AC5%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88



■■ プリンツ・オイゲン、Cクラス昇格


さて、おまんこグランプリに出場しているのは、ほとんどがSクラスのエリート肉便器。

しかし、メグデスの肉便器の底上げを図るため、下位の肉便器にも等しくチャンスを与え続けています。

先日、プリンツ・オイゲンが見事、最初の難関であるCクラスを突破しました。

ここで、2022年の下位選手の状況を振り返ってみましょう。


■ Aクラス(2022年昇格)8000再生~


▼ 初月はAクラスへ昇格。どこの誰にニーズがあるのかわかりませんが、不気味な存在です。秋月との共演では1万再生を突破しているんですよね。もしかしたら、秋月(現在Sクラス)ではなく、初月が鍵になっていた可能性もあります。秋月との1体1の対決も観てみたいですよね!


■ Bクラス(2022年昇格)6000再生~


▼ 万年Dクラス。一時は引退した川内でしたが、薬物中毒を前面に押し出したセックスでBクラスへ昇格!

ライバルであった瑞鶴と並びました。


■ Cクラス(2022年昇格) 5000再生~


▼ 関係者の間では「Aクラス入りは間違いない」と目されていたプリンツ・オイゲン。しかし、Cクラス。島風も「Sクラス入りは間違いない」ということで、予選をすっ飛ばしておまんこグランプリ本戦に特別枠で出場しましたが、現在Bクラス。これが現実です。

▼ 健闘したのが大鳳。島風とは異なる少年っぽさが魅力。島風、天津風とトリオを組んだ動画も8000再生。着実に実績を積み上げています。

▼ まさかのレ級。あまり仲は良くないようですが、同じくモンスター枠の港湾棲姫はおまんこグランプリで大活躍中です。


■ Dクラス(2022年昇格) 5000再生以下


メグデス肉便器で最下層に位置するのがDクラス。一体、どこで伸び悩んでいるのかがわかりません。

しかし、そこを分析して詰めていかないと、昇格はありえないのです。難しいですね。





2022年も早くも半ば。サイトも動画でいっぱいになってきました。dこに何をアップしたのか、すぐわからなくなっちゃうんですよね。なにか良い整理の仕方はないんでしょうかね。

ただ、ドン・キホーテ理論というか、「どこになにがあるかわからない」ぐらいのほうが、面白いというのもあるかもしれません。


エロ動画コーナー

https://www.megdeath.com/reading-1



これからも引き続き、応援よろしくお願いします!


以上


特集記事