top of page

宗教団体真メグデスの『BIO』(自己紹介)ページを更新しました。

こんにちは、メグデス事務局です。メグデスの活動の期初は12月です。6月1日は「期の半分」ということで、活動の見直しを図ることになっています。皆さん、そろそろの1年も半分が過ぎますが、ちゃんと今年の抱負、守れてますか?


■■ 全然目標通りに進んでいない!


メグデスは、めちゃくちゃなことをやっていますが根が真面目なので、立てた目標はやるんです。しかし、今年はダメですね。まずいです。全然進んでない。

【2023年 メグデスの進捗状況】

1.PIXIVのフォロワー数1000人ですが、まだ、914人です。

2.枕ファンタジア目標50本。これは今、48本。むしろ目標より良いかも。

3.6th「Elza」のアップデート。→ 全く何もやっていません。

4.「おまんこグランプリ」を完結させる → 全く何もやっていません。

5.サイト「東方肉便器」のページを充実させる。その他、サイト改修 → ほぼ完了



4の原因は、明確です。iwaraサイトがアップデートした結果、調子が悪くなって再生数が全く表示されなくなりました。「おまんこグランプリ」は無期限中止ですね…。

ルールが途中から変わってしまうんです。


3の原因は、2つあります。まず、年末年始にミッキー・ハットさんがてんかん発作を起こして、全く機能しなくなりました。

それで、2月~3月ぐらい、メグデスが機能しなくなったのです。

次に、ミッキー・ハットさんがChatGPTでの小説作成に夢中になってしまいました。


今もだいぶ問題になっていましすが、「AIは禁止される可能性がある(もしくは利用制限がかかる)」ことを、メグデスは2022年時点で予測していました。

ですので、「AIでやれる無茶は、早めにやっておこう」という考えがあります。

なので、AIを利用した小説作成は、優先して実施しています。しかし、ミッキー・ハットさん渾身の小説を二作、PIXIVに掲載しましたが、全くイイネつきませんね…。

評価は酷いですが、小説の内容自体は面白いと思います。あと、閲覧数そのものは結構ありますね。ただ、なんというか、文体が…PIXIVの雰囲気から浮いてると思います。完全に文学ですからね。PIXIVの皆さんが求めているのは、もっとこう、スラスラ読めるライトノベルだと思います!


ミッキーさん、書くのが速いので、もう、40万文字ぐらい書いてるんですよ。トータル80万文字ぐらいになる構想らしいんですけど。でも、ウケが悪いようだったら、メグデスの音楽活動を優先させるということでした。



しかし、ミッキーさんが小説書きをやめて、メグデスの通常業務に戻ってきたとしても、やってもらうことがない。6th「Elza」のアップデートも、目玉はNovelAIによる、ブックレットの充実でした。しかし、AIイラストの販売がDLsiteで禁止されている現在、「Elza」のアップデート作業も中止の状態です。とりあえず、現状はやることがない。

いえ、やることは、探せばいくらでもあるんですが、戦略上、有効な活動がない。今、なにかをやってもあまり効果がでないだろうということです。疲労だけしちゃう。

とりあえず、メグデス事務局としては、PIXIVフォロワー数1000人突破を目指して、動画制作を再開しはじめたところです。


■■ 宗教団体真メグデスのご紹介


やることないので、ホームページの修正作業をやりました。メグデスの目標は2022年に「真善美、愛」となりました。ですので、それを伝えるような紹介ページにしました。

あと、企業っぽくすることにしました!


これまで、私のバックグラウンドから、メグデスは「サブカル」っぽさを出そうと思っていたのですが。私も年齢を重ねたせいか、サブカルっぽさに興味がなくなってきました。また、もともとメンバーも真面目なので、サブカルっぽい「ふざけた感じ」と噛み合わなくなってきてしまいました。我々いつもめちゃくちゃ真面目なんですよ!


しかし、メグデスは怪しい宗教団体です。なので、怪しさも残しつつ、企業っぽい真面目さを目指したデザインがこちらです!



どうでしょうか。絶妙なサジ加減じゃないですか?そうでもないですか。

ちなみに、過去のページはこんな感じです。


▼ 2020年に制作したページ。

この自己紹介ページを作成したのは2020年、アルバムを3枚~4枚出した頃だと思います。

この時は「いかに自分達が苦労して、アルバムを発売するに至ったか」という経緯が書かれていますね。

アルバムをリリースして、売り上げを立てるのは、めちゃくちゃ大変なんです。集客するのに必死でした。今も大変です。

しかし、今は「行動する意味」を深く考えるようになりました。苦労したかどうかはどうでもよくて。それよりも、それをやる意味ですね。意味があるなら苦労してでもやるべきだし、意味がないなら、ラクでもやっても意味がない。重要なのは『意味』であって、苦労するかしないかではないですね。


しかし、若い時は『意味』を考えても無駄だと思います。若い時は経験がないしバカなので。考えても迷子になったり、へたすると悩み過ぎて自殺してしまう。若い時は、とりあえず行動して色々経験を積んで。その経験をもとに、年とってから、これから先の人生について考えるのが良いかなと思います。


▼ ひたすら再生数を求めていた2016年~2018年当時。FC2アダルトに毎日動画をアップしてました。ギタリストのジャイアントさんは、そのさらに前から、プロのギタリストを目指して悩んでました。この時点で悩みすぎても自殺してしまうかもしれません。逆に今の年齢で真剣に悩もうと思っても悩めないんですよね。「べつにいいじゃん、大したことないじゃん」となってしまいます。


■■ 歳をとったらよく考えよう!


歳をとってからは、ちゃんと考えないとダメかなと思います。「40にして迷わず」という言葉がありますが、これ、私、勘違いしてましたね。

「40歳になったら立派になって、物事に迷うことはなくなる」という意味だと思ってたんです。違うんですよ。40歳になると脳が腐って馬鹿になって、ちゃんと考えることが難しくなるんです!

多分「40にして迷わず」という言葉を発したオッサンは、大したことない一般人だと思います。まず間違いなく、酒で脳がやられてる。


逆に、40歳過ぎて、物事をしっかり考えることができる人って、超一流だと思います。40歳過ぎて、仕事や芸術に対して深く悩める人って、相当なレベルだと思います。社長とか、そういうクラスじゃないかな…。

普通のサラリーマンは40歳過ぎると、「べつにいいじゃん、死ぬわけじゃないし」ってなりますよ。実際、死にませんし。全てに対して思い悩むのが思春期。全てに対してテキトーになっていくのが40歳。それが「40にして迷わず」という言葉の正体です!


以上



Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
bottom of page